A代表選出を考える。(前半)

結構前の話になりますが、カメルーン戦及び今後の代表に向けて選手が発表されてます。
以下が発表された選手。

GK
川口 能活   1975.08.15 180cm 77kg ジュビロ磐田
楢崎 正剛   1976.04.15 187cm 80kg 名古屋グランパスエイト

DF
中澤 佑二   1978.02.25 187cm 78㎏ 横浜F・マリノス
加地  亮   1980.01.13 177cm 73kg ガンバ大阪
闘莉王     1981.04.24 185cm 82kg 浦和レッズ
駒野 友一   1981.07.25 172cm 76kg サンフレッチェ広島

MF
橋本 英郎   1979.05.21 173cm 68㎏ ガンバ大阪
遠藤 保仁   1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
中村 憲剛   1980.10.31 175cm 66kg 川崎フロンターレ
鈴木 啓太   1981.07.08 177cm 67kg 浦和レッズ
阿部 勇樹   1981.09.06 177cm 77kg 浦和レッズ
今野 泰幸   1983.01.25 178cm 73kg FC東京


皆さんがご存知の通り、12名しか発表されてません。
またUー22カテゴリーと海外で戦っている選手も今回は選出されていません。
残りの選手(主にFWと中盤の前線の選手になると思いますが…)は、
今日明日のJリーグ後に呼ばれそうです。

現在選出された選手と今後呼ばれそうな選手についてですが、

【GK】他の選手が入る隙がありません。
この2強のデットヒートはまだまだ見ることが出来そうです。


【DF】この4名と阿部、今野でやりくりするのでしょう。
234と多彩な応対パターンを持っていますが、ベースになっている4を考えると、
恐らく左から駒野(今野、阿部)、阿部(今野)、中澤(闘莉王)、加地(駒野)。

順当な部分もありますが、物足りない部分もあります。
それは前々から述べてますが、両サイドの守備力ですね。
マークがズレて中央に入る場合やCKで中央に入る場合に彼らで対処できるのか?
アジアカップでの答えはノーだったと感じます。

他の選手の奮起と台頭が待たれます。
蹴導の好みで言うと、左SBに浩二(欧州)、右SBに松田、伊野波(※U-22選出)辺りです。

また18名と言うこともあってか坪井の名が外れています。
相手にスピードタイプの選手がいないから???と言うことなのかも知れません。
今後を考えると、中澤や闘莉王の場所に、坪井や茂庭、
また再度名前を出しますが松田といった経験豊富な選手が必要ではないかと思います。
松田はキャラ的にかなり好きなので(超私情ですw)召集して、阿部とも競って欲しいです。

あ、中澤と闘莉王の2枚をCBスタメンにですか?
試す可能性はありますが、
カバーリングの精度やコーチング、
ドリブラーとの1vs1での対応は彼ら2名になると難しい気がします。
蹴導の過小評価かもしれませんが…。

【MF】
遠藤と俊輔のサポート、攻撃力、展開力を持った憲剛と、
アンカーとしてしっかりと守れる啓太が1stチョイスですが、
今後の進化やオプションを考えると他の選手を組み合わせたい時期だと思います。
まずは明神の系譜である橋本(明神ほどトラップは上手くないですが)
を憲剛や啓太のランクまで持っていきたいということでしょうか。
若手に奮起して欲しいですが、稲本や小笠原も3年後十分に戦えると思いますし、
様々な選手を試してもらいたい気がします。
阿部も場合によっては、中盤のポジションを狙っているでしょうしね。
前線の選手ですが、ハッとなったのが遠藤の75kgですね。
数年前(70以下だったような…)に比べて肉体改造が上手く行っているという事でしょうか。
世界で戦える肉体を手に入れつつあるんでしょうかね、無限の可能性を感じます。
インテルのセルビア人と遠藤を入れ替えても戦えたり…は「まだ」ムリかなw

(後半に続く)
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-08-18 16:33 | 日本代表  

<< A代表選出を考える(後半) 現代表を分析する【戦略編その2】 >>