カテゴリ:西関東( 10 )

 

J1第1節:FC東京vsサンフレッチェ広島

大幅な戦力補強をし、今年の主役を狙うFC東京。

CBで足の速い茂庭こそ怪我だが、
ワンチョペ、怪物平山、キングルーカス、石川、福西
梶山、今野、徳永、伊野波と、
要所要所に質の高い個や期待の若手をを揃える。
そして帰ってきた原監督…戦い方はスーペルデポルに似ている。
※スーペルデポル:ハビエル・イルレタ監督時代のデポルティーボ。

楽しみにしていた点は、やはり渋滞気味のFW。
直前情報で、鹿実の赤嶺選手も調子が良いと知り、
どんな蓋を開けるか心待ちにしていた。

また弱点も気になっていた。
今野の右側のスペース、簡単に言うと福西が飛び出した後のスペース。
今野の苦手なエリアであり、カバーが出来る茂庭もいない。

勿論、選手の入れ替わりも多く、コミュニケーションに難があるだろう。

開幕の相手を考えるとシステム的に相性は良い。
だが、あからさまな弱点があるゆえ、
失点覚悟で攻撃陣が奮起しないと厳しい試合になると予想していた。


対するアウェーチームは、広島。
Jリーグ最強の2トップ、佐藤寿人とウェズレイが揃い、
服部と駒野という高機動、高品質の両サイドを持つ。
ホームの東京はサイド2枚を揃えるが、
服部と駒野がフリーになれたら得点は入る。

所属選手の大半は広島ユースからの昇格組であり、
個でみると若干劣る部分もあるが、
コミュニケーションや連携の成熟度はナンバーワンだろう。

守備は戸田を中心に、ワールドユース時代のトルシエサッカーを見せる。
勿論、サイドに張られたら数的有利が減るという弱点があるが、
組織力という面で熟成している為、サイドはそれ程気にしていなかった。

むしろ気になっていたのは、ワンボランチの青山。
U-22の試合が優れなかったこともあり、
ポジション取りによって中央にスペースが出来てしまい、
切り崩されるシーンが出てくるだろうと感じていた。


試合結果は2-4でアウェーの広島が勝利。

前半、広島は高い位置のプレスを実行、
ハイレベルなカウンターから3点を奪いほぼ勝敗を決定付けた。
予想通り、寿人が福西の裏をサポートできなかった部分を突き、
巧みな個人技(1点目のシュートの軌道です)から、
先制点、追加点をもぎ取った。

そしてウェズレイ、3点目直後の矢を射るパフォーマンスはカッコイイ。
広島=毛利=3本の矢ですね。
4点目で寿人がウェズレイの横に行き、一緒に矢を射る。
(後1点誰か取らないかな~3本の矢が見たい!!!)と思うも、
さすがに東京側の奮戦で、5点目は阻止されましたね。

広島はいい順位に行くのではないかなと思いました。
勿論、3本目の矢が出てくることが必要ですがね。

東京はというとルーカスの超個人技による2点止まり。
平山の不発など問題もありましたが、得点力は有る印象。
守備陣が立て直せたら上位に上がってくるだろうなと感じました。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-15 09:51 | 西関東  

2007年のFC東京の紹介

メインスタジアム:味の素スタジアム

環境面:ヴェルディで述べたのと同じ。

ライバル:川崎

イメージ:全体的に質の高い選手が揃った印象。
前線の駒が多いので、組み合わせに悩む。
また、フォーメーションは4-2-3-1で戦うと思うが、
今野と福西のコンビはバランスが悪いと思われるので要注意だろう。
攻撃、中盤、ともに監督の手腕の見せどころだろうか。

蹴導のお薦め選手
CF/13/平山 相太
:日本を代表するCF。長身からのヘディングだけではなく足元も巧い。
CF/10/ワンチョペ
:裏を取る動きとシュート精度に優れたワールドクラスのストライカー。
OH/9/ルーカス
:キングアマラオの後継者。トラップからシュートまでが早い。
右SH/18/石川 直宏
:日本を代表する右SH。サッカーセンスが高くパサーが狙いやすい選手。
CH/37/福西 崇史
:日本を代表するCH。今年のキーマン。守備を疎かにすることが多い。
DH/6/今野 泰幸
:献身的な守備が出来る選手。今期の目標は守備範囲を広げることか。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-06 00:56 | 西関東  

2007年の東京ヴェルディ1969の紹介

メインスタジアム:味の素スタジアム、国立競技場

環境面:味の素は調布ICからも駅からも近い。
国立競技場は言うまでもありませんね。
東京は青葉が美味しいとのこと。まだ行ったことないです。

ライバル:C大阪、京都、鳥栖

イメージ:伝統の読売サッカー。
正直コレだけの選手が揃うとは思っていなかった、昇格の本命。
やや選手層が薄い気もするが、
要所要所に経験豊富な選手や旬の選手が揃っている。
開幕戦の相手にも恵まれているので、
第一クールから勝ち点を積み上げてくるだろう。

蹴導のお薦め選手
FW/9/フッキ
:突破力とシュートの精度はJ1トップクラスか。今年も20点は堅い。
FW/25/平本 一樹
:ミスターヴェルディを継ぐ男。波が激しいが、乗ったら止められない。
OH/10/ディエゴ
:Jレベルではない。圧倒的な個を誇る選手。セレソンに呼ばれる日も近いか。
OH/20/広山 望
:高い経験値を誇る。同等の選手が増えた為、より力を発揮できるだろう。
CH/7/名波 浩
:日本を代表するCH。「味方を活かして自分も活きる」それが可能な選手だ。
CB/17/土屋 征夫
:神戸のフラットスキンの一人。パワー、スピード、バネを揃えたストッパー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 22:28 | 西関東  

2007年の川崎フロンターレの紹介

メインスタジアム:等々力陸上競技場

環境面::武蔵小杉駅から2キロ以内、快適な環境です。

ライバル:マリノス、横浜FC、FC東京

イメージ:ACLがあるので維持するには選手層にやや難。
3バックで戦う場合、
前線からの守備を含めたラインコントロール、
もしくは、サイドを切り裂かれても慌てない高身長が必要だ。
前者はトルシエのフラット3、川崎の場合は後者だろう。
似ているチームを考えると真っ先にクロアチアが浮かんでくる。
前コラムでも書きましたが、川崎の場合、両CHが上がるので、
上位進出はそこ次第だと思います。

蹴導のお薦め選手
FW/10/ジュニーニョ
:川崎の顔。佐藤(予想)ジュニーニョ(こら)…帰化しないかなぁ。
FW/9/我那覇 和樹
:海外と戦える身体のFW。連戦のストレスをリフレッシュさせたい。
CH/14/中村 憲剛
:両足から決定期を生み出し、攻防に機能する川崎の「中村」。
CH/29/谷口 博之
:攻防に高い質を備えたCH。切り替えが早くなればA代表も見えてくる。
CB/2/伊藤 宏樹
:代表クラスのストッパー。高身長揃いの川崎DF陣はみな美形だ。
CB/33/薗田 淳
:川崎の次代を担う期待の新人。先輩の背中をしっかり見て育って欲しい
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 22:09 | 西関東  

2007年の横浜F・マリノスの紹介

メインスタジアム:日産スタジアム

環境面:新横浜の隣の駅、小机から数分の距離にある為、
アクセスは良い方だろう。
見る分にはと言うと、トラックが邪魔な上、傾斜がイマイチ。
三ツ沢に劣るのは致し方ない。

ライバル:川崎、横浜FC

イメージ:選手は好きだが、フロントのイメージがかなり悪い。
昨季所属の奥へ0円提示後、半分の年棒で再契約を希望。
Jでは選手の権利を守るために、前年の30%減以上での契約は、
認められていない。裏を付いた卑劣な思考だ。
奥は憤慨し、それ以下の年棒で横浜FCとの契約を選ぶ。
同じように、今年、中澤にミスターマリノスになって欲しいと要望。
10年以上マリノス一筋の上野や松田の立場はどうなるのだろう?
すでに松田はスタメンから外された上、単年契約という。
選手のプライドというものを全く分かっていない。
このような心の無い考えをしていては、先の見通しは暗いだろう。
豊富な資金力を持つが、もうニッサンのブランドだけでは通用しない。

蹴導のお薦め選手
CF/9/鈴木 隆行
:鹿島の金狼。自己犠牲精神MAX。連戦をものともしない身体を持つ。
左SH/19/乾 貴士
:期待の新人。野洲の10番(14番)。開幕スタメンも有る逸材。
DH/6/上野 良治
:野田知直伝「魂の横パス」の継承者。マリノスの攻撃の起点。
SB/7/田中 隼磨
:J随一の運動量。吉田、大島、坂田はフリューゲルスカルテット。
CB/22/中澤 佑二
:日本を代表するCB。競り合いに絶対的な自信を持つ。
CB/3/松田 直樹
:日本を代表するCB。Jのトップレベルを維持するも今年は飼い殺し。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 22:05 | 西関東  

2007年の横浜FCの紹介

メインスタジアム:三ツ沢公園球技場。

環境面:蹴導の住まいから100m(こら)
横浜市の中心部からは近いが、駅の近さでは日産スタジアムには負ける。
サッカー専用スタジアムの中でも特筆するほど、ピッチから近いです。
またメインスタンドの傾斜も素晴らしく、楽しく観戦できるだろう。
弱点は、屋根が無いこと。雨の日は大変です。
蹴導のお薦めスポットは、歩道橋逆側の市民の森公園。のんびりできます。
食べるトコは、中華街と崎陽軒、後は家系ラーメン総本山の吉村家。

ライバル:横浜F・マリノス、柏、神戸。

イメージ:J2時代のハマナチオをベースに、更に守備的に戦いそう。
4-1-4-1と4-2-3-1、4-4-2を併用。
素さんが抑えられたら…手が無いようなw
練習試合のガンバ戦ではもう見破られてましたorz
正直、戦力的にはJ1最下位…。
ですが、何か起こしてくれそうな雰囲気はあります。

因みに横浜FCのMDPでは選手が可愛い猫の絵で出てきます。
Jのマスコットは規定で決まってるけど、アレを隠れマスコットにしたい。

蹴導のお薦め選手(やや多め)
WG/11/カズ(三浦 和良)
:お馴染みキング・カズ。試合後も練習後もガウンです…ダンディ。
CF/9/久保 竜彦
:日本を代表するCF。断食で10キロ痩せたとか…ストイックだw
CH/14/奥 大介
:磐田黄金期を支えた天才肌の司令塔。チーム待望のフリーキッカー。
CH/10/内田 智也
:横浜FCの顔。ウッチー(モンスターファームの某に似ているとか…)。
DH/6/山口 素弘
:日本を代表するボランチ。圧倒的な戦術眼で時を支配する。
DH/13/チョン ヨンデ
:代表クラスの運動量。ホンミョンボと山口の後継者になれるか?
CB/2/早川 知伸
:ハマナチオの最終ラインを束ねるCB。展開力にも優れる。
GK/21/菅野 考憲
:代表クラスの瞬発力を誇る。昨季はFK以外でのエリア外ゴールなし。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:59 | 西関東  

横浜F・マリノスの2006年

評価は、頑張りましょう

優勝を争うべきピッククラブですが、
一度も優勝争いに絡むことなくノンタイトルに終わったのでこの評価。
らしいといえばらしい。
その「実より花」エリート志向の強さが否めない部分は、
元代表監督、新人OB監督の目を曇らせてしまったとも言える。
まぁ、あれだけの身代等力を持っているのだから、
彼を軸にしたくもなるが、その分読みやすい。
簡単に言えば、他のチームから見たら、
久保と上野さえ押さえていれば楽に守れて、
さらに浮き足立ったところを叩くだけのカモでもあった。

MVP該当者はいません

今後ですが、
2007年は脱久保といったところでしょう、調子が上がってるようですが…。
このチームに必要なのは、カリスマよりも我慢と多彩な攻めのパターン。
昨年のように一本調子ではどんな補強をしても見通しは明るくない。
前線と最終ラインの駒は揃っている、
後は中盤の起点がもう一枚欲しいところです。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:49 | 西関東  

川崎フロンターレの2006年

結果として、素晴らしい出来以外ありえません。

昇格2年目で、2位は素晴らしいの一言。
フロンターレガンプラなど、
多彩なメディア戦略を駆使したフロントも素晴らしい。
すでに神奈川の覇権は、マリノスから移りつつあるか?

MVPは中村 憲剛選手。
着実にそして急激に育ってきた司令塔、一見の価値があります。

今後ですが、
まず両CHが攻撃的なので、失点が増えた課題を克服する必要があります。
片方を削ってアンカーを入れるか、ラインを上げるか。
アンカーを入れるのが基本だが、ラインを上げたほうが魅力的かもしれない。
ライン統率ができるCB…清水を解雇された森岡辺りがお勧めか。
また運がいいのか悪いのかACL出場である。
このチームには浦和ほどの層がないので、
ACLかリーグ戦か、どちらかに絞らなければ痛い目を見る可能性があります。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:47 | 西関東  

FC東京の2006年

評価は、がんばりましょう?

?を付けたのには理由があります。
2006は試金石のシーズンだったからです。
前指揮官の好んだバルサ型
(俺にはスーペルデポルにしか見えなかったけど…)から、
初の外国人監督による南米型?への挑戦を敢行するが、
失敗に終わります。

それでも花のある選手の獲得など首都のチームらしい文化は見せたり、
世代交代は着実に進んでいる印象はあります。
まぁ、黄金期がないのに世代交代というのは間違いかもですが…。

必ず起こる失敗を次の成功の糧に変えていけるのがよいチームだと思うので、評価の?が消えてしまうか、
それとも昇華できるかは今シーズンの戦い方次第でしょう。

MVPはルーカス
キング・アマラオの後継者は着実に仕事をこなしています。

今後ですが、愛されていたササを手放してしまったことは悲しい。
でも、国分太一さんのお気に入りワンチョペがやってきます(こら)
FC東京のユニフォームで職場に現れる可能性大w
ルーカスと2トップか?ルーカスが2列目か?平山選手はどう使う?
と疑問点も多いですがJ1屈指の2トップになりそうな予感は十分にあります。
(ナンバー1は佐藤 寿人選手&ウェズレイでしょうが…。)
帰ってきた前監督にも期待したい。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:35 | 西関東  

横浜FCの2006年

勿論、素晴らしい出来です。

まぁ、昨年1年応援したチームですから、甘い記述になります。
日本を代表するDHの山口素弘選手が加入した時点で、
昇格争いに絡むと確信していたけどまさか優勝とは…。

昇格の決め手は色々あるけど、ベテランは財産であること、かな。
経験に裏打ちされた豊富なアイデア、ゲームの流れを読む卓越した戦術眼、
的確に判断し伝えられるコーチング、試合以外、練習やオフでの取り組み方。
触発されたようにメキメキ力を付けていく若手選手達。
若手に負けていられないと練習に励む中堅達。
大勢の老獪な選手達による相乗効果は、
簡単に倒せないチームへと昇華させていきます。

2節から指揮を取った高木監督の存在も挙げなければいけませんね。
アジアの大砲と呼ばれた元代表FWですが、
シンプルで守備的な戦術を取ります。
その背景には監督のコンプレックスが垣間見えます。
自分には高さしかなかった。
「走力があれば、持久力があれば、足元の技術があれば…。」
現役時代、戦いに赴くたびに感じていたのでしょうか。
「有る彼らを活かすにはどうすればいいか、敵も味方もどうすればどうなるか」
そうして鍛え上げられた緻密な感覚が、
2006年の監督としての才能に繋がったと思います。

あと補強も的確でしたね。
ルイス(アウグスト)のカバーができる守備力を持つ中島が怪我をすると、
中島のポジションではなく、まずルイスをサブに、
そして展開力の有る滝澤を補強し、その後徐々にルイスと馴染ませます。
トゥイードが離脱すると、気の知れたDHのリャンをCBに、
その後CB小村を獲得し安定させます。
守備的な戦術に対応するために他チームも引き始めると、アレモンを獲得。
カズと城でプレスをかけ、敵が疲れたところでアレモンを投入。
この点にも賞賛を贈りたいです。

MVPは山口 素弘選手。
GK菅野選手もすごいんですが、やはりこの人。
98W杯代表の中心選手です。98年は彼のチームと言えます。
足の速さも体の強さもJの平均値の彼ですが、
何がすごいかと言うと、前を向くのがすごく上手いんです。
味方がボールを持つと、
スルスルと敵も味方もいない味方から見える位置を取り、
パスを受け、相手が詰めないうちに前線にパスを供給し、
またスルスルと空いた場所へ。
戦術眼の高さも特筆的です。敵がボールを奪うな、と察知すると、
2,3手ぐらい先の相手が狙っている地点を、
ささっと押さえカウンターを未然に防ぎます。
蹴導が日本で一番サッカーの上手い選手という理由はここにあります。

今後ですが、奥、久保など魅力的な補強に成功しました。
個人的には、城系列のポストができる選手が欲しかったのですが、
残留するには十分な戦力になったと思います。
気になるのは指揮官の達成感でしょうか。
J2優勝という一つの満足が、ハングリーやコンプレックスを失くし、
正しい判断をし損ねてしまうかもしれません。
乗り越えてくれると期待しています。
加入選手で蹴導が一番期待しているのは、
ヴェルディから移籍してきたシウバです。
この選手は、目の前に相手がいてもシュートを打てます。
ボールを止めた刹那、強いカーブを持ったシュートが出せるんです。
カズや久保とライバルは多いですが楽しみな存在です。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:31 | 西関東