vsエジプト戦【嘉人2得点】

さて、エジプト戦終わりましたね。
4-1で快勝。2軍で勝てるほど日本のホームは甘くないですよ、エジプトさん。

早速、【寸評】に入ります。日本:6、エジプト6です。

川口能活:5.5:及第点。FKは後述。もう少し見せて欲しい気がする。

中澤:6.5:安定した守備で相手を封じる。右サイドで起点にもなった。
阿部:5.5:広い範囲をカバーしたが、競り合い後のリカバリーがイマイチ。
加地:5.5:1得点。パスミスと当たり負けが多い。クロスを1度も止めれず。
駒野:4.5:攻守共にキーポイントに顔を出すが、全く脅威にならず。1Aだが…。

啓太 :7.0:獅子奮迅のディレイとカバーリング。今の戦術に欠かせない。
→今野:6.0:素早い動きで相手のコースを切り、左サイドに蓋をした。
憲剛 :5.5:リードとカバーリングに課題。キック精度は相変わらず素晴らしいが。
遠藤 :7.5:味方の動きを的確に読みチャンスを作るり2A。3点に絡むMVP。
→藤本:5.0:存在感なく沈黙。役割は何だったのか?守備もせずでは…。
山岸:6.5:幅広い動きで大久保と共に前線を活性化。1アシスト。
→橋本:5.5:寄せが遅く、中央でボールを回される。他の選手と被る部分も…。

大久保:7.0:試合を決定付ける2得点。判断も早く相手守備陣を切り裂いた。
前田:6.0:1得点。競り合えずチャンスで迷い続ける。後半は足が止まった。

オシム監督:6.0:
山岸と大久保のスタメンが功を奏し、相手に強さを植え付け、白星を得る。
交代策は戦術としてではなくテストだろう。
機能していたとはいえないが、多くの部分で今後の課題を見つけられた。


【戦評】
4-2-4(FW4枚?)でラインを高く保ちながらボールをキープするエジプトに対し、

               前田
 山岸(大久保、遠藤) 大久保(山岸、遠藤) 遠藤(山岸、大久保)
               憲剛
 駒野           啓太           加地
         阿部         中澤
               川口
という感じの日本代表。

開始直後、なかなかエジプトのボールを奪えなかったが、
焦らず徐々に追い詰め、流れを引き寄せる。
全体的に日本のミスが目立った(特に加地のパス…。)が、
山岸、大久保、啓太の賢い走りと、遠藤の的確なパス回し、
最後の最後で身体を張る阿部と中澤の安定性が相手を大きく凌駕した感がある。

オシムが言った通り「纏まり」が出来てきた。
4-1は意外なスコアだったが、これは正しく流れを読む力と意思の疎通、
そしてポリバレントが熟成してきた成果だろう。

しかし、その反面、日本は両SBとCFの単純なパワー不足とルーズ差が目立ち、
取ったボールを簡単に奪われるシーンも目立った。
特に両SBは守備に入っても詰めきれずクロスを楽に上げられ、
クロスの先に陣取っている逆側の両SBもルーズという状態で、
危ないシュートを放たれる場面がチラホラ…。
まぁ、あれだけ走っているのだから大目に見てくれと言われるかも知れないけど、
攻めるなら正確なパスと崩しを求めるし、
守るなら相手のキックをしっかりと邪魔できなければ居る価値がないと思われる。

CFの前田について。
1得点は褒めたいし、ラインの裏を取る動きは素晴らしかった。
でも、決めるトコは決めよう。そして最後の最後まで潰れない動きをしよう。
後、高原のように中盤に戻ってきて受け、
そこから走り出して併せて貰う動きはしないほうがいいと思う。
オシムはCFにソレは望んでいないんじゃないかな。
CFに求めているのは、
「粘っこい守備」「潰れない体幹」「動くポスト」「相手選手を釣り出すポジション取り」
といった物ではなかろうか。後ろ2つは大久保や山岸が見せてたけど…。
早く巻に追いついて欲しいトコです。

川口は5.5(平均点)を付けたけど、失点シーンは彼のミスな気もする…。
また、コース空けさせたよね…で、そこ狙われて失点。
まぁ、PKとも取れなくも無い位置だったし、その前の山岸のハンドのせいとも言えるし、
その前の簡単にクロスをあげさせた加地のせいとも言えるし…やっぱ及第点かな。
他にミスらしいミスは1個(フィードミスね)ぐらいしかなかったし。

遠藤は厳しく点をつけてるんだけど、素晴らしかった。体が大きく見えたし、
右でも左でも中央でも、効果的な散らしとパスを続けてた。ポストもしてた。
動き出しとセンスのある大久保と山岸が居ることで、
遠藤が更に活きることが分かったのは大きな収穫だろう。
今後の中盤の編成に大きな嬉しい悩みが出来たんではなかろうか。

大久保は、良かった。動きも素晴らしかったです。
前線でもライン際の守備でも見せてくれましたね。そして点。2点。
やっとで点が取れたんで来年も続けていって欲しいですね。
ライバルは多いけど頑張って欲しいですね。

交代策について。
大きく2つ意味があるんだろう。
理解しきっている選手を外した状態で「他の選手が90分同じペースで持つのか」
そして「交代した選手自身のテスト」。

残念と言うか、やはりと言うか、当たり前と言うか、ペースは落ちました。
憲剛は起点になりきれなかったし、前田は止まってたね。
ただ厳しい中で戦うことで免疫は出来ていくので、次に活かせる気がします。
脅威にはなりきれなかったけど、両SBは最後まで元気でしたね。
あれは凄い。(1Aと1点取って脅威になってないは苦情が来そうだ…。)

テストは…よく分かりませんでした。
3ボランチで藤本の1OHなのか、憲剛が前に行くべきなのか、
今野はキレが良くて、守備で目立ってましたけど、
憲剛が居場所わからずに被り続けてた記憶が殆どでした。
本番では修正して欲しいですね。

あんま快勝っぽくないコラムになりましたが、オーバーです。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-10-17 23:37 | 日本代表  

<< vsU-22カタール敗戦【やは... エジプト戦を控えて【代表発表】 >>