カテゴリ:北関東・北陸( 14 )

 

船出の準備は出来たのか?【大宮アルディージャの2007年】

ホームスタジアムで戦うことが出来なかった2007年。
なんとしてでもJ1残留を決めたかったのだが、開幕から黒星の嵐。最悪の出だしでリーグ戦を戦うことに。

原因は、やはり昨年までに瓦解した組織力をリーグ前に立て直せなかったことだろう。
個人技の質に心酔していた新指揮官を始め、前線は守備をしない選手ばかり。ワイドに広がり、フリーの選手を見つけ、ドリブルで勝負をかけるも、J1の守備はそんなに甘くない。囲まれてカウンターで失点、サイドで1:2の局面を作られ(前のサイドの選手は守らないw)、フリーのクロス1発で失点というお粗末なサッカーを見せてしまった。
新外国人も全くフィットしない、というかフィットさせる時間無く矢継ぎ早に交代されていった。

光明が見えたのは、個人技だけではなく、実のある選手を起用しだしてから。
「吉原宏太」と「若林学」が使われだした中盤戦。「森田浩史」が使われだした終盤戦。
ドリブルでゴールに向かうだけではなく、囮となって動ける吉原が使われだしたことにより、守備への負担が減り始める。更に、大型FWである若林と森田の存在は、逃げ道を作ることを可能にした。デニス・マルケスが他の外国人選手よりかはフィットしたのも救いだろう。

後半戦なんとか白星を蓄え(ライバルの浦和に1勝1分)、レアンドロの奇跡のゴールなどもあり、最終節前に降格圏内を脱出。残留を決めた。
最低限の結果は出したが、ほんと最低でもあったので頑張りましょうを付けることにする。

MVPは難しい。出場時間や活躍を見る限り居ないと言うのが正直なとこだが、あえて書くなら流れを変えた吉原宏太選手、森田浩史選手、両名ではなかろうか。

今後だが、待ち望んでいたホームスタジアムの改修が一段落着き、奥野選手のU-12コーチへの就任により育成面も進化しつつある。ホームタウンの人口とスポンサーを受け入れるだけの準備が整ったことになる。後は選手と監督、スタッフの質を上げていけば、浦和に肉薄する、超える日も遠くは無いだろう。
補強は、監督にモンテディオ山形から樋口靖洋氏、復帰の金澤、完全移籍が決まった湘南の村山、横浜FCの10番内田と派手さは無いが恐らく指揮官好みの堅実な補強をしている。また、大学生など新人も多めに取っている。
組織力を整え、層を厚くし、若手を育てて今年も残留狙いだろうが、今年を耐え切ったら大宮にはチャンスが待っていると思われる。
このクラブはプロビンチャではない、ビッグクラブになる素質を持っているのだから徐々に力を発揮して行って欲しいところだ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-01-23 16:53 | 北関東・北陸  

結果は残した、だが!【浦和レッズの2007年】

Jリーグ2位、ACL制覇(偉業)、CWC3位、代表常連の選手多数、地域のおばちゃん達までもが選手の名前を言える文化。
どれも素晴らしい結果ではある。
だが、このクラブに「素晴らしい出来」を付ける事は出来ない、もっと上を目指して欲しい気持ちも込めて、普通ですという通信簿を付ける事にする。

正直、J王者こそは鹿島に持ち去られたが、クラブの規模(主に動員数や立地、文化)と言うものでは他クラブが追いつけない位置に居る。
選手においても、スタメンは凄まじいメンバーであり中でも「ワシントン」「ポンテ」「鈴木啓太」「阿部勇樹」「闘莉王」といった選手は何処のクラブに言っても核となれるだろう。

ただ浦和が「素晴らしい出来」となるのに立ちはだかったのが「過密日程」と「ACミラン」であったと思う。
まず、過密日程だが元々分かっていたことで、優勝と言う文字と共に、これからずっと浦和が背負っていかなければいけない宿命でもある。
ここに対して、浦和が出した答えは「阿部勇樹」獲得と他の選手を得ないと言う結論であったが、様々な場所で阿部はその才能を見せ付けた。
技術に溺れることなく苦しい事情の中走り続けて、見ている人に感動を与えたポンテと共に、阿部勇樹がMVPだろう。

ただし、他の補強が無しと言う現実は徐々にスタメンの選手達の精彩を欠いていった。シーズンが進むに連れ、結果は付いてくるが内容が付いてこない。
カウンター一辺倒の戦い。加えて控え選手の出場数不足=スタメンのみの質が上がるという「固定」が徐々にスタメンの疲れと言うデメリットを引き起こす。
結果が、終盤の迷走、天皇杯の早期敗退、素晴らしい出来とは書けない。

ミラン戦も「内容を作っていかなければこれ以上の進化は無い」という課題を引き起こした。
この試合については、先にコラムを書いているが、個人技があってもプレッシャーを掛けれない、守備の出来ない前線では、キープできるアジアには通用しても、キープできない世界には通用しないことが明確になってしまった。

今後だが、ワシントンとネネの放出に伴い、エジミウソン(新潟・決定)と今野泰幸(F東京・一転残留で失敗)、近藤徹志(愛媛・レンタル復帰)。ポンテの離脱により梅崎司(大分・決定)と中々の対策を行っている。
ただ、このクラブに必要なのは、体をぶつけれる、ボールを持っていなくても相手DFが脅威を感じるアグレッシブなタイプの前線の選手ではないかと思う。補強をして欲しいと思う。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-30 10:40 | 北関東・北陸  

ACミランに追いつくには?(今回かなり暴論…。)

さぁ、内容は滅茶苦茶押されまくった試合でしたが、浦和の見せ場もしっかりあって結果の勝敗は分からない緊迫した試合を見せてくれたんではないでしょうか。

日本勢が敗れたにも拘らず結構スッキリした気分の蹴導です。

何故ならば対応できていた部分とまだ足りない(特に伸ばさなければならない)部分が見えた気がしたからです。
まぁ、ACミランに比べて浦和レッズの何処が劣っているのかと聞かれると、まぁ、殆どなのは仕方ありませんが。(一部に怒られそう…。)
アンチェロッティとオジェックの差は感じたかな^^;最初の交代は先手を取られたけど、2回目の交代は少なくとも「同時」もしくは「先」に動きたかった気がします。強い相手に更に押されちゃった感がありました。

と、冗談(?)は置いといて、一番感じたのはやはり前線の選手のレベルです。
ACミランの前線が凄すぎたと言う意味ではなく、浦和の前線が弱すぎたと言うこと。
これまた怒られそうですが、永井と長谷部の軽さを感じましたね。それは攻撃力(も頼りなかったですが)ではなく、攻撃的な守備力のことです。
ミランのDFや後方の選手のスキルに全く付いていけず、プレスをかけることも、裏を取ることも、何よりもボールを奪取することが全く出来ていなかったと思います。
(1戦目で疲れ果てていたこともあるのでしょうが、)それがミランに押し込まれたことの最大の要因だったと思いました。
まーポジション毎に浦和に点数をつけると、GK7、DF6.5、MF5.5、FW4ってとこです。

逆に、それが出来る選手をそこに配置していれば可能性が見えた気がします。
(また違うサポに怒られそうですが、)このクラブに巻(か柳沢)と羽生が居ればもっと五分五分の試合が見れたかもしれないと思ってしまいました。

ACL優勝は勿論、今の彼らの力ですが、今回のミランクラスの守備力を持った相手と内容で互角になるには、「前線から守備が出来る選手」「前線をかき回せる選手」を得て、相手を崩さないと難しいと感じました。

今回は、個人的にはそういう部分で残念だったんだけど、足りないところが分かった気もしてスッキリ。ああ、山田良かったです。ああいう動きが最初から欲しかったな…疲れてた選手に期待するほうがイケナイか^^;

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-13 22:52 | 北関東・北陸  

浦和レッズ快勝!次はミラン戦。

さて、昨日は良い試合を見せていただきました。

勿論、浦和レッズvsセパハンの試合のことです。
若干、浦和寄りの判定が多かったですが、(エリア内でのハンドとかオフサイド判定とか…)、まーそれを差し引いても、ミランが脅威を感じる強さを見せ付けることが出来たと感じています。

まず勝利の立役者となったのが「相馬」と「ネネ」でしょう。
この二人はユニットとしての相性が非常に良い。ネネのポジショニングと強さがあれば、相馬は後ろを気にすることなく上がれます。相馬が活躍することでセパハンは片翼をもがれ、その突出した攻撃力は浦和に何度もチャンスをもたらしました。逆サイドに細貝を置いたのも攻守のバランスを高めたと思っています。「ネネ」は来季移籍の可能性が高いですが、ワシントンがいなくなるとしたら相馬のラインを活かしたい所。アツからポジションを奪った相馬(奪った故に守りが無くヴェルディは降格しちゃったのですが^^;)を楽しむのなら、ネネに残って欲しいものです。三都主が戻ってくるのでポジション争いも楽しみですね。

次に「細貝」、こちらも攻守に良く絡みました。特に右サイドだけではなく守備ラインもカバーするという「埋める動き」の貢献は大きかったと思います。「居場所を見つけた」感がありますね。ライバルも多いので大変だけど頑張って欲しいものです。あ、移籍の話が上がってる水野との相性は最悪だと思いますが…お互いパス出さないし^^;

そしてワシントンの置き土産、ビューティフルな一発でした。良いポジション、良いスタート、良いトラップ、良いシュート、こういうのが重なった強さを感じるゴール、大好きです。ミラン戦でも置き土産が欲しいところです。やってくれるかな?

勿論、浦和の心臓部「啓太」と「阿部」、(あえて乗りますが)コンボイ闘莉王、都築の連携もスムーズでした。失点はセパハンを褒めるしかないですけどね。あそこに通されたらしょうがない。ただやはり浦和が上のクラブだったとは感じます。

次のミラン戦、どうでしょうかね?勿論レジェンドの多い尊重すべきクラブですが、浦和が勝っちゃうんじゃないかな。非常に楽しみになってきました。

暫くミーハーで行きます。
オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-11 18:56 | 北関東・北陸  

2007年のザスパ草津の紹介

メインスタジアム:
群馬県立敷島公園県営陸上競技場

環境面:
観客席がサイドスタンドになく、
サポーター席はすべてバックスタンドにある。
ピッチからスタンドの距離は遠いが、メイン側での観戦は面白い。
前橋駅から4キロ、市内の中心部にある為、アクセスは良好だ。
勿論、温泉もいいけど個人的にはわさび野沢菜がお薦めです。

ライバル:
有名な温泉があるチームだと山形辺りか…

イメージ:
ザスパはザ・スパ(温泉)って読むことに最近気付いた。
チームの攻撃の核であった島田選手が抜けたが、
攻撃よりもまず守備を構築したいので、あまり痛手にはならない。
タメができる選手が増えたことの方がプラスだろう
サイドの選手は4バックに向いている選手が多い為、
4バックを採用するのが形作りへの近道だろう。

蹴導のお薦め選手:
CF/9/高田 保則
:99WYの一員で昨年のチーム得点王。左から切れ込む動きが得意。
DH/17/秋葉 忠宏
:チームのキーマン。タメが出来るベテランが増えたことは心強い。
左SB/2/寺田 武史
:豊富な運動量とオーバーラップで左サイドを活性化する選手。
CB/5/チカ
:空中戦が得意なCB。的確な守備だけではなく得点力も期待。
CB/6/鳥居塚 伸人
:草津に欠かせないベテラン選手。今年は中盤での起用濃厚だ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-05-12 02:30 | 北関東・北陸  

2007年の大宮アルディージャの紹介

メインスタジアムさいたま市大宮公園サッカー場

環境面:大宮公園は改修中の為、不明です。
※現在、浦和駒場スタジアムを借りて使用中。
完成写真を見る限り、ゴール裏が楽しそうですね。
新幹線が通る大宮駅から近い為、アクセスはかなり良いです。
早く自分達のスタジアムで戦えると良いですね。

ライバル:浦和

イメージ:前任者の大宮のサッカーは、
長く見続けてきた横浜Fの波戸選手、奥野選手と、
福教大から鳥栖の森田選手、
アビスパの中盤(藤本選手、久永選手)がいた為、
かなりの試合数を見ている気がする。
今年は経営縮小+ホームが無いので、厳しいシーズンになりそうだ。
残留するには、現存選手の奮起を促す一人でも多くのサポーターが必要だ。

蹴導のお薦め選手
CF/14/森田 浩史
:長身で身体の使い方が巧い選手。ここ一番の得点力がある。
両SH/11/藤本 主税
:元代表。両足を使う独特なドリブルとパスで観客を魅了する。
OH/8/小林 大悟
:ヴェルディの天才肌のOH。守備はしない為、前線で使いたい。
左SH/26/島田 裕介
:魔法の左足を持つ期待の選手。学んだリーダーシップも活かしたい。
DH/15/斉藤 雅人
:大宮の重鎮。丁寧なゲームメイクで窮地を救ってくれるだろう。
両SB/4/波戸 康広
:元代表。CBと両サイドなら何処でも出来、運動量も豊富だ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-06 20:45 | 北関東・北陸  

2007年の浦和レッドダイヤモンズの紹介

メインスタジアム埼玉スタジアム2002

環境面:国内最大級のサッカー専用スタジアム。
観やすさや音響も上質。スタジアム周りが楽しい。
アクセスはやや遠いが電車がある為、有効活用したい。
埼玉の美味しいものは…なんだろね、何でもありそう。
駒場スタジアムもあるけど、今のトコ今年の試合なさそう。

ライバル:G大阪、大宮

イメージ:おなじみ圧倒的な個をベースに戦う2006年の王者。
J上位のチームが2チーム作れそうなほど豊富な人材が揃い、
サポーターの数、スタジアムの大きさ、共にJトップクラスだ。
現在はコーチぐらいしかいないが、代々ドイツ路線を継続している。
その守備的な戦い方は、慎重すぎると非難を受けることもあるが、
浦和のエンブレムを見れば分かる。盾が描いてあるからね。

蹴導のお薦め選手
CF/21/ワシントン
:世界クラスのストライカー。強靭な肉体に高い技術力を兼ね備える。
OH/10/ポンテ
:献身的な動きと効果的なパスで浦和の個を牽引する。
OH/8/小野 伸二
:浦和の象徴。圧倒的な技術を武器にゲームを組み立てる。
左CB/5/ネネ
:広い守備範囲と判断力で攻撃的になりがちな左サイドを死守する。
CB/4/田中マルクス闘莉王
:日本を代表するCB。熱い魂でチームを攻守に助ける。PKは…。
GK/23/都築 龍太
:元代表。日本一のパントキックを誇る。正GKを奪い返したい。

…後10名ぐらいは紹介したい選手がいます。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-06 19:49 | 北関東・北陸  

2007年のアルビレックス新潟の紹介

メインスタジアム:東北電力ビッグスワンスタジアム。

環境面:新潟駅からタクシー10分。かなりいいかも。
まだ行ったことないのですが、すごく綺麗なスタジアムとのこと。
常に4万人の動員が有るので一体感もすごいでしょう。
寒いの苦手ですが、一度行ってみるかな。

ライバル:勿論、甲府(川中島ダービー初戦は5/6です)。

イメージ:最近調べたのですが、
アルビレックス=白鳥座のアルビレオ+レックス(王)だとか…。
レックス=恐竜、なイメージだったので、ちょっとビックリ。
前にも書きましたが、昨年殆ど見てません…。
今年は、矢野選手と坂本選手中心に観てみます。
できればユニフォームに、上杉家のマーク入れて欲しいよね。

蹴導のお薦め選手
FW/10/エジミウソン
:新潟の絶対的エース。彼がいる限り残留は確実だろう。
CF/11/矢野 貴章
:代表候補。精神と身体は申し分無し。後は戦術理解度だ。
両SH/18/鈴木 慎吾
:新潟の顔の一人。長距離のダイアゴナルランが特徴。攻守に成長中。
CH/16/寺川 能人
:新潟の顔の一人。中盤は何処でも出来る。瞬発力とスタミナが武器。
CH/4/ディビットソン 純マーカス
:長身でポジション取りが良い。アンカーかCBでの起用を期待。
両SB/14/坂本 将貴
:強いリーダーシップを持つ千葉の「隊長」。新潟の軍神になれるか?
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:53 | 北関東・北陸  

2007年のヴァンフォーレ甲府の紹介

メインスタジアム:小瀬スポーツ公園陸上競技場。

環境面:やや観づらく、駅からも遠いですが、
年々サポーターが増えていて、良質の空間を感じることが出来ます。
甲府といえば、ほうとう^-^後、ワインがお薦めです。

ライバル:勿論、新潟。

イメージ:ヴァンフォーレはヴェント(風)とフォレスト(林)から。
そうです。「風林火山」からきてます。
ユニフォームこそ青ですが、ちゃんと格子模様の武田菱は入ってます。
※昨年のユニはかなりカッコイイ。今年は菱が減ってる…。
最先端の戦術を取り入れた非常に質の高いサッカーをします。
あんまりお金が無いですが、そこは県民一体となって支援しています。
プロビンチャの鏡なので、是非、応援に駆けつけてください。

蹴導のお薦め選手
FW/18/長谷川 太郎
:裏79年組。代表クラスのドリブルが武器。昨年の挫折を今年に活かす。
CH/10/藤田 健
:甲府のデコ。ハードなプレスと飛出しに加えテクニックも併せ持つ。
CH/7/石原 克哉
:甲府の7番。山梨出身者しか付けられない番号で、人気も高い。
CH/31/林 健太郎
:マエストロ。5/3の小瀬では最高の読み合いが観れるだろう。
CH/17/鶴見 智美
:裏79年組。恵まれた屈強な身体が飛び跳ねる姿は圧巻だ。
SB/4/山本 英臣
:安定感がある。アツや本田圭(名古屋)と同じく無回転FKの使い手。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:52 | 北関東・北陸  

浦和レッドダイヤモンズの2006年

文句なしで、素晴らしい出来です

まずこれだけの選手を集めたフロントに◎、
素晴らしいスタジアムに仕立て上げたサポーターに◎をあげたい。
そしてノルマである優勝に◎
主力欠場時の戦い方がナーバスすぎる面が紙面を賑わせましたが、
その慎重さゆえに、優勝という着実な結果に繋がったと思います。

MVPはポンテ
常に活躍する元レバークーゼンの10番は浦和に欠けている物を呼び寄せた。

今後は、
圧倒的な個は備えた。2007年のノルマは勿論、トヨタカップ出場である。
サントスが抜けた左サイドは、小野と相馬の一騎打ちか?
守備が期待できるネネが残る以上、
どちらが出ても左サイドは大崩れしないだろう。
サントスの移籍金でどのような補強をするかは楽しみである。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:44 | 北関東・北陸