vsオーストリア、vsスイスに向けて

代表選考も終わり、ヨーロッパでの戦いの日が近づいてきてます。

今回の相手は欧州チームと言うこともあり、
「4-2-3-1の熟成」ココに焦点が置かれるでしょう。

フィジカル勝負を避けることが出来(弱点の消去)、
相手のサイド攻撃を封じ込め(相手の長所の消去)、
パス精度と運動量と俊敏性を駆使して(日本の長所を引き出す)、
それとポリバレントという知性(戦術)で、
相手のいない位置までボールを運び、フリーでシュートを打つ。

そんな試合が出来ることを期待します。

練習でもテストするでしょうが、
試合でテストする形は、今までの熟成と重ねて恐らくコウだと思います。

                巻 
                (後半→矢野)
  遠藤or山岸or松井  稲本or遠藤       俊輔or遠藤
   (後半→松井)     (後半→羽生)
           啓太      阿部
             (後半→橋本) 
  
駒野or今野                        加地or駒野
 (後半→今野)                      
        闘莉王or阿部    中澤or闘莉王or坪井

               川口or楢崎     

※OH、SHの選手(後半→達也or佐藤)練習でより意図する方向に近いほうを優先。

山瀬と憲剛は恐らく試合に出さず練習中心に様子見な気がします。
(他に優先して試したい選手がいるのと、前回の試合でライバル2名に安定感があった為。)

因みに()内は、場面場面においてゲームの流れ変える選手達です。
ホントは啓太or橋本って書きたかったんですが、
今のトコ「明神2世」橋本を越える守備力を持ったクローザーはいないと思うので、
こういう書き方に落ち着きました。

日本代表の更なる進化を楽しみにしてます。


ついでに:
選手選考で前田選手が外れましたけど、調子が悪かったんですかね?
4-2-3-1の「1」として、巻の代わりになれるスタメン候補だと思ったのですが…。
大久保や高松、播戸、坂田、大島は、
惜しくも(※大島は一度も呼ばれてません)メンバー漏れしましたが、
ここで終わりではないので、
オシムのヒントを吟味しながら、其々の場所で頑張って欲しいです。

オーストリア戦もスイス戦も見れそうです。
最近マイルドになってきた感がありますが、辛口に行きますよ!
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-09-03 03:55 | 日本代表  

<< オシムの苦悩(阿部が離脱です。) 現代表を分析する【戦術編その2】 >>