五輪予選壮行試合 vsアメリカ

まず選手の評価から。

【出場選手(→の後は交代出場)】

平山 5.5 良い動き出しで決定期を得るも、枠の角を狙う意識が足りない。
→森島 -- 出場時間が短く評価なし。
カレン 5.5 運動量が多く、周囲との連携もよいが、決定期は決めれず。
→増田 5.0 後半のゲームメイクを託されるも、機能せず。
李 5.0 味方を活かす動きをするも空回り。平山との距離は良い。
→苔口 5.0 平山との距離感に難。動き出しも遅い。

本田圭 4.5 システムに翻弄された。切れも悪くFKのみの活躍。 
→家長 6.0 対面の疲れもあったが、スーパーサブとして機能。
水野 5.0 本田と同じだが、流れの中からのクロスやドリブルは見せた。
梶山 5.5 消えている時間もあったが、積極的なシュートとタックルで形を作る。
本田拓 6.0 バランサーとして機能。今後が期待できる内容だった。
→谷口 -- 出場時間が短く評価なし。

青山 6.5 カードを貰うもMVP級の活躍。カウンターもしっかり防ぐ。
伊野波 6.5 ロングボールが多くなったのは致し方ないが、守備は高評価。
水本 6.5 相手のプレッシャーを難なく捌き続けた。高評価。

松井 5.5 守備陣の奮起もあり及第点。相手の動きに釣られない様にしたい。

反町監督 4.0 フリエの先輩だが、采配、システム共に不明な点が多い。

【蹴導の目】

トルシエ時代から、WB、DH、CBのポリバレンスを重要視する日本代表。
山本、ジーコ時代はさて置き、オシム、反町時代もこの考えは変わらない。
良点として、
相手の戦い方に併せた布陣を敷き直しやすく、弱点も突きやすい。
問題点は、指揮官がそこを見抜けるか、であるが…。

熊本にやってきたアメリカ代表だが、
お国柄も反映してか、早く激しいプレスで相手を圧する戦い方を好む。
まず高い位置からプレスをかけ、逃げたロングボールを、
高身長のCBとDHで弾き、第二波を浴びせる。
先のブルース監督時代からお馴染みの、
伝統的とも言えるその4-2-2-2は、今回も不変で手強い。

対する反町ジャパンが敷いたのは、
1トップ、2シャドー、中盤をフラットにした3-4-3。
正直、この布陣は間違いであろう。
数的不利な本田圭と水野は深く押し込まれ、
前半ゲームメイクを託された梶山も、激しいプレスの為に前を向けない。
結果、ワンピースの3トップに後方からロングボールを蹴るだけの形になり、
個で上回っている感はあったが、アメリカの戦術とは相性が悪い。
結果、平山は頭1つ抜けていたが、他の選手は悉く弾かれ続けた。

他にも6名テストできる環境でありながら、選手交代が遅いなど、
戦い方自体に疑問は残る。
前半途中や後半から4バックを試せるチャンスもあったはず、
より質を上げるために次は試して欲しいところだ。

収穫としては、平山が通用すること、守備陣が計算できること、
家長がスーパーサブで機能すること(スタメンで使いたいが…)、かな。

蹴導ならどうするか?まず、4-1-4-1の布陣を敷く。

        平山
   家長 梶山 李 水野

        本田拓
 本田圭 青山 水本 伊野波
         松井

この形なら、両SBが強く上手い為、
突破力の有る家長と水野は攻撃に専念できるし、
クロスを上げる位置も多彩で、攻撃の的を絞らせない。
1本のパスで4名のシャドーが抜け出せる為、
チャンスは格段に増すと思われる。
勿論、平山に当てて、
ポストを受け取った梶山か李がシュートというパターンも可能だ。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-21 22:47 | 日本代表  

<< 第7話:製品版開始 第6話:β2特別編 >>