カテゴリ:東海・中部( 9 )

 

湘南ベルマーレの第1クール

・第一クール総括

やや良い。
ハマナチオをベースに経験値と守備力を活かして、
昨年よりかなり上のチームを作る上げている。
だが、いかんせん攻撃力が物足りなく、引き分け続きという結果。
それでも昨年までよりは確実に良いクラブになっている。

・今後の展開予想

今後といいますか、すでになのですが、
10節のジャーンの離脱と共に、大きな方向転換を余儀なくされてます。

守備力で耐え切れなくなった為、
玉砕覚悟の点を取るサッカーに変更している。
大量得点か大量失点の、
アップダウンの大きいサッカーをすることになるだろう。
上位から勝ち点をとるが下位から取りこぼす、
そういう場面が増える可能性もあるが、
点を多く取れる選手がいるかと言うと未知数だ。
中位が精一杯だろう。

・蹴導のお薦め予想:上々です。

最終ラインと原、加藤は奮起している。
中里が出なくなったのはちと残念。
奈良橋はスピードで裏を取るタイプなので、
スピードの衰えで苦しい立場なのだろうか。
なんとか経験値を活かして、湘南の救世主になりたいところだ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-06-04 01:55 | 東海・中部  

2007年の湘南ベルマーレの紹介

メインスタジアム:平塚競技場。

環境面:平塚駅から歩いていける距離になるのでアクセスは良い。
スタジアム自体は、トラックがあるのでイマイチかな。

ライバル:なし。あえて言えば第2グループの全て。

イメージ:第二のハマナチオはこのチーム。
スタメンの守備力や経験値は高く、少しの練習ですぐ機能するはず。
佐藤の抜けたDHは心配だが中里が埋めてくれるだろう。
問題は攻撃力。
右サイドを突破してツインタワーに当てるのが基本だろうが、
横浜FCの城、カズ、アレモンほどポジション勘や勝負勘はないので、
それ以外の攻撃方法も確立したい。
場合によっては、4-2-3-1の併用も必要だろう。
気になるのは層の薄さ。
怪我人が出たときに活躍できる選手がいれば、J1復帰も夢ではない。

蹴導のお薦め選手
FW/20/原 竜太
:市船の快速ストライカー。今年は勝負の年だ。
右SH/24/加藤 望
:衰えを知らない鉄人。ミスターレイソルは湘南で輝き続ける。
DH/5/中里 宏司
:期待の選手。尊敬する戸田の許で修行をし復帰。佐藤の穴を埋めたい。
右SB/35/奈良橋 晃
:日本を代表する右SBが復帰。加藤と組んだ右サイドはJ2最強だ。
CB/2/斉藤 俊秀
:元日本代表。安定したカバーもだが選手育成にも定評がある。
CB/3/ジャーン
:FC東京から加入。鋼の肉体と高い判断力でゴールに鍵をかける。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:56 | 東海・中部  

2007年の清水エスパルスの紹介

メインスタジアム:日本平スタジアム

環境面:メイン、バックよりサイドスタンドの方が傾斜があり観やすい。
駅からは遠いですが、歩くと様々なサッカー名門高校を見ることができます。
名物は…お茶と温泉?ありきたりなので調べてきますね。

ライバル:磐田

イメージ:コストパフォーマンスの良いチーム。
SBとDHにベテラン、前線とCBに若手を起用することで安定性が出てきた。
全試合観たくなるほどお薦めのチームです。
昨季は出来すぎな感もありますが、2007年も頑張って欲しい。

蹴導のお薦め選手
FW/18/チョ ジェジン
:韓国のビエリ。対人プレーに強く、得点も期待できる。顔が端整。
FW/20/西澤 明訓
:日本を代表するストライカー。ボレーシュートの美しさは圧巻。
OH/10/藤本 淳吾
:期待の若手にてすでに顔。沢登の10番を受け継ぎ、今年も魅せる。
DH/7/伊東 輝悦
:元代表。優れた運動量と判断力で相手の攻撃の芽をを悉く摘んでいく。
右SB/25/市川 大祐
:日本を代表する右SB。クロスの精度は日本一だろう。守備も強い。
左SB/3/山西 尊裕
:安定した守備が特徴。若手の多いチームを伊東や市川と引き締める。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:39 | 東海・中部  

2007年のジュビロ磐田の紹介

メインスタジアム:ヤマハスタジアム

環境面:スタジアムは専用なので見やすい。
アクセスはやや遠いか。やはり浜松でウナギを頂きたい^-^
3/10観てくる予定ですが、報告できないのが残念。

ライバル:鹿島、清水

イメージ:戦力の刷り合わせと理想の戦術に苦戦している印象。
昨季育った若手達が自身を付けつつありますが、
配置次第ではバランスを崩す可能性もあります。
またカウンターに徹してこの順位を得ましたが、
今期は黄金期のパスサッカーへ変換を模索中。
厳しい現実が待ち構えているかもしれません。

蹴導のお薦め選手
FW/18/前田 遼一
:代表候補。中山、高原に続き、得点王を目指す磐田のエース。
FW/16/林 丈統:
:スーパーサブ。入るとゲームの流れが必ず変わる。戦術理解能力が高い。
ST/7/大田 吉彰
:期待の選手。前線での運動量と瞬発力が光る。相手はまず彼を抑えたい。
OH/11/西 紀寛
:日本のロイ・マカーイ。独特な動きはピッチで特に目立つ。
CB/15/加賀 健一
:期待の選手。J2で経験を積み磐田に復帰。田中や鈴木を超える日は近い。
GK/1/川口 能活
:日本を代表するGK。守備範囲の広さと高い瞬発力が武器。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:35 | 東海・中部  

2007年の名古屋グランパスエイトの紹介

メインスタジアム:瑞穂陸上競技場、豊田スタジアム。

環境面:やや観づらいがアクセスのよい瑞穂、
国内最高クラスのスタジアムであるがアクセスの悪い豊田。難しいw
食べ物は味噌カツ、エビフライ、名古屋コーチン。ラーメンは不味い。
※若干のお金に困ってる人は是非トヨタ自動車へ。堅実に稼げます。

ライバル:浦和、横浜F・マリノス

イメージ:CBのスピードとDHの質に不安が残るが、
楢崎やFWの得点力で相殺は出来るでしょう。
後はDHのキムが化ければ…。
対戦順番にも恵まれているので、優勝を狙える運があります。

蹴導のお薦め選手
CF/9/ヨンセン
:現ノルウェー代表。向上心の高い遅咲きのストライカー。得点王候補。
左SH/24/本田 圭佑
:期待の若手。やや波があるが、センス、能力共に非常に高い位置にある。
CH/10/藤田 俊哉
:日本を代表するOH。通算400試合、100得点は間近。昨季はDHだが…。
DH/8/キム ジョンウ
:現役韓国代表。今年のキーマン。彼が機能すれば優勝も狙える。
CB/3/スピラール
:状況判断の早いCB。背も高く計算の出来る選手。和食が好き。
GK/1/楢崎 正剛
:日本を代表するGK。堅実なポジショニングとクロスへの対応力が武器。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:28 | 東海・中部  

ジュビロ磐田の2006年

通信簿は、といったところ

選手や監督の顔ぶれを見ると、中位でフィニッシュ、
下降線気味と思っていたので素直に驚きだ。
フロントが卓越している証拠だろう。
過去の真似をするだけの指揮官が更迭され、
新指揮官の下、弱点(選手の高年齢化、中盤のスペースなど)に、
しっかりとした変化(良い意味での若手の台頭や福西の2列目配置)を付けられた。
今後に向けて明るい材料だ。
2007年が楽しみなチームになってきた。
本当は1ランク上の評価でもいいと思いますが、
ライバルチーム(清水)が上にいる為、-1評価。

MVPは川口 能活選手
毎試合決定期を防ぐ素晴らしい活躍でした。あとフロントも良かったです。

今後は、
手薄な左サイド、及び中盤の底に1選手欲しいところ。
タイトル奪還も絵空事ではなくなってきた。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:51 | 東海・中部  

名古屋グランパスエイトの2006年

評価は、よく出来ました

慢性的な弱点であったCBにスピラールを、
FWに花のある玉田を、監督に良質の指揮官を補強するも、
すぐにスピラール、楢崎という大黒柱を怪我で欠き、苦悶の日々が続く。

玉田は、左を抑えられるとお手上げという弱点もあり、
なかなか力を発揮できなかったが、
この監督は、適所関係なく放り込まれていた良質の具材(選手)を、
チームとして機能するよう選別することに成功する。
Jで最も得点を取っているOHの藤田をボランチ起用したり、
杉本という良質のFWを発掘したり、
本田、中村という代表クラスに様々な経験をつまさせたり。

そして、大黒柱の2名が復帰し、ヨンセンが加入すると、チームは輝き始める。
残念ながらチームが纏まり始めたところでシーズンを終えてしまったが、
一昨年の過ちを修正し、更に今期に向けて十分な形を作れた。
グッドな1年ではなかっただろうか。

MVPはフェルフォーセン監督
下地をしっかりと作った。本田とヨンセンが次点だろう。

今後ですが、ここ数年で最高の時代かもしれない。
フロントがシーズン中にエース外国人を解雇など…、
過去にあった悪癖を起こさない限り上位に食い込めるだろう。
以外に問題点はほぼないと思われる。
助っ人はこのまま東欧北欧路線を貫いて欲しいところ。
代表組では本田は山岸、松井などと勝負の一年になるか。
個人的にはSBもありだと思うが、更なる進化を遂げて欲しい。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:40 | 東海・中部  

清水エスパルスの2006年

勿論、素晴らしい出来です

開幕前は予想もしていなかった順位です。
1試合観ただけで、ああこれは来るな、と予感。
献身的且つどの位置からでも枠内目掛けてシュートを打つFW。
運動量豊富で縦横無尽に駆け回る想像性豊かな若手OH陣。
伊東、山西、市川の3名がチームのバランスを取り、
最終ラインには、
其々の時代を代表する元代表のCBコンビ(斉藤、森岡)が育てた若手CB陣。
思わず涎が出る内容続き、高評価以外ありえない。

MVPは伊東 輝悦選手
相手を徐々に外側へ追い込む守備力、
時折見せるドリブル、ベテランの味健在です。

今後ですが、
ワールドツアーモードでも書きましたがプロビンチャです。
今年は森岡とマルキーニョスを手放す羽目に…。
ただこのチームの選手は発展途上、
今期は更なる高みへと上り詰めてくれるでしょう。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:38 | 東海・中部  

湘南ベルマーレの2006年

評価は、がんばりましょう

両SBとSHがサイドに張り、
浅いラインでピッチを広く使ったサッカーを展開します。
殆ど2バック状態。
ですが、SB、CB共に足が速いわけでも高さに強いわけでもなく、
中盤や前線の運動量が豊富なわけでもありません。

CBとSBは簡単に裏を取られ、プ
レスがない中盤からは易々とパスを通されます。
3年かけたとは思えない質の低さを露呈してしましたね…。

MVPはなし
問題のプレイヤーを上げるなら佐藤選手かな。
殆どの試合で光る攻撃を見せる質の高い選手なのですが、
2枚だけの中盤が守備放棄してたらそりゃ勝てないヨ…。

今後ですが、納得がいく補強をしたと思います。
原選手や中里選手は貴重な戦力になるでしょうし、
ジャーンと斉藤選手はすぐチームになれて強固な守備陣を作ってくれるはず。
第2クールからはそう簡単に負けないチームになるかもです。
このクラブはヒデ、呂比須、田坂、洪、名良橋と、
代表選手が揃い踏みの時代もあったので頑張って欲しい。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:23 | 東海・中部