カテゴリ:近畿( 10 )

 

京都サンガF.C.の第1クール

・第一クール総括

余りよくない。
リーグ1、2を争う豊富な戦力と共に突っ走るかと思われたが、
下位陣に総引き分けを食らうこととなった。
原因は終盤の混乱だろう。
采配が良くなく終盤の失点が多い。
ただ昇格のライバルクラブにはことごとく勝利しており、
大きな問題にはならないだろう。

・今後の展開予想
普通に考えて3位以内は確定。
1点だけ問題視すると先程も述べたが、監督の手腕だろう。
交代後、ゲームバランスが崩れるケースが目立つ。
個人的に某緑の大将と実力差が無い気がする。

研究され勝ちきれないゲームがこれから増えてくるだろうが、
監督が冷静に対処できるかは未知数だ。
京都には百戦錬磨の猛者が集ってるから問題ないだろうけど…。

有利な点は、前も書いたけど資金力だ。
後半戦で誰かを獲得し、勝利を決定付けに来るはずだ。
今までは外人FWが多かったが、
今年は攻守にバランスが良いので、
予想するにサイドか中盤に日本人を獲得する可能性が高い。

・蹴導のお薦め予想:継続して出ている選手が少ない。外れてます。

選手層が厚いので出たり出なかったりなんだろうけど残念。
森岡さんナイーブだし…日本人2トップも越えて欲しいけど…。
他の選手では鹿児島出身の徳重と、平島や角田が頑張っている。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-06-04 01:51 | 近畿  

セレッソ大阪の第1クール

・第1クール総括。

第1クールで採点をするクラブではないが…。
4勝3分5敗と負け越し。
負け越すのは分かっていた。
J2は実戦経験豊富なリーグだから、どのクラブも引き出しが多いが、
大阪は前線の個だけで戦っており、カウンターで簡単に崩され続けた。
第1クールの苦戦を踏まえた上での、
若手中心の準備の年だと思っていたので、
その中で4勝は十分な成果だろうと感じた。
第2、第3でこの経験を活かせるかが採点の結果だろう。

・今後の展開予想

お薦めの偏りを観れば分かるが、守備面で見れる選手がいない。
個もだけど、組織と集中力が無いのが問題だと思う。
守備の組織を作ることが何よりも重要だ。
そのためには選手の適性を見極めなければいけない。
継続性が大事だということだ。

しかし、フロントは第2クールで監督&コーチ陣を更迭し、
今までと繋がりの無い監督を後任に指名した。
第1クールをただ意味無く捨てた。
相手クラブはこの1クールでかなり伸びているのに、
セレッソは最初から作り直しである。
下位低迷は間違いないだろう。

・蹴導のお薦め予想:第一クールは、大外れかな…。
デカモリシと苔口はユース代表があったから仕方ないとして、
モリシやゼ・カルロスの出場が…ほぼ無い。
世代交代は仕方の無いことだけど、モリシの出ないC大阪は寂しいね。
最近、柿谷と言う選手が面白いとのこと。
森島*2、苔口、柿谷、古橋…前線にこれだけ選手いてどうするのさ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-06-04 01:46 | 近畿  

2007年の京都サンガF.C.の紹介

メインスタジアム:西京極総合運動公園陸上競技場(兼球技場)

環境面:アクセスはかなり良い。
ただ一流が好きな京都人にとって、
魅力があるモノではない為、ピッチでの一体感は感じにくいかもしれません。
何度いっても観るに飽きない古都。お薦めのお土産は扇子です。

ライバル:東京V、C大阪、福岡

イメージ:正直、名古屋、マリノス、京都、仙台の印象は良くない。
強力な資金源がある割には、使い方がイマイチな為だ。
戦力は東京Vと共に特Aクラスで、
豊富な資金力で後から補強できる強みも有る。
監督のスキルが気になりますが、昇格の大本命と位置づけます。

蹴導お薦めの選手
CF/31/田原 豊
:代表クラスの身体能力。日本人トップ3にはいるだろう。あだ名はクッパ。
CF/25/西野 泰正:
:期待の選手。懐の深いポストプレーが武器。チームのアクセントになる。
両SH/14/中払 大介:
:師匠。パクチソンと松井大輔の師匠はこの選手。動きを見れば一目瞭然。
CB/6/森岡 隆三
:元代表。フラット3の中央を守った経験豊富なCB。選手育成にも定評。
CB/3/チアゴ
:即戦力のCB。ハートが熱く身体も強いのですぐ人気者になるだろう。
CB/5/手島 和希
:京都の顔。J通算200試合は間近。更に進化して欲しい選手だ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:17 | 近畿  

2007年のガンバ大阪の紹介

メインスタジアム:万博記念陸上競技場

環境面:長居に比べると府の中心部からかなり遠い。
観にくさも五十歩百歩…選手がが点のようだ…。
やっぱ梅田スカイビル(ロボ)かな、一度行く価値は有る。

ライバル:浦和、神戸、F東京

イメージ:監督の趣味もあって、華麗なパス回しを見ることができる。
雨天やピッチが荒れ気味の試合では脆さも見せてきたが、
橋本や明神の存在が弱点を補いつつある。

蹴導のお薦め選手
FW/9/マグノ アウベス
:東のワシントン、西のマグノ。呂比須の匂いがする元ブラジル代表。
OH/7/遠藤 保仁
:日本人№1司令塔。正確なパスとインターセプトでゲームを組み立てる。
DH/17/明神 智和
:1つの形を極めている選手。相手のチャンスを確実に減らせる。
DH/27/橋本 英郎
:明神2世と形容すべきか。オシムの言う水を運べる選手だ。
右SB/21/加地 亮
:クロスを上げる才能が有る。線の細さとクロス「精度」は克服したい。 
CB/2/中澤 聡太
:代表を狙える選手。まずはシジクレイから学び、超えたいところだ。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:12 | 近畿  

2007年のセレッソ大阪の紹介

メインスタジアム:長居陸上競技場(大阪長居スタジアム)

環境面:アクセス面は良好だが、サッカーを見るにはつらい。
傾斜が低く、陸上用のトラックまである…。
大阪は、たこ焼きですよ。

ライバル:鳥栖、東京V

イメージ:上昇と下降を繰り返す波の大きいチーム。
1つの形に特化した戦い方をする癖があるため、
戦い方が通用しないときのオプションを覚える必要があるだろう。

蹴導のお薦め選手
CF/20/森島 康仁
:愛称デカモリシ。五輪も大事だがまずはチームで活躍したい。
FW/11/苔口 卓也
:U-22代表。高いユーリティ性と機動力が武器。
OH/8/森島 寛晃
:セレッソの顔。果敢なプレスと抜群のポジション取りで得点を量産する。
OH/9/古橋 達弥
:機動力を兼ね備えた司令塔。いっぱしの守備力を身につけることが課題。
左SH/6/ゼ・カルロス
:良いパスと突破力を持つが、球離れが遅ピンチを招くときも有る。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:01 | 近畿  

2007年のヴィッセル神戸

メインスタジアム:神戸ウイングスタジアム、ユニバー競技場

環境面:ウイングはピッチが近く、傾斜もあり、アクセスも良い。
芝が荒れやすいのが難点かな。
今年は、ホームズスタジアム神戸へ名称変更。
ユニバーはアクセス不便ですね。
南向きの港町、横浜と同じく坂の町でもありそうですが、
機会があればこの街に一度住んでみたい気がします。
レトロな異人館やオシャレな料理が並びます。
蹴導的には、ワッフルと…「ヴィッセル神戸バナナ」を一応宣伝。

ライバル:柏、横浜FC、横浜F・マリノス

イメージ:限りなく4-2-3-1に近い、4-3-3。
SBに屈強なCBを配置するなど、欧州のトレンドを感じさせる。
初戦の清水戦は名勝負の予感。

蹴導のお薦め選手
左WG/17/三浦 淳宏
:FKの最多得点保持者。速くて重くて曲がってブレて落ちる。魅せます。
右WG/7/パク カンジョ
:アツの感覚についていける選手。パスに難があるも突破力は代表クラス。
ST/13/大久保 嘉人
:落ち着きが出てきた。代表復帰の為にも今年は2桁得点が必要だ。
OH/10/ボッティ
:明神と遠藤を足したような選手。年も若く更なる成長が期待できる。
CB/6/エメルソン トーメ
:J1のスピードについていけるか未知数だが、高さと強さは期待できる。
CB/4/北本 久仁衛
:フラットスキンを覚えている者は幸せである…。そろそろ代表入りか?
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 20:56 | 近畿  

ガンバ大阪の2006年

通信簿は、よく出来ました
選手が揃っており、
攻撃的なサッカーも見せていただけに、ノンタイトルは悔しいの一言。
トップ下の離脱もありましたが、
足りなかった後一押しはサポーター及び、フロントの考えか。
サイドが上がって行くのは1つのスタイルなのですが、
それに見合うだけの守備力はなかった気がします。

MVPは明神 智和選手
チームの弱点を補うために一人獅子奮迅の働きをしました。

今後ですが、まず弱点である宮本とシジクレイ。
両方とも質の高い選手ですが、チームの弱点でもあります。
ジーコジャパンに比べると明神選手や橋本選手がいる為、
薄らいでますがね。ここに関しては宮本の移籍もあり、
チーム的には一つの決着が付くかもしれない。
問題は、彼無き後のサポーターの数か…。
監督が一定水準はキープしてくれますが、中盤かFWに代表クラス、
もしくは海外の(プレイ、顔共に)良選手が必要かもしれない。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:52 | 近畿  

ヴィッセル神戸の2006年

昇格を果たしたので素晴らしい出来です。

開幕前の予想では、
昇格争いはするけれど昇格は難しい、と思っていました。
監督交代もですが、中央の縦のラインに若手が多かったためです。
若手育成型のクラブを目指すといったオーナーの考え方は賛同できました。
スター選手の獲得などで失敗し続けて何から始めるかを学んだのでしょうね。
実に、企業家らしい考え方です。コツコツと上を向いていくのでしょう。

チームは前半戦こそ苦しみましたが、
選手が共通理解をしだすと圧倒的な強さを見せ始めます。
元々、三浦、朴、北本など現役代表クラスの選手がいますからね。
終盤大失速をして入替戦に回りますが、
CFの軸がなかったのが関係しているのでしょう。
若手を育てながらの1年でのJ1復帰に成功したのでこの評価です。

MVPは三浦 淳宏選手。
蹴導の財布にはアツの写真が入ってるのは秘密です。
左サイドのスペシャリストですが、DH、両SB、OH、SH、WGと、
チームの苦しい事情をカバーし続けます。
そんな状況でありながら15得点。ほんとすごいよ。
オーナーが最終戦後、
試合に臨んだ18選手にボーナスを出すといったのですが、
「チーム全員で勝ったのだから、ボーナスはみんなに均等に分けて欲しい」
と返したそうです。懐の深さを感じさせる選手です。

今後ですが、前線の軸にレアンドロと大久保、
ボッティ(ローマの王子様っぽい名前w)という実のある補強をしました。
すでにレアンドロを中心に三浦と朴の両WG、
大久保とボッティの2シャドーという形に手ごたえを感じているようです。
選手は三浦が中心にいるかぎり良い絆を作っていくでしょう。
問題はフロントかな。いい意味でね。
充実しすぎているため折り合いが難しいかなと…。
前に出た監督を、フロントがどうサポートしていけるか、
ここが大事な気がします。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:32 | 近畿  

セレッソ大阪の2006年

勿論、頑張りましょう

もうね、サッカーをなめてるとしか言いようがないです…。
一昨季堅守を誇ったチームですが、
開幕時に計算できるCBが2,3名しかいません…。
ブルーノが研究され、いないCBに怪我人が一人でも出たら…。
それだけでTHE・ENDです。そして、予想通りの事態は起きます。
監督を挿げ替えて、名波を取ったところでDFは増えません。
降格は最低限の準備さえしなかったフロントにあるでしょう。

MVPは西澤 明訓選手
降格はしたものの依然Jで魅せられるFWの一人であることに代わりはない。
堅実なポストは勿論、軸がぶれない為、派手なシュートも見れます。

今後ですが、まず、主力が6名ほど抜けます。
顔である森島選手は残るものの、
層、質共にJ1復帰を考えられるレベルではないでしょう。
チームは1から作り直しを迫られるわけですが、
選手以上に見極めができる人をフロントに置くことが急務な気がします。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:28 | 近畿  

京都サンガF.C.の2006年

降格したので、頑張りましょう

経験豊富なベテランや、質の高いFW陣を揃えていたが、
戦力的に降格は予想していた。
昇格チームの最初の注意事項は守備力である。戻る場所は大事だ。
それは個人でも組織でも片方あればいいが、このチームにはなかった。
更に監督の経験不足も降格の原因だろう。
全く違うタイプの揃ったFW陣という強みがあるのだから、
相手によって使い分けたり、
精神的支柱である中払をスタメン起用しゲームを落ち着かせたり…。
方法はあったはずだ。
若手の勢いだけで生き残れるほどJ1は甘くはない。
また、選手を信頼していないことを指示で伝えてしまった点もマイナス。
前任者も後任者もシーズン通して一貫した形のサッカーを貫いたが、
そのスタイルは戦力不足の昇格チームにとって正しい判断だったのだろうか?
結果は無失点試合1試合のみ、J2再降格という不名誉であった。

MVPはなし

今後ですが、J1復帰間違いなしの陣容。
後は指揮官が使いこなせるかだろう。
パウリ-ニョという得点源がいるが、田原と西野という日本人FWに期待。
鹿実の田原は言うまでもないが、
西野は懐が深く確実なボールキープができる選手、
スタメンを奪取して飛翔してもらいたい。
今期も3-4-1-2を踏襲しそうだが、両WBは守備に不安がある為、
守備的なSB2枚を置き現在のWBの選手を攻撃に特化したほうが、
良いサッカーができる気がする。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:27 | 近畿