ボスニア戦の前に【岡田サッカー深読み】

まぁ、どうしても名残惜しいのですが、岡田ジャパンの未来予想図を深読みしてみます。


①オシムサッカーのオプションにはなるのか?相反しないでやれる部分はあるか?

オシムサッカーと言いますか、戦術の基礎にまず、「相手を知る」「味方を知る」「相手の長所、短所に併せて力を配置する」ってのがあります。(※孫武の兵法ですね^^;)

オシムさんもそれです。
相手の戦い方に併せて、やりやすいフォーメーションに変化させます。
相手が1トップなら2バック、2トップなら3バック、3トップなら4バック、相手が3バックなら1トップ、4バックなら2トップ。そして局面局面で複数vs複数になりやすいように選手を配置。配置する際、お互いの力量も加減して配置する。
相手の守備力が格下なら、両SHに突破力のある選手(大久保、松井、水野など)を配置し、同等以上なら、比較的プレスの網に掛かりにくいSHに技術のある選手(遠藤、俊輔)を配置し、阿部などを使って、数的有利を作り上げる。

この(オシムさんの日本代表)の場合、特に価値が高いのが「どの場所でも活躍できる」阿部と、「時間を稼げる」遠藤。攻守両面でじわじわと「数的優位」が効いていきます。

さて、現在の日本代表のダイヤモンドサッカーですが、「相手を見て」3バックやサイド2枚のフォーメーションに移行するのが物凄く難しい。具体的にチリ戦のメンバーを動かしてみたら解ると思います。

また、選手を密集させて早く細かい縦パス、もしくは中盤を飛び越えての縦のロングパスを、下がってくるFW(クサビ&囮)に当てるので、「数的優位」や「中盤の飛び出し」を作る「時間」が作れない。作れて「トップ下の飛び出し」ぐらいでしょう。必要なトップ下は緩急を付けれる選手(遠藤)や囮となれる選手(羽生)ではなく、足が速く決定力のあるセカンドストライカーということになります。
そうしなければ、チリ戦のように、クサビのFWからもう片方のFWに渡っても「個人技による突破」しか選択肢がなくなってしまいますから。

遠藤はすでに役割の違いに戸惑ってますし、阿部は「別の局面」に参加できません。羽生や山岸も囮になったり追い抜く為の時間が無い。

オプションとして両方を活用したり、相反せずに活かすのは難しいと考えざるを得ません。


②具体的なOHは?将来的にどんな布陣になるか?

前コラムの返答にも書きましたが、OHだけではなくて、オシムのサッカーと岡田監督の「今回している」サッカーで必要になってくる中盤の構成もかなり違ってくると感じてます。

今日までの間に大久保のトップ下が試されましたが、やはりそうすることになったかと言う気分です。それは前コラムで書いた「攻撃面で2つの条件のどちらか」の前者だからです。

縦を意識して繋ぎをすると(ようするに横パスやバックパスをしないと)、SHがFWを追い越す時間は無いでしょうから、パサーのトップ下からセカンドアタッカーのトップ下へ、あるべき方向へシフトチェンジし始めたと感じています。
(※ここは岡田監督の流石のセンスだと感じてます。)

今後ですが、OHのタイプの変化と共に中盤もあるべき方向へ動いていくんじゃないでしょうか。恐らく最終予選の他国とのバランスを考えたら…、

             高原(前田)
        山岸(↑巻) 
               ←大久保(山瀬)
     ■ 啓太(今野)     阿部 ■
         ■   憲剛   ■
    駒野(三都主)           加地(内田)
         水本(岩政) 中澤(闘莉王)
              GK

CWCで優勝したあのクラブのクリスマスツリーが理想的なベースになりそうな気がします。

ダイヤモンドのSH(というかCH)は、どうしても■の部分での数的不利をカバーしないといけない部分がありますので前に進める選手よりも、長短のパスを繰り出せる選手よりも、ある程度の対人の強さと広い範囲でのカバーを兼ね備えた選手。阿部や啓太といったタイプになっていくのではないでしょうか。その分、DHは長短を使いこなせるパサーで釣り合いを取る。
攻撃の中心は相手に攻めさせた後のカウンター…前線の3枚でなんとか3vs3の状況を作って得点へでしょうか。

このシフトチェンジで、3バックにされただけで攻め手が極端に無くなるサッカーより「ある程度まし」にはなるかと思いますが、やっぱ力量が上の相手や、引いてきた相手には苦戦するんじゃないかと思います。負けないけど勝てないと言う^^;

篭城から始まるサッカーと言いますかね…難攻不落の可能性は秘めてるけど、領地は得れないと。個人的にはオシムやトルシエのように野戦で戦える日本代表を期待しているので(出来そうだったので)、篭るのを選んでしまったのはやっぱ納得いきません。

後、要らなくなる選手…なんとなく解りますよね、足が早くないOH系とサイドでの「攻撃」を主武器にする選手です。松井、遠藤、俊輔、小野、水野とかね。よくよく考えたら山岸はちと特殊なんで生き残りそう…。


深読みしてみました、コメントお待ちしてます。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-01-30 10:51 | 日本代表  

<< vsボスニア・ヘルツェゴビナ戦... vsチリ戦【評価点2がいます。】 >>