アジアカップ vsオーストラリア<ドローで持ち越し>

さて、試合が終わりました。

非常にタフなゲームでしたね。
白熱する展開、現時点では納得がいく内容だったのではないでしょうか。


【寸評】

川口:6.0:集中を欠く場面は全く無し、PK戦の2セーブは圧巻。
阿部:6.5:ビドゥカに仕事をさせず、カバーリングも光った。失点シーンの位置は残念。
中澤:6.5:力強く守りながら機を見て攻撃参加。プレーで味方を叱咤激励した。
駒野:5.0:前半はミスマッチでピンチを量産も、右に移って若干輝く。
加地:5.0:存在感を全く与えられず。フリーランも少なく、クロスも精度無し。

・今野:5.5:安定した守備を披露も、左サイドを突破できず。連携精度を高めたい。
鈴木:6.0:パスミスもあったが、堅実なプレスで中央に蓋をした。
憲剛:4.5:多くの場面で良くなかった。守備放棄の上、終始プレーが噛み合わず交代。

・矢野:--:評価無し。
遠藤:5.5:広範囲に流れてタメを作りスペースを埋めるが、チャンスを生み出せなかった。
俊輔:5.5:左からの個人技は評価。プレスや突破を仕掛けることが出来ない場面が目に付く。
巻  :6.0:失点シーンは中に入られてしまったが、交代前まで攻守に高く貢献した。

・佐藤:5.5:何度かチャンスを生み出すがパスが噛み合わず、パワープレイでは孤立した。
高原:6.0:チームを救う1得点。オフサイドが多く流れを切ってしまうことが多かった。

オシム監督:5.5:イマイチなスタメンと交代策と交代の遅さ。

加地→今野の交代は、
最初から駒野がミスマッチだったことと加地のコンディションの低下によるものだろう。
最初から加地をサブ、今野スタメンでよかった気がする。
結果として、カードを1枚損してしまった。

巻→佐藤の交代は、難しい決断だ。結果として後手だろう。
ゲーム全体を考えたら、高原を切り、巻を残すか、ここで矢野だったと思う。
高原の決定力>巻の貢献度、を選んだのだろうけど、
巻が囮になり、高原がスペースを付く、から、
高原が囮になり、佐藤がスペースを付く、になってしまった。
高原の決定力を残したのに高原の決定力を生かす采配とは言えなかった。
まぁ、矢野と高原が以前のテストで噛み合わなかったから佐藤だったのだろうけど…。

憲剛→矢野の交代は、パワープレイだろうけど、
今日の憲剛のパフォーマンスと相手を考えたら交代は当たり前だろう。
周りを見えておらず、自分だけ目立っていたし、なにより守備をしなかった。
ただ、切るカードが間違っていた気がする。
もっと早い交代にして「羽生」というカードにすべきだったと感じる。
矢野が入っても前線が過多しており、また全体的に間延びしてしまった為、
縦に放り込んでは跳ね返されてカウンターというパターンを生み出してしまった。
一人少なくなり貝のように守りに入った豪州を切り裂く「運動量」が欲しかった気がする。

まぁ、相手をしっかり研究してラインを上げる方法やら、
攻防一体の戦い方を作り、準備して対応策を練ってきていたので評価は普通です。


【辛口コメント】

1点訂正させて頂きますと、
オーストラリアは昨年時「より」引き出しの多い手強いチームになってましたね。
引いてカウンターも出来るとは思ってもいませんでした。
的確な交代と戦術だったので、
アーノルド監督が豪州の選手をしっかりと理解していることを感じさせます。

流れに合わせながら解説。

まず、序盤ですが蹴導の予想通り、豪州は日本の右サイドから攻略に掛かります。
加地と俊輔が下がりすぎて後手に回ることが多かったですが、
日本は2枚のCBが鉄壁で、
また他の選手もマークの受け渡しがスムーズでしっかりパスコースを消していました。

しっかりと耐えて徐々に日本のペースに。
守備陣でボールをキープ(一人飛ばしのパスを多用)し、慎重にラインを上げていきます。
ここ辺りが豪州その1(トップがビドゥカ)への対応策でしょう。

ラインを上げ切って攻撃に移るとカウンターを受けても、
頼みの綱のビドゥカは走るタイプではなく、
ペナルティエリア前で力を発揮するタイプなので、
カウンターに余裕を持って対処することが出来ました。

更にラインを上げきることで、選手間の距離が狭くパスが繋がりやすくなり、
カウンター時も前線からのプレスを効果的に使うことが出来ました。
蒸し暑い中での上策だったと感じます。
攻撃自体も、横パスを多用し、相手のズレを作ってから加速。
チャンスを生み出していました。
しかし攻めるも後一歩で得点を奪いきれません。

暫くして豪州は左サイドからの攻めに切り替えますが、ここでミスマッチが露呈。
駒野のフィジカルで対面の選手を抑えることが出来ません。

後半、豪州の監督は次手と共にここのミスマッチを付く作戦に出ました。
代表引退を表明しているビドゥカをさっと諦め、キューエルを投入します。
豪州その2です。

エマートン、ブレッシアーノ、キューエルで駒野を攻め立てます。
正攻法を諦め、カウンターでサイドまでもって行き、
ロングスローやコーナーキックからのセットプレイからのみで押し込む作戦に出ます。
幾度と無くセットプレイを作られ、予兆をもって日本は失点してしまいます。
攻めながら先制点を上げれなかったのが問題ですが、対応の遅れが悔やまれます。
もっと早く今野投入でよかった気がします。

内容的には日本が攻め立てるも、カウンターの1策だけにしてやられましたが、
間もなくオーストラリアの守備も崩壊します。
もっと早く取れていた気がしますが、俊輔、巻の素晴らしいプレイから、
高原の冷静な粘りで同点とします。

この後も、パスを繋ぎ攻め立てる日本と、
駒野狙いでカウンターを仕掛ける豪州の構図は変わらず、前後半終了します。
もう少し早く交代を入れて止めを狙っても良かったのではないかなと思いましたね。

延長戦ですが、一人多いながらも攻めあぐねます。
斜めの動きや飛び出し、サイドからの早いクロス、中盤からの積極的なミドル、
疲れ果ててしまったのか(最初からですが)あんまり見られませんでしたね。
良い課題が残ったと思います。

PKにより勝利こそはしましたが、
全体的にはオーストラリアに守りきられた、
まだ前回の大敗を払拭するだけの差はつけ切れなかった感があります。

決着は、W杯予選に持ち越しかなと感じています。
来年以降の予選でぶつかる時には、より進化した代表の勇姿を見せ付けたいところですね。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-07-22 01:04 | 日本代表  

<< そろそろ 天翔サーバーで遊んでます。 >>