東アジア選手権vs韓国【得たもの、失ったもの】

さて、日韓戦である。
今更、このチームに対して何か付け加えることはないだろう。アジア最大のライバル国、韓国。
日韓W杯を契機に、両国の感情の「溝」は少しだけ埋まっており、譲れない戦いと言うよりは、1つの「イベント」としての側面が強くなっている。
しかし、それでも、日韓戦は日韓戦である。勝ち負けは論外で両国の「質の高いプライド」を垣間見ることが出来る、それは間違いない。…はずだった。


【採点】韓国7/10。
の前に、読んでくれている皆に少しだけ伝えておきたい。自分は「守備を疎かにする選手に高得点はつけない!」ご理解、宜しくお願いします。

川口能活:6.0:押しこまれた展開の中、多くのシュートを止め続ける。1失点も安定。

中澤佑二:6.5:抜かれる場面は見られず、身体を張った守備で冷静に粘り強く対応。
今野泰幸:5.0:過去から見せている空中戦の弱さを露呈。シュートも簡単に打たせ過ぎた。
内田篤人:5.5:失点の原因に。クロスは跳ね返され続けるも、仕掛けが実り1A。
加地亮:5.5:効果的な上がりとキープ力で逆サイドを活かすも全体的に防戦一方。

鈴木啓太:5.0:ミドルシュートを打たれ続ける。感覚を戻すには時間が掛かるか。
中村憲剛:5.0:2本の惜しいシュート。全体的に前に行き過ぎ、守備を疎かにした。
→安田理大:5.0:個人技で突破を試みるがサイドを活かせず、味方も活かせず。
橋本英郎:4.5:使われ方が悪く能力を活かせず。ピッチ中央で孤立し続け、交代。
→矢野貴章:5.0:パワープレイで投入もボールが集まらず、流れを変えきれず。
遠藤保仁:6.0:非凡なセンスで同点に導く。加地や憲剛との連携に安心感。
山瀬功治:5.5:非凡な得点能力。反面、中央から逃げ繋ぎや守備を疎かにし苦戦を助長。
→播戸竜二:--:採点なし。

田代有三:5.5:競り合いは負けていなかったが、守備に絡めずガス欠。

岡田監督:4.0:有り得ない布陣で戦いを始め、ピッチの至る所に苦戦の原因を作る。欠点持ちの相手だっただけに指揮官の能力の無さが改めて浮き彫りにされた。


【戦評】

楽しみにしていた日韓戦だが、期待通り熱いハートをぶつける試合となった。
特に韓国選手陣のルーズボールを追いかける執着心と中澤、川口、遠藤といったベテランの日本人選手陣の守備は迫力があり、火花は熱かった。

しかし、しかし、やはり問題点はあった。試合の質自体は恐ろしく低かったのである。

原因として挙げられるのが両国の監督の戦術だ。
晴れて両国共に自国の監督を大将の椅子に座らせたのだが、韓国は、攻める場所を間違い続け、日本は下手な布陣を敷き、各部隊を全く有効的に機能させられずに90分を終えた。

まず韓国側だが、呉章銀と右サイドが全く機能しない。
テセのように日本戦で結果を残したかったのだろう、気持ちが空回りし、中央突破&得点しか頭に無い様だった。金南一が引き付けて散らした質の良いボールをすべて中央に持ち込みサイドからの突破やサイドチェンジといった戦術を消し続けた。中央突破とサイドの突破の比率は9:1ぐらいであった。それでも呉章銀を変えなかったとこを考えると、監督の明確な意思での「中央突破」なのだろう。

自分は韓国の良さは、大量にいる質の高いFWとサイドアタッカーだと思っている。
今回のFW陣だって5、6番手ぐらいだし、得点に繋がるクロスを挙げた選手も左WBの5番手ぐらいである。それでも、質は高いのだ。彼ら(不在の選手も含む)を活かそうと思うなら、サイドを崩す戦術で統一するのが一番だろう、しかし、それをしなかった監督采配は質落ちと思われてもしようが無い。


しかし、そのお隣以上に酷かったのが日本である。

「采配の妙は次回の更新で述べる」が、日本の布陣は不可解であり、戦略も不透明だった。テストと割り切ったとしても良質とはいえない。

今回の失点は(というか最近の失点すべてが)内田のポジショニングミス(しかもその前に突破された際もボールウォッチャーになり選手をマークしていない。)によるものだが、指揮官の頭の中は加地や他の選手達より内田なのだろう。

フィジカルに優れる相手と対した場合、啓太と憲剛を並べても、守備面で大きなデメリットがあることはオシム時代に分かっていた。内田の質(純粋なポジショニング、ボールを失わない能力、ボールを運ぶ能力)が彼らの負担に拍車をかける。場合を考えて、より効果的な選手がいてテストするべきだったにも拘らず、指揮官は憲剛のDHスタメンを選んだ。
4-2-3-1に戻った際、憲剛が最も輝けるのが両SHのポジションか、途中交代での起用だと答えが出ているのにである。

橋本のSH起用は完全な場違いである。テストでもなんでもない。
左SHの候補の山岸(と矢野)は元気だった。場所を選ばず守備にも奔走でき、何処からでもゴールに飛び込める、セットプレイでは3番手で高さを見せれる彼を使わず橋本をSHとして起用した理由は、オシムの色を消すこと、ただそれだけであろう。
橋本の良さは全く見られなかった。山瀬が中央で戦うことを避け、遠藤が加地とのコンビネーションを見せていくにつれ、橋本はただ邪魔にならないようにとピッチの中央手前で慣れない楔をするだけの傍観者になっていった。

先日の試合までに良さを見せていた田代だが、この日は先日以上に苦しんだ。
攻撃時は創造性豊かな色を見せたが、守備では相手を追えず、後方から簡単にビルドアップされる要因になってしまった。やはり疲れがあるのだろう。矢野をスタメンで起用し、後半の勝負に田代、後半の守備に播戸と考える方が圧倒的に面白いのだがそれをしないのはやはり矢野を左SH、もしくは不要と考えているからなのだろう。


総括だが、岡田監督は、オシム時代の代表を全く見ていないのではないか?
見ていたのなら1DHを試したり、既に価値のあるテスト済みのテストを繰り返したりしないはずである。ましてや価値を見出せた選手を違う場所にコンバートさせるなんてね。
サッカーへの情熱が薄れ、他の道を模索していた時に、たまたま先輩に日本代表を押し付けられた。で、自分の色を見せる為に、前任者のものをすべて排除しようと考えたと言うのが妥当なところだろう。

オシムが韓国戦で見せた4-2-3-1と、岡田監督が韓国戦で見せた4-2-3-1とでは大きな差がある。前者はガス欠にも拘らず、各選手が機能し合い、輪郭を見せ、終始韓国を圧倒していたのだから。

この2ヶ月、6試合で前任監督の良さをしっかり消し、機能しない4-1-3-2と4-2-3-1を得た指揮官。W杯予選は勝ち抜けるのだろうか?山瀬と言う非凡な得点能力を持った選手を得たとしても、デメリットの方がはるかに大きい、非常に不安である。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-02-26 11:52 | 日本代表  

<< 東アジア選手権ですべきだったこ... 東アジア選手権vs中国【余計な... >>