カテゴリ:ワールドツアーモード( 5 )

 

蹴導FC作ってみました^^

ここのとこや来年のJで活躍して欲しい選手をピックアップして、
ウイイレでマスターリーグチームを作ってみましたので、書き留めておこうと思います。

25名。3ラインの4-4-2ベース。
背番号は秘密。蹴導はターンオーバーが大好きなので、全員がレギュラーです。

【GK】(3名)
徳重 健太(ヴィッセル神戸)
富永 康博(コンサドーレ札幌)
+1名(J2、秘密)
【DF】(6名)
中島 崇典(横浜FC)
茂木 弘人(ヴィッセル神戸)
内山 俊彦(ヴィッセル神戸)
小原 章吾(モンテディオ山形)
田ノ上 信也(ベガルタ仙台)
+作成選手1名(背の高い大学生、秘密)
【MF】(11名)
池元 友樹(柏レイソル)
久保山 由清(清水エスパルス)
鶴見 智美(ヴァンフォーレ甲府)
遠藤 彰弘(ヴィッセル神戸)
上里 一将(コンサドーレ札幌)
椎原 拓也(水戸ホーリーホック)
小椋 祥平(水戸ホーリーホック)
中里 宏司(湘南ベルマーレ)
中払 大介(京都サンガF.C.)
挽地 祐哉(徳島ヴォルティス)
青野 大介(愛媛FC)
【FW】(5名)
林 丈統(ジュビロ磐田)
平瀬 智行(ヴィッセル神戸)
北村 知隆(モンテディオ山形)
エルサムニー・オサマ(東京V)
西野 泰正(京都サンガF.C.)

全体的に、鹿児島関連の選手が多くなりました。
問題点はDFの少なさとちょいと高めの年齢かな…数年後が心配。
全員がレギュラーと書きましたが、小原選手、茂木選手、小椋選手は核になりそうです。
キャプテンは遠藤選手、副は(無いけど)中払選手と林選手。

FWのターンオーバーは平瀬選手と西野選手とオサマ選手+MFの久保山選手。
林選手は負けているときの、北村選手は勝っているときのスーパーサブです。

この選手達を集めたらいくらになるんでしょうね~、うーん。
お金があったら欲しいw(某クラブのサポーターさんにものすごく怒られそう…。)

では、とりあえず、最高難易度のミランに挑んできますw
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-10-06 13:31 | ワールドツアーモード  

航空ダービー再び 清水エスパルス戦

久々の休みということもありウイイレを堪能(1試合しかしてないけどw)

本日の対戦相手は、中部地域から清水エスパルス。
チーム名の由来は、静岡のS、清水のS、…あと何だったかな。
…サッカーのS?かな。うろ覚え。
サッカー王国と呼ばれている静岡だけあって、良質の選手がそろい踏みです。
昨シーズンはというと、経験のあるベテランだけではなく、
若手の台頭(監督含む)もあってJ1上位につけることができました。


一時期は経営難の時期もありましたが、一つの答えを見つけたのかなって思います。
良い選手が生まれ育つのですから、早めにスカウトし、育て、
他のクラブに移籍させ、その資金でやり繰りをし、さらに選手を育てる。
決して優勝を狙えるチーム(地利や資金力)ではないですが、清水経由の良い選手は溢れそうです。

あ、あと美形の韓国国籍の選手も最近多いですヨ。

フリューゲルスとの関係はというと、お互いのメインスポンサーがANAとJALということもあり、航空ダービーって呼ばれていました。
Jリーグの開幕戦とフリューゲルスの最後の試合も、清水エスパルスでしたね。

では、試合。
15分、プロフェッショナル。

                 結果

 得点 1-0 : 得点者、18分松井 : 決定機 3-3
GK 楢崎 6.5
SW 手島 6.0
左CB 辻本 5.5
右CB 波戸 6.0
後DH 山口 5.5
前DH 遠藤 6.0
左WB 三浦 6.5
右WB 田中 6.0
OH 前園 5.5
ST 松井 6.0
CF 田原 6.0

井上 6.0  (←山口:71分)
永井 6.5  (←前園:71分)
久保山 6.5  (←三浦:76分)

鹿実2トップが先発♪
長身で足も速い田原の周りを、瞬発力とキープに優れた松井が走り回ります。
今でこそファンタジスタな松井ですが、高校当時はこんなプレーをしてました。
得点もこの二人の連携から、田原が落としたボールを松井が拾い、前園君経由で再び田原。
すでに松井は走り出しており、ロングボールを合わせてフリーに。
キーパーとの1対1で冷静にゴール隅にシュート。
試合自体はボールを持たれる場面が多いものの、カウンターを何度か発動させてチャンスを作っていきます。
結局、追加点は奪えませんでしたが、白星はゲット。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-01-07 19:47 | ワールドツアーモード  

好敵手! 横浜F・マリノス編

関東地方、ここはやはり横浜ダービー以外選べない、そう相手は横浜F・マリノス。

トリコロール色に包まれたオシャレで洗練された港街のイメージ。
中華街や浜風、坂の町を連想させる同じ地域のベイスターズ、横浜FC、そしてフリューゲルスとは違った上品なイメージのあるチームだ。
メインスポンサーのロゴ(NISSAN)のオーラがまたそれを引き立たせる。

左サイドのブラジルトリオ(…確かブラジル)。
引退した選手まで含めると歴代の日本代表のCBがずらりと並ぶ強固なDF陣。
中盤にも代表で見たことのある選手たちが並び、前線には日本トップクラスの身体能力を誇る久保が構えている。
そして吸収合併されたフリューゲルスの選手たち。
隙のない強力なチームだ。


試合は、夜の日産スタジアム。SWシステム、ドイスボランチの3-4-1-2で挑む。
試合時間15分、プロフェッショナル。


                結果は…

 得点 1-0 : 得点者、36分大島 : 決定機 2-2
GK 楢崎 5.5
SW 手島 5.5
左CB 辻本 6.5
右CB 波戸(C) 7.0
DH サンパイオ 7.0
DH 瀬戸 6.0
左WB 三浦 5.5
右WB 田中 5.0
OH 遠藤 6.0
左CF 坂田 5.5
右CF 大島 6.5

井上 6.5  (←波戸:73分)
吉田 6.5  (←大島:73分)
松井 -.-  (←三浦:82分)

お互い2トップを3名で見れるので、手堅い勝負になることは予想していました。
案の定チャンスが生まれない(単に下手なだけだが…)。
前半36分、左サイドでキープした三浦から決定期は生まれる…ドリブルで一人かわすと同時にS1(セミオートでしてます)予め設定しておいたフォーメーションA(同じシステムでFWの位置だけが入れ替わる)に切り替わる。
ポジションチェンジでフリーになった大島が受け、DFを反転でかわし決勝ゴール。

何とか1点はもぎ取ったがそこからが長い。共に決定期を作れず、後半73分に2名投入。
4-2-3-1にフォーメーションをチェンジし辛くも逃げ切りに成功した。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-26 22:35 | ワールドツアーモード  

杜の都、ベガルタ仙台編

記念すべき第一試合目。試合時間15分、プロフェッショナル。

北海道、東北地域から、伊達政宗と牛タンで有名なベガルタ仙台。
チーム名は琴座のベガと黄金鳥ガルーダ(鷲なのかな?)をもじった天の川の街らしい名前だ。

サポーターもキラキラしててちょっと光ゲンジ(こらw)…ノスタルジックな空間に浸れます。

しかしメンバーはというと、ロペス、ボルジェス、チアゴネーヴィス、リャンヨンギと高い個人技を持つ攻撃的なチームだ。決して侮ることはできない。


試合は、晴天。お馴染みのSWシステム、ドイスボランチの3-4-1-2。

                結果は…

 得点 2-0 : 得点者、18分大島、78分吉田 : 決定機 4-2
GK 楢崎 6.0
SW 手島 6.0
左CB 瀬戸 6.0
右CB 波戸 6.0
DH サンパイオ 6.5
DH 山口(C) 7.0
左WB 三浦 6.0
右WB 吉田 6.5
OH 松井 6.0
左CF 大島 6.0
右CF 田原 6.0

岩下 6.5  (←波戸:80分)
前園 6.5  (←山口:80分)
久保山 5.5  (←田原:80分)

会心の勝利!! 見事な完封白星発進。

前半18分にアーリークロスのこぼれ球を拾った大島が豪快にミドルレンジから、先制!
後半78分には田原がポストとなり落としたボールを右サイドから上がってきた吉田がシュート、流れの中からの2点目で試合を決定付けた。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-25 02:38 | ワールドツアーモード  

蹴導FC、世界へ挑戦!!

Jリーグウイニングイレブン10にはまってます。

今回の目玉はワールドツアーモード、既存のチームやエディットチーム(※1)を使って世界の名だたるチームと対戦、世界一を目指します。

蹴導はエディットチームにて参戦。メンバーは以下のとおり。

背番号 ポジション 名前 Jウイイレ10発売時の所属チーム
1 GK 楢崎正剛 名古屋グランパスエイト
2 CB 辻本茂輝 ヴォルティス徳島
3 WB 井上雄幾 ヴァンフォーレ甲府
4 SW 手島和希 京都パープルサンガ(現、京都サンガ)
5 DH 山口素弘 横浜FC
6 WB 三浦淳宏 ヴィッセル神戸
9 FW 吉田孝行 横浜F・マリノス
10 OH 永井秀樹 東京ヴェルディ1969
11 FW 大島秀夫 横浜F・マリノス
12 WB 波戸康広 大宮アルディージャ
16 WB 田中隼麿 横浜F・マリノス
17 FW 坂田大輔 横浜F・マリノス
18 DH 遠藤保仁 ガンバ大阪
19 DH 瀬戸春樹 柏レイソル
22 FW 久保山由清 清水エスパルス

そうです、横浜フリューゲルスの選手たちです。
彼らだけでは人手不足なので、鹿児島実業の選手から3名足して、
13 DH 岩下敬輔 清水エスパルス
14 ST 松井大輔 ル・マン
15 FW 田原豊 京都パープルサンガ(現、京都サンガ)

更に隠し選手にあったこのお方々
7 OH 前園真聖 引退 
8 DH サンパイオ 引退

以上20名、なんか何処と戦っても勝てそうなメンバーになりました♪

※1)既存選手を選手編集のエディットにコピー、更にメンバー登録で他リーグCのWEユナイテッドと選手を入れ替え。チーム編集をしてワールドツアーモードで選択。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-19 14:40 | ワールドツアーモード