現代表を分析する【戦術編その2】

9/1?…はて?季節は秋…。
こんにちは、早いですね(--;)
未だに…遠い夏のアジアカップを追いかけてます。

今日は、アジアカップで見せたもう1つの日本サッカー。
4-2-3-1についてです。

アジアカップでは4-2-3-1というフォーメーションも取りました
オシムサッカーの理想系ですね。
現代サッカーはサイドの選手が鍵を握るので、
サイドを活かそう、サイド攻撃を封じようと思ったらこのフォーメーションになると思います。
例えば、私は世界ではムリだと書いてますが、4-2-1-3型。
突破力に優れたウインガーを置いてサイド攻撃を演出する。
サイドが弱く、点数を沢山取って勝たなければいけない相手ならコレでもいい気がします。

そして日本人の個性を消さないと思われるのが、4-2-3-1型。
遠藤、稲本、俊輔を並べたヤツです。
両サイドの高い位置でキープして、上がって来た同サイドの味方と共にサイドを突破し、
中央と逆サイドの選手で、1st、2ndボールをゴールに結びつける。
言葉で書くと簡単ですが、判断力、繋げる技術力、足の速さが必要になってきます。
更にそれを続けていく為、運動量も必要です。

アジアトップクラスに4-2-3-1は通用しましたか?
コロンビア戦とは違い、稲本の変わりに高原を持ってきましたが、
一部の時間帯を除き通用してたと感じます。
圧倒的なポゼッションで相手は引いて守ることしか出来ませんでしたし、
対面するOHやSHも遠藤、俊輔、山岸といった選手に引っ張られ、
マトモなカウンターをすることが出来ませんでした。
それでも隙を疲れて失点し続けたのは、まだ完成の域では無いと言う事ですね。

何処辺りが完成されていないと感じましたか?
勿論、個の力をより高めるという終わりなき課題はありますが、
戦術面で言うとFWですね。
FWは水物とも言われますが、巻前と巻後で全く安定感が変わってしまいました。
巻のようなプレーが出来る選手は必要不可欠なのか…、巻以外はいないのか、
オシムは高原の可能性を試しましたが、「1」としての高原は上手くいきませんでした。
相方との違いと言うものはあるでしょうが、
「4-2-3-1」の「1」としてプレーしていた巻と、
「一度中盤に下がって受け、散らしてからゴールに走り込む」プレーを、
「終始貫いた」高原の違いでしょう。

10人になった相手を崩すことが出来ませんでした。敗因は?
4-2-3-1の「1」が去った後の戦い方が熟していなかったということです。
オシムの戦い方はすべての選手が機能してこそなのですが、
特殊な動きをしていた高原が傲慢だったともいえますし、
逆に他の選手が高原の動きも含めて判断をするだけの力が、
「まだ」無かったということでもあると思います。

最後のチャンスというのは?
4-2-3-1の巻がいない状態、
巻よりポテンシャルが高い選手が「1」として戦ったときの状態の追試でしょう。
前の機能しなかった数試合でどれだけ理解できたか?ということです。

追試も敗戦でしたが…。
駄目だったということでしょうね。
カメルーン戦でも4-2-3-1はしていましたので(4-2-1-3でしたが…。)、
「この戦い方を捨てる」のではなくてメインの1つとして使っていくんでしょう。
相手の中央にフィード力があるときは4-2-2-2、
相手のサイドに攻撃力があるときは4-2-3-1と…いう風に。
ということは、チャンスで外されたのは高原なのかもしれません。
暫く呼ばない、もしくはもう呼ばない可能性がありますね。
トータルで見ると日本の歴代ベスト5に入るレベルの選手だと思いますし、
ゴール前の粘りも素晴らしいのでなんとか活かして欲しいところですが、
高原+大型FW(矢野など)、高原+特殊FW(佐藤)も機能していませんでしたし、
1stDFの交代~高原の「1」を熟成させるよりチームの熟成を優先しそうな気がします。

3大陸トーナメント(海外遠征)の選手が一部発表されました。
順当且つ、バランスの良い編成だと思います。
まず松井が選ばれましたね。
怪我も治り、コンディションも上がってのやっとで代表復帰なので楽しみではあります。
鹿実時代から見ている選手なので個人的に頑張って欲しいです。
他にも気になるところは、なんと言ってもコロンビア戦以来の…、
遠藤、稲本、俊輔 でしょう。
守備陣の形はだいぶ出来てきてるので、
恐らくこの3名をスタメンで並べることがあると思います。
前回からどれくらい可能性が広がるのか…、
おっとこの並びだと松井はサブでしか出れませんねw
1角を削って松井スタメンの試合と、3名をそのまま出した試合をしそうな気がしますね。
後、残念なのは浩二かな…。
呼ばれるだろうと思ってたのですが、呼ばれなかった。
浩二はオシムの中には「もう」無いのかもしれません。
3年後を考えたら下の世代の左SB+阿部、今野、駒野を選んだのかな…。
まだ代表で見たい選手なので諦めずにアピールし続けて欲しいところです。

あえてですが、千葉の選手について…。
…。勿論戦力として考えてると思います。
巻は中心選手ですし、
羽生はスタメンでもリザーブでも力を発揮しますからね。
山岸がやはり気になるでしょうが、
恐らく松井が選出されたことと関係があるのではと思います。
戦術理解度では山岸>>>佐藤、遠藤、俊輔>>松井ってとこでしょうからね。

FWを含めてあと数名発表されます。
海外経験を積んで欲しい選手が沢山いますね。
数名しか連れて行けないし試合に出せないのは勿体無い気がします。
巻、矢野、高松、我那覇、大黒、前田、播戸、佐藤、柳沢、大久保、達也、
…ここから期待w大島、坂田、須藤、羽地。太田や黒津もいるんだね。
恐らく、巻、前田、達也+2な気がします。
大黒、柳沢、大久保、羽地は無いかな…。
ポスト巻&パワープレイ3人衆(3人衆外の前田が順列上っぽいけど…)と播戸、佐藤か、
F・マリの2名、甲府の1名からかな。(佐藤が点取れてないのが気になる…。)
あと高原も…、怪我なのか戦力外なのかは不明で済むトコが今後の明るい部分かも。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-09-01 12:19 | 日本代表  

<< vsオーストリア、vsスイスに向けて 五輪最終予選 U-22日本vs... >>