カテゴリ:日本代表( 52 )

 

東アジア選手権ですべきだったこと(1)

さて、巷はゼロックス杯とJ開幕に向けた話題で持ちきりだが、(地上波はやはり野球だろうが…)、一人静かに、東アジア杯ですべきだったこと今後の展望を書いていこうと思う。


その為に、まずオシムが倒れる以前の代表がどのような完成度を見せていたかを理解する必要があるだろう。

まず完成度だが、W杯グループリーグ突破を目指す為の90%以上は完成していたと私は感じている。
幹となるストロングポイントがそこにハッキリと存在していたからだ。


①「試合開始時の相手のフォーメーションに対応できる柔軟性」

選手を入れ替えずに、相手の攻撃陣を見て3バックにも4バックにも、2バックにもなれる。こちらの質を下げることなくだ。また相手の守備陣を見て、1トップにも、2トップにも、3トップにもなれる。こちらも質が下がらない。

常に相手より有利なフォーメーションを得ることが出来る柔軟性は、前半戦の戦いに安定感を与えた。相手がこれに対応する為には「走り合いに付き合う」か「5バック2ボランチのゾーンで耐え忍ぶ」他はない。後でもう1つの特性と共に書くが、日本に「走り合いで勝てる国」はそう多くは無い。特に欧州の国で日本より有利に走れる国は皆無に近いだろう。


②「10人+1人のサッカーと数的有利の確立」

オシムは「DHを1枚に出来るならそれに越したことは無い」と語っている。
確かに、英と福西など相成れない2DHは混乱を招くだけ、それならば一人で判断できる1DHが良いだろう。しかし、オシムは1ボランチはしていない。常に啓太と誰かを組ませる「2枚のDH」を選んでいる。

啓太の役割は分かりやすい。
豊富な運動量で、スペースを埋める、相手のコースを消す、更には闘莉王のような前線にあがる選手の代わりにSWに入る。本人が攻めあがることはまず無い。Jや世界でも一般的なダブルボランチやセンターハーフ的な役割ではなく、むしろアンカーとしての1DHに近い役割だ。

そう、「実」はオシムサッカーは1DHなのだ。
形上、常に2DHだが其々がフォーメーションでの役割を考えると1DHの10人で行うサッカーがベースにある。そして+1人。「数的有利を作り出すフリーマン(ポリバレント)」の選手を加えることで、「数的優位を確立させる」というオシムサッカーの真髄の1つが見えてくる。

その第一人者が「阿部勇樹」である。
阿部は何処でもできる選手と言われているし、それは多くの人がメディアや試合を通じて知っている。だが、何故、何処でも出来るかを導き出しているメディアは少ないと思われる。私は「阿部の存在はもう中田英を超えてるよ」と知人に話すことがある。苦笑いをされるが阿部の存在は英を超えている。

阿部の最高の武器はスタミナでもキックの精度でもない。
「空中戦の強さ」である。守備時においても攻撃時においても、ボールの競り合いにおいて抜群の強さを持っている。中澤のように身体が強いわけでもない、クラウチのように背が高いわけでもない。だが、抜群の反射神経とポジショニングで相手より先にボールに絡んでしまうヘディングの巧さを持っている。

それゆえに、阿部は中盤でのパス回しやカバーリングで活躍するのは勿論のこと、DFに混ざっても穴にならず、FWに混ざっても得点を奪いにいけるのである。阿部健在時にオシムサッカーは更なる高みを見せ付けた。


③「選手の距離と短所を長所へ」

さて、オシムが日本をイメージした際に人生の中で強烈に浮かび上がってくるもはなんだろう?最適なモデルがある。それこそがオシムの日本化のベースにあると私は思っている。

それは「零式艦上戦闘機」…通称「零戦(ゼロセン)」である。

小さいが小さい故に、小回りが利き、疲労知らずの高性能。
ようするに、運動能力が同じなら小さくて軽いほうが急旋回できる。スタミナが同じなら、小さくて軽いほうが、自身の身体の重さと言うデメリットが小さくて済むと言う事だ。物理の問題である。そしてそれの伸び幅は、白人や黒人、大陸のアジア人より、日本人がずっと有利だ。

長年、日本代表が苦労してきた他国との埋めきれない体格差。
それを消すことに初めて成功したのは、トルシエ元代表監督である。
彼が具現化した「前線からプレスをかけるコンパクトサッカー」と「フラットスリー」によって体をぶつけずにボールを奪うという「術」を日本代表は得た。デメリットを消すスベである。

ただ、トルシエのサッカーは4-2-3-1というフォーメーションに対し圧倒的に分が悪い弱点も見せてしまう。
極限までラインコントロールを試した日本代表は、それゆえに「ブレイク」という術も会得するが完全に体格差を埋めるところまでは至っていなかった。

オシムは、魔法を施し、デメリットをメリットに変えることに成功する。
数字の魔法である。対格差を埋めるために日本は、トライアングル、アイコンタクト、心眼、ゾーンプレスなど様々な術を得ていった。そして、より狭い間隔で、より早く、よりテクニカルにボールを回そうと切磋琢磨した。それが世界に通じる日本の型になると…。

オシムはここを根底からひっくり返す。
選手に狭い間隔を求めず、一定以上の距離を保って横に縦に広くピッチを使うことを求めた。
「プレッシャーを受けない場所で非凡な能力を発揮する日本人」達は、相手の圧力を避けてボールを受け、確かな技術で遠い味方にパスを通し続ける、確かな余裕を持って相手の薄いところを探し続け、チャンスを窺うという荒行に成功する。

更には、その間にラインを押し上げ、相手のカウンターを未然に防ぐと言う手立てまで打っている。

ボールを追いかける大きな相手選手。
追いつく前にボールは遠くの場所へ移動する、更に追いかける相手、徐々に彼らの体力は自らの身体の重さによって消耗していき、疲労感が戦意を奪ってゆく。何とか奪ってみたところで、ゴールは遠く、素早い零戦達の「数的優位」の網に掛かり、また追いかけなければいけなくなる。

小さいことは日本人の短所だった。
あえて再度言おう。オシムは短所を長所に変えた。


④「相手の強さによる使い分け」

オシムは4-2-3-1の3の両サイドを2タイプ+一人で使い分けた。
前に自分のコラムの中でドリブラーについて書いている部分があるが、オシムは通用する相手と通用しない相手で両SHのタイプを使い分けている。
分けてみよう。
A:大久保、水野、藤本、達也、寿人、三都主。
B:俊輔、遠藤、憲剛。
C:山岸。
除外:山瀬、羽生。(共にトップ下系な為)

スタメンや選手交代の際にこの采配が大きく効果を見せている。
総合力や対面で大きく上回っている場合、オシムはAのカテゴリーの選手を多用し積極的に勝負を仕掛けさせている。反面、総合力で下回っていると感じた場合、Bの選手を使い、ボールキープを優先させている。唯一Cの山岸だけは別だが…。

ベストイレブンに拘らず、相手を見て慎重に慎重を重ねる老獪さもオシムの魅力だ。

山岸について触れておこう。
彼は特殊である。運動量があり、守備力があり、身体が強く囮にもなれ、セットプレイ時の高さの1枠も担える。(基本:中澤vs1stDF、巻vs2ndDF、阿部vs3rdDF。それに足して山岸vs4thDFって感じ。キッカーは最も有利なところに放り込めば良い。)AやBのメンバーに比べ、決定力や突破力、展開力で劣るが、対応できる選手が足りなかった際などではめ込むことができる魅力的なピースである。


⑤「その他」

タクティクスについて書くのは①~④が大きいが、それ以外でも「世代交代」に成功し、「魅力的な練習」で集中力や理解度の強化を図っている。


以上、オシムの日本化は明確な形を見せていたと言える。

核となる選手も決まってきて、後は誰が出れなくなっても機能するように、「層の底上げ(五輪以下の合流やJで活躍する選手の代表への参加、理解度の浸透)」をするだけのはずであった。


長文、読んでくれてありがとう!
東アジア選手権ですべきだったこと(2)へ続く。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-03-02 15:17 | 日本代表  

東アジア選手権vs韓国【得たもの、失ったもの】

さて、日韓戦である。
今更、このチームに対して何か付け加えることはないだろう。アジア最大のライバル国、韓国。
日韓W杯を契機に、両国の感情の「溝」は少しだけ埋まっており、譲れない戦いと言うよりは、1つの「イベント」としての側面が強くなっている。
しかし、それでも、日韓戦は日韓戦である。勝ち負けは論外で両国の「質の高いプライド」を垣間見ることが出来る、それは間違いない。…はずだった。


【採点】韓国7/10。
の前に、読んでくれている皆に少しだけ伝えておきたい。自分は「守備を疎かにする選手に高得点はつけない!」ご理解、宜しくお願いします。

川口能活:6.0:押しこまれた展開の中、多くのシュートを止め続ける。1失点も安定。

中澤佑二:6.5:抜かれる場面は見られず、身体を張った守備で冷静に粘り強く対応。
今野泰幸:5.0:過去から見せている空中戦の弱さを露呈。シュートも簡単に打たせ過ぎた。
内田篤人:5.5:失点の原因に。クロスは跳ね返され続けるも、仕掛けが実り1A。
加地亮:5.5:効果的な上がりとキープ力で逆サイドを活かすも全体的に防戦一方。

鈴木啓太:5.0:ミドルシュートを打たれ続ける。感覚を戻すには時間が掛かるか。
中村憲剛:5.0:2本の惜しいシュート。全体的に前に行き過ぎ、守備を疎かにした。
→安田理大:5.0:個人技で突破を試みるがサイドを活かせず、味方も活かせず。
橋本英郎:4.5:使われ方が悪く能力を活かせず。ピッチ中央で孤立し続け、交代。
→矢野貴章:5.0:パワープレイで投入もボールが集まらず、流れを変えきれず。
遠藤保仁:6.0:非凡なセンスで同点に導く。加地や憲剛との連携に安心感。
山瀬功治:5.5:非凡な得点能力。反面、中央から逃げ繋ぎや守備を疎かにし苦戦を助長。
→播戸竜二:--:採点なし。

田代有三:5.5:競り合いは負けていなかったが、守備に絡めずガス欠。

岡田監督:4.0:有り得ない布陣で戦いを始め、ピッチの至る所に苦戦の原因を作る。欠点持ちの相手だっただけに指揮官の能力の無さが改めて浮き彫りにされた。


【戦評】

楽しみにしていた日韓戦だが、期待通り熱いハートをぶつける試合となった。
特に韓国選手陣のルーズボールを追いかける執着心と中澤、川口、遠藤といったベテランの日本人選手陣の守備は迫力があり、火花は熱かった。

しかし、しかし、やはり問題点はあった。試合の質自体は恐ろしく低かったのである。

原因として挙げられるのが両国の監督の戦術だ。
晴れて両国共に自国の監督を大将の椅子に座らせたのだが、韓国は、攻める場所を間違い続け、日本は下手な布陣を敷き、各部隊を全く有効的に機能させられずに90分を終えた。

まず韓国側だが、呉章銀と右サイドが全く機能しない。
テセのように日本戦で結果を残したかったのだろう、気持ちが空回りし、中央突破&得点しか頭に無い様だった。金南一が引き付けて散らした質の良いボールをすべて中央に持ち込みサイドからの突破やサイドチェンジといった戦術を消し続けた。中央突破とサイドの突破の比率は9:1ぐらいであった。それでも呉章銀を変えなかったとこを考えると、監督の明確な意思での「中央突破」なのだろう。

自分は韓国の良さは、大量にいる質の高いFWとサイドアタッカーだと思っている。
今回のFW陣だって5、6番手ぐらいだし、得点に繋がるクロスを挙げた選手も左WBの5番手ぐらいである。それでも、質は高いのだ。彼ら(不在の選手も含む)を活かそうと思うなら、サイドを崩す戦術で統一するのが一番だろう、しかし、それをしなかった監督采配は質落ちと思われてもしようが無い。


しかし、そのお隣以上に酷かったのが日本である。

「采配の妙は次回の更新で述べる」が、日本の布陣は不可解であり、戦略も不透明だった。テストと割り切ったとしても良質とはいえない。

今回の失点は(というか最近の失点すべてが)内田のポジショニングミス(しかもその前に突破された際もボールウォッチャーになり選手をマークしていない。)によるものだが、指揮官の頭の中は加地や他の選手達より内田なのだろう。

フィジカルに優れる相手と対した場合、啓太と憲剛を並べても、守備面で大きなデメリットがあることはオシム時代に分かっていた。内田の質(純粋なポジショニング、ボールを失わない能力、ボールを運ぶ能力)が彼らの負担に拍車をかける。場合を考えて、より効果的な選手がいてテストするべきだったにも拘らず、指揮官は憲剛のDHスタメンを選んだ。
4-2-3-1に戻った際、憲剛が最も輝けるのが両SHのポジションか、途中交代での起用だと答えが出ているのにである。

橋本のSH起用は完全な場違いである。テストでもなんでもない。
左SHの候補の山岸(と矢野)は元気だった。場所を選ばず守備にも奔走でき、何処からでもゴールに飛び込める、セットプレイでは3番手で高さを見せれる彼を使わず橋本をSHとして起用した理由は、オシムの色を消すこと、ただそれだけであろう。
橋本の良さは全く見られなかった。山瀬が中央で戦うことを避け、遠藤が加地とのコンビネーションを見せていくにつれ、橋本はただ邪魔にならないようにとピッチの中央手前で慣れない楔をするだけの傍観者になっていった。

先日の試合までに良さを見せていた田代だが、この日は先日以上に苦しんだ。
攻撃時は創造性豊かな色を見せたが、守備では相手を追えず、後方から簡単にビルドアップされる要因になってしまった。やはり疲れがあるのだろう。矢野をスタメンで起用し、後半の勝負に田代、後半の守備に播戸と考える方が圧倒的に面白いのだがそれをしないのはやはり矢野を左SH、もしくは不要と考えているからなのだろう。


総括だが、岡田監督は、オシム時代の代表を全く見ていないのではないか?
見ていたのなら1DHを試したり、既に価値のあるテスト済みのテストを繰り返したりしないはずである。ましてや価値を見出せた選手を違う場所にコンバートさせるなんてね。
サッカーへの情熱が薄れ、他の道を模索していた時に、たまたま先輩に日本代表を押し付けられた。で、自分の色を見せる為に、前任者のものをすべて排除しようと考えたと言うのが妥当なところだろう。

オシムが韓国戦で見せた4-2-3-1と、岡田監督が韓国戦で見せた4-2-3-1とでは大きな差がある。前者はガス欠にも拘らず、各選手が機能し合い、輪郭を見せ、終始韓国を圧倒していたのだから。

この2ヶ月、6試合で前任監督の良さをしっかり消し、機能しない4-1-3-2と4-2-3-1を得た指揮官。W杯予選は勝ち抜けるのだろうか?山瀬と言う非凡な得点能力を持った選手を得たとしても、デメリットの方がはるかに大きい、非常に不安である。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-02-26 11:52 | 日本代表  

東アジア選手権vs中国【余計なものを覚え、振り出しに戻る】

東アジア選手権2試合目は、ホスト国である中国戦。
後半の戦評で長々と書き綴ろうと思うので、ささっと採点。

【採点】中国4/10

楢崎正剛:7.0:持ち前のポジショニングの良さで窮地を救い続ける。今日のMVP。

中澤佑二:5.5:競り負けることもあったが、食らいつきフリーにはさせず。減点0.5。
今野泰幸:5.5:前から来る相手には強さを見せるも、空中戦で競らず不安を残す。
内田篤人:4.0:致命的な守備の軽さ。味方の邪魔までしており、厳しい採点。
駒野友一:5.5:得点に繋がるクロスを上げるも、攻守で後手に回った印象。
→加地亮:5.5:最低限の動きは見せたが、詰めれず、狙えずの消極的なプレー。

中村憲剛:6.0:前半は中途半端も徐々に持ち味を発揮。スタメンを奪取したい。
鈴木啓太:4.5:役割は全うも、後ろから蹴り続けるなどラフプレーを続ける、減点1。
遠藤保仁:6.5:引き出しの多さを見せ、中盤で競り勝つ。流れを作る。
山瀬功治:5.5:殊勲の1得点も、判断ミスが多く、精細を欠き続ける。
→橋本英郎:--:時間稼ぎの為、採点なし。
安田理大:4.5:気圧され居場所がなくフラフラ。自陣でドリブルなど軽率なプレー。
→羽生直剛:6.5:疲れた選手達の代わりによく走り、よく繋ぐ。

田代有三:5.5:得点は幻に。試合中盤では消え続けたが持ち味は十分に見せた。

岡田監督:4.0:1-0で終われたのはベテラン選手の力であって、彼の戦略や采配による部分は無いに等しい。黙々と重圧を跳ね返した遠藤、中澤、楢崎とは対照的に、長々と取り乱し続ける指揮官の姿に素質は感じられない。自分がしてしまったサッカーを反省せず、中国側の話題に責任転嫁したのも情けない。

【戦評】
日中の政治的背景、最近も起きた餃子問題や中東の笛、U-21の暴力問題、そして「煽りたい」メディアと様々な事が相まって中国代表のダーティさが強調されたが、(弁明のしようがないのだが)実際は、日本の早いパスワークについていけないというのが本音だろう。

4-1-2-3の布陣を敷く中国代表。
意外と走る印象を受けたが、技術の伴わない劣化版アメリカという感じ。
3番と8番に11番が絡む左サイドはそこそこ強力、6番のFKはJのフリーキッカーと比べても中の上のようには思えるが、トータルを見ればアジアの中堅程度のチーム力であることは間違いない。

さて、日本だがそんな中国に前半から押されてしまった、要因は大きく2つだろう。
①監督の手腕。
②4-2-3-1ですぐ機能した選手、時間が掛かった選手、機能しない選手がいたこと。

①監督の手腕。
ぶっちゃけこれがすべてなんだが…。指宿合宿から格下5連戦の間、全くツジツマの合わない采配の繰り返し。W杯予選が18名しかベンチ入りできないとしても、オシム時代に阿部や今野がテストされて及第点を出していたのに、加地の左に拘るのが理解できない。
内田を使い続けなければならない、なにか(政治的背景?)でもあるんだろうかね?

選手交代も滅茶苦茶である。
駒野は怪我らしいが、じゃぁ安田をSBにして山岸投入で良いでしょってとこを、左SB加地、左OH羽生と2枚使う…。前半から弱点にされていた内田は変えない。まぁ、前半から2枚カードを使うのは問題があるが、使わないと修正できなくしたのは「彼」の責任である。
また、田代がばてているのに「矢野」を投入しないのは、彼の「複雑な思考」では矢野は左SH、FWとしては見ていないということなんだろうね。

①4-2-3-1で機能した選手、時間が掛かった選手、機能しない選手がいた。
まず、オシム時代に練習してきた4-2-3-1に布陣が戻ったことで、4-2-3-1に慣れ親しんだ遠藤や啓太、中澤、駒野、交代出場の羽生はすぐに持ち味を発揮し始める。憲剛と今野は前半ポジショニングに戸惑っていたが、徐々に感覚が戻り、後半にはその力を遺憾なく発揮した。
しかし、「いきなり戻した」ことで、煽りを食らったのが、セカンドストライカー型の「山瀬」や新しく抜擢された「田代」「安田」「内田」という面々。

中盤に遠藤と憲剛、啓太がいたにも拘らず、最後のところで崩せなかったのは山瀬の感覚にある。得点こそは叩き込んだが、遠藤や憲剛のパスの真意を汲み取れず、前やサイドでフリーになった選手を使えず、苦しい局面を作り出していた。「縦への推進力」はあるが「崩す演出家としての力」は備わっていないのだろう。

新抜擢された3選手だが、合格点を得たのは「田代」一人だろう。
中一日の連戦というプレッシャーで疲れ果て、前半途中から消えるシーンは目に付いたが、自身の素質を十分に見せ付けた。長谷川の高さと柳沢の動きを得た鹿島らしい選手、巻や前田と比べるとまだまだ劣る部分はあるがスケールの大きさを感じさせた。

内田は、すでに「ウイークポイント」として各国にばれており、相手の左サイドが強みであることも重なって、面白いぐらいに狙われた。
距離感がまるでなっておらず、相手と6mは離れて(しかもそれを維持して)簡単にクロスを上げられたり、不用意に競りすぎて倒れたりと精彩を欠いた。正直、彼をA代表で使うのは時期尚早だろう。特に中国の武器を考えたら経験がある選手を先発させるべきだったと書かざるを得ない。

安田は、完全に舞い上がっていた。
不慣れなポジションでアウェーの大舞台だから仕方がないが、駒野のコースを潰し、攻撃時はブレーキに。時折見せる自陣でのドリブルも危ない。居場所を見つけられず逆サイドに流れるも内田とのコンビは更に事態を悪化させていた。

だが、内田もだが「普段のJで」もっと経験を積むことで落ち着いて来るんだと思う。「正直、A代表はまだ早い。」GKとの接触は、大怪我にならなくてホッとしている。


因みに、影のMVPは北朝鮮の主審である。
勿論限りなくグレーな判定を続けていたが、GKへの警告、中澤への警告、鈴木とリーの両成敗と、巧みな判定で大惨事を招くことは回避した。すなわち、一昨日に低調なサッカーを見せた日本に憤り、またそれを倒すことが出来ない中国代表に憤り、不満が爆発しかけていた大観衆が暴徒化することだけは防ぎきった。グレーであったが、彼なりに大役を果したと言える。

勿論、中国のサッカーを暴徒化させる「文化」には憤りを覚えているし、日本のサポーターを暴徒化させる可能性のある日本のマスメディアの「煽り」にも憤りを覚えた試合だった。

とりあえず日韓戦、アジア最高峰の良い試合になることを祈る。(田代は3試合連続でスタメンだろうか?)

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-02-21 21:04 | 日本代表  

東アジア選手権vs北朝鮮【機能したのは、後半15分】

おはようございます。高熱系の風邪です。
それでも、磐田、愛媛、熊本、清水、甲府、柏、京都と、多くのテストマッチに足を運んでます。昨日も、鳥栖vsウルサンヒュンデを観戦。各クラブの情勢をいち早く感じれるのは鹿児島のイイトコですね。…Jリーグ自体はスカパー観戦がメインになりますが^^;


さて、前回対戦では2段ロケットというやや博打気味の戦略を見せてジーコを翻弄した北朝鮮代表。
今回は博打はせず真っ向勝負を仕掛けてきます。

真っ向勝負を仕掛けてきた理由として、前線から中盤にかけてヨンハとテセ、ムンという役者が揃っていたこと、カウンターにおいて日本より一日の長がありそれを体現しえる指揮官がいたこと、(テセやヨンギなどを通じて)日本がベストメンバー、ベストタクティクスではないことが分かっていたこと、が挙げられると思います。


【採点】北朝鮮4/10。

川島永嗣:5.5:空中戦とコーチングに弱さも、広範囲の守備や肩の強さなどの能力を発揮。

中澤佑二:5.0:不用意に釣り出され続け、テセと水本、4番と加地を1vs1にし続けた。
水本裕貴:5.5:1点で留めたのは評価できるが、ビハインドでの中澤とのパス回しは×。
内田篤人:5.0:良く攻撃に絡み様々なクロスを出すが、守備の意識と技術の低さも再露呈。
→駒野友一:6.0:起点となり、味方を使い、奪われず、攻守両面で右サイドを制圧。
加地亮:4.5:正直、被害者だが…。前線とは被り、カウンターでは狙い目に。左は無いだろう。

鈴木啓太:5.0:被害者2。ディレイは彼の仕事だが範囲が広すぎて、対応できず。
山岸智:5.0:右から左へと移動。楔になるも繋がらず、活かされず、長所は消えていた。
→安田理大:5.5:得点に結びつく突破力。その後は消えた。波はそのうち良くなるか?
羽生直剛:6.5:中央から右へ。抜群のカバーを見せる。後半のクロスやシュートも高評価。
遠藤保仁:5.5:執拗なマークに苦しみミスを連発。後半は余裕が出来、良パスを連発。

播戸竜二:5.5:中央を離れ、右に流れ楔も脅威にはならず。疲れて交代。
→前田遼一:6.5:OHでの楔役としてとして機能。能力を見せ付ける。日本を救う1得点。
田代有三:5.5:ウェーブを見せるが、後半は疲れ果て動けず、泥濘に足を取られ続ける。

岡田監督:2.0:2度目の2.0です。追いついたのはラッキーであって、スタメンも戦術も、采配もコメントも思いつきだけの行き当たりばったり、有り得ません。


【戦評】

まぁ、報道で知ってましたがスタメンを見て愕然。
手の内がばれているのにテセ相手に川島をぶつけますか…アツのFKを受ける正剛のことを思い出します。GKが圧倒的に分が悪いよ^^;
更には、守備が期待できない内田、岡田ジャパンで初スタメンの水本、左なんて全くしてない加地が最終ラインに並びます。
加地の左、水本のスタメンは、「タイ戦までに試せた」のに全くしてないので、啓太と中澤の苦労する姿が容易に想像できます。

北朝鮮は5-2-2-1のフォーメーション。
守備は、2DHは片方が遠藤を見ながら、もう片方がサイドの数的不利を解消しに動く感じ。
攻撃は奪ったら中盤を一気に飛び越えて、ムンと中澤、テセ&4番(たまにヨンハ)と水本&加地という2局面の勝負に持ち込んでいるのが分かる。


前半戦、日本は苦しむ。
不慣れなポジションの選手が多いのだから当たり前である。

まず、攻撃。
田代と播戸がフィットしない。ペナルティエリアには入っているが5バックの中央3名にガッチリとスペースを消され、被ることも多く、ボールを叩く事すらままならない。
代わりに遠藤や山岸が「楔」をするシーンが目立つ。しかし、受け手が拙いこともあり、判断が遅れ、パスカットからカウンターのシーンを誘発してしまっていた。

次に守備。
失点シーンはテセを褒めるべき部分もあるが、その前の部分で日本が完敗していたのが要因だと思う。ムンは内田の裏を取り、中澤が釣りだされる。加地は4番に振り切られシュートを許す。水本はテセを塞ぎに、啓太は中央を埋めるためにカバー役がいない。
攻撃失敗によるカウンターの誘発も重なりこのシーンが前半戦の間何度も見られることになる。

ただ日本の選手は修正する力には長けているし、失点1つで動揺しないメンバーが増えている。次第にバランスを取り始める。
遠藤、山岸、羽生はポジションを変え、内田と加地のカバーの為に、山岸と羽生がサイドの守備を重視し相手を止めるシーンが増える。
「4-1-2-1-2だと、中央の2が守備をしないとボールが奪えない。」
守備に意識をおいた結果、追加点は止めたが、3人の前線を抑える為に6名を費やすことになり、攻撃のメドが立たない苦しい前半となった。


後半に当って岡田監督は別の方法でバランスを取ることを考える。
遠藤のDHへの移動である。やっとで1ボランチが理想論である(更にはサイドが1枚だけだと戦術で負ける)ことを理解してくれたかという感がある。
遠藤が蓋をし、啓太が両SBのカバーへと走る。中澤は釣りだされること無く水本と中央でテセを待ち受けることが出来るようになった。

ただ選手間では別の問題が生じる。
前線が田代、播戸、山岸、羽生ということだ。4名とも活かされてなんぼで、活かすことが出来る選手ではない。更に、前半から走り続けていて田代、播戸、山岸は疲れの色を隠せない。ジョホールバルで「FWは消耗品」と語った岡田監督の考えのままに、彼らが終了まで持たないことがありありと伺えた。羽生は…流石だったが^^;

交代カードはスピードに乗った突破が持ち味の安田とポスト巻の一番手である前田。
日本は運が良い。北朝鮮のパンチングキーパーに感謝すべきだろう。前田の前にふわりとプレゼントボールが贈られ、得点…。

完全に負けていた試合(ボールは持たされていただけ)だったが、後半半ばにイーブンに持ち込むことができた。
多くのアジアのチームならこの失点で浮き足立ち崩れるものだが、北朝鮮は違った。自分達の戦い方が日本に通用しているというのをしっかりと感じ取っているのだろう。日本のカバーの質は解決されたが、北朝鮮のカウンターは衰えることを知らない。加地と内田のアンバランスを突いてくる。

岡田監督が動く。
守備が軽すぎる内田に代わって駒野を投入。ま、駒野も軽いほうなんだが^^;ここはサイドからのクロスの質を上げる為の交代かな。

日本の選手達は更にバランスの改善に乗り出す。
前田はCFではなく中盤の真ん中に入り、OHとして楔とパサーの役割をこなす。器用な選手である。後半残り15分の日本のフォーメーションは、4-2-3-1。田代が疲れ果て、加地は相変わらず苦労していたが、前半や後半開始時のサッカーよりずっと引き出しが多く(特に遠藤、駒野、前田という3つの起点)、日本の良さが見られた。


やはり日本は2DHなのだ。
そして、サイドを2枚にして攻守で機能するようにすべきなのだ。岡田監督がやってきたことは、時代に沿わず、またチームの質を下げている。無駄な時間であることが再確認できたと思う。

試合はドローで終了。


追伸:試合後のコメントで「(今回は)バックアップをテスト」と他の選手との間に溝を作っていることを明言したのだが…羽生はアレだけの動きが出来てバックアップですか。加地も、山岸も前田もただのバックアップとしてしか見てないんですかね。

王様だったジーコですら前回の教訓を新天地で活かしている。
スタメンとサブを分けず、バランスの取れた時代に沿った采配を披露しているのに、彼は進歩が無い、勇退すべきです。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-02-18 13:39 | 日本代表  

W杯3次予選vsタイ【相乗効果を生み出そう】

さぁ、日本にとっての2010年W杯出場をかけた予選が始まりました。
と言っても今回の予選は激しさを増す最終予選ではなく、日本が圧倒的にレベル差を見せ付けれるであろう3次予選。

今回の相手は、2004年アジアカップでオマーンに0-2で破れての4位(勝ち点0)から、2006年同大会で同国を2-0で破り、2年前の雪辱を果した登り調子のタイ。(イラクともドロー。)
アマチュア主体ながらもマンチェスター・Cのタクシンオーナー(元タイ国首相)との縁で強化合宿も多めに取り気が抜けない。「勝って兜の緒を締めよ」と叫んだが、タイの現状は…実は…。

組織力を挙げて「秘策がある」と謳い、乗り込んできたもののアウェーの慣れない雪や練習の出来ない練習場というアウェーの洗礼に戸惑う。この洗礼で確実にタイ国民にとって日本の印象は悪くなっただろう。

そして核の選手4名(7名とも言っていたが…)を欠く状態。特に来日してから分かったDHの2名は痛すぎる。このマッチにおいては育ててきた組織力も秘策も水の泡に等しい。

ましてや日本は31+2もあるプロクラブという「層」と「質」の中から選りすぐられた精鋭達である。Jの15年の歴史が育んできた基本戦術が根底にあり、オシム時代には世代交代も成功している。一人二人欠けた所で「機能不全」や「総合力の大幅低下」ということは有り得ない。

サッカーは下克上が醍醐味のスポーツだが、どんな戦い方をしても機能不全のタイが日本に勝つ姿は想像しがたい。

日本代表は「しっかり勝って」、「内容」で圧倒することが必要である。真摯なサッカーを見せつけ友好的な姿を見せた上で、過去から酸っぱく書いているが、今後10年は立ち向かえないと思わせる必要がある。


【採点】 タイの強さ:3/10

川口能活:5.5:見せ場が少ないだけに得点は阻止したかった。より統率力を。

中澤佑二:6.0:守備で精彩を欠くが、攻撃面ではボンバーヘッドで2点に絡む。
阿部勇樹:6.0:守備に奔走し窮屈な印象。両SBの裏や中澤不在時を一人でケアした。
内田篤人:4.0:守備放棄で苦労をかける、その割にはチャンスメイクも出来ず。
駒野友一:5.5:左サイドでバランスを取る。クロスの精度はイマイチもシュートで脅かす。

鈴木啓太:5.5:阿部と同じく広範囲を守る。釣り出されて失点の元に…責められない。
中村憲剛:6.5:右で輝けずも左に移り、高い能力を存分に発揮。2得点に絡む。
遠藤保仁:7.5:自身の不調と内田の攻撃に見切りをつけ、憲剛を生かす。MVP。
山瀬功治:5.5:殆どの時間で動けずガス切れ。ただし、2点目の元となった突破は見事。
→巻誠一郎:6.0:強行出場。結果は出したが悪化が心配である。

大久保嘉人:6.0:効果的な動きが出来ず苦しむ。楔役ではないよね、1得点。
→羽生直剛:--:採点なし。疲れた大久保に代わって投入。
高原直泰:5.0:張る場所で張らずサイドに逃げる。味方との相乗効果が全く生まれず。
→播戸竜二:6.0:得点こそは無かったが、短い時間で相手をかき回し、流れを作る。

岡田監督:6.0:不安定となった試合の流れをセットプレイで断ち切る。ただ不安定にしてしまった要因に彼の手腕が有り、また采配による実りも少ない。


【戦評】

やはりこのダイヤモンドサッカーは何処かに手を加えるか、諦めるかしなければならないだろう。

守備面だが、阿部と啓太の負担が大きすぎる。
タイ相手でさえ付け込む隙を作ってしまうのは考え物だ。SBの上がった裏を守るも人手が足りず、判断を間違うと、中央にぽっかり穴が出来てしまう。かといって空いたままにしておくとボスニア戦のようにSBの裏をカウンターの起点にされてしまう。変化を生み出さなければ最終予選でジーコジャパンのイラン戦やオーストラリア戦のようなシーンが頻発するだろう。

攻撃は、FWがプレスをかけ、サイドに逃げたボールをゾーンプレスで囲んで奪い、「素早くFWに預けて突破」から、「FWに預けて、戻し、サイドを展開して再度FWに」に変化したが、手数が増えただけでメリットは少ない。むしろ、前線の運動量切れやSBが受ける際の後ろの膨大なスペースが怖い。

ここ、3戦で交替した選手は何れも「プレスに疲れ果てた」前線の選手である。(※初代表の緩和としての内田→加地と怪我の巻は除く)戦術を遂行する為に交代3枠を使ってしまっており、変化を生み出すのが難しい。90分、規定のメンバーで戦える策をとり、3枠は勝負処で使える様にして欲しいものだ。


選手に目を向けてみると、もっとも光ったのは「遠藤」だろう。
自身のいる左サイドから右へボールを動かし、内田を使うも機能しづらい、また内田の後を中澤ではカバーしづらいと見ると、憲剛と位置を交代。右でキープし左の駒野と移った憲剛そして阿部のカバーを生かす。さらに、自身のキックの不調に見切りをつけキッカーも憲剛へ、「悪くても勝つ」戦術眼を見せる姿は名波を凌ぐかのようだ。伊達に「7番」は背負ってない。

「憲剛」と「啓太」を足した三角形もバランスが良い。
3人とも守備面で大幅に気を使うことにもなったが、彼ら3名はこの予選での日本の核になるのは間違いないだろう。出来ることなら「阿部」を中盤に加えて「数的優位」も使いこなして欲しいが…。
そうすれば4点目の「中澤囮で巻」を、「中澤と巻を囮で阿部」という形も作れる。相手の屈強なDFも2枚までなら「阿部」の所で打ち勝てる。

逆に残念だったのが、「高原」か。
得点能力は申し分ないのだけど、彼が流れて大久保が「巻の代わり」というのは…逆ではないか。決してコンディションは悪くは無い、問題はオフザボールの質だろう。守備時はプレスを掛ける、サイドや後ろに流れずに中央で競り細かく掻き乱す、と言った感覚が他の選手に比べて薄い。どうしてもサイドや後ろに大きく流れて一回受け、そこから得点を狙うと言う一本調子が変わらない。得点能力は申し分が無いのだから味方を活かし時には自分も活かされると言う「相乗効果」を生み出せるFWになって欲しいところだ。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-02-10 23:13 | 日本代表  

vsボスニア・ヘルツェゴビナ戦【大柄も小粒感】

こんばんは、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(以下ボスニア)が終わりました。

2-2で引き分けたジーコ時代の代表と比べてみると…、GKのハサジッチと、バルバレスのシュピルフューラーを受け継いだスパヒッチ、交代出場のビディッチ、ブラダビッチ、フルゴビッチぐらいしかいない。
まぁアジアまで連れてこれる選手には限りがあったので、サリハミジッチ、バイラモビッチ、パパツなどは来ていない。更に新人監督が率いる為、チリ以上に小粒感は否めない。
上背はあるが、スピードや技術は東欧の中で最も低いレベルにある為、大量得点を得て、五輪予選の景気付けにしたいところだ。

強さでいうと3~4/10というところ。

【採点】

楢崎正剛:6.5:ピンチを幾度と無く防ぐ。空中戦とポジションの良さは健在。

中澤佑二:6.0:殊勲の先制点。競り合いはやや押し負ける。ファールは仕方なし。
阿部勇樹:5.5:相手の力量を見て攻撃参加も戻れずカウンターされる。
内田篤人:4.0:前線に顔を出すが、精度を欠く。守備を怠りカウンターを招き続ける。
駒野友一:5.0:高い位置を取り、サイドの活性を図るも前に高原がおり苦戦。

鈴木啓太:6.0:釣られる場面もあったが、多くの時間で蓋をし、中央突破をさせず。
中村憲剛:6.5:好調。沢山顔を出し、見事なパスワークでゲームメイクした。
→今野泰幸:7.0:終盤の2得点をお膳立て。反射神経と身体の強さが光った。
遠藤保仁:5.5:展開力は見せるも、ゲームから消えていた感は否めない。
大久保嘉人:6.0:やや疲労が隠せなかったが役割を全う。1Aもフリーは決めたい。
→羽生直剛:--:見せ場無く採点無し。

巻誠一郎:6.0:中央で粘り、張り続けるが、無念の負傷交代。
→山瀬功治:7.0:持ち味を存分に見せ付ける2得点。
高原直泰:5.0:サイドに開き打開しようとするも徐々に失速。後半はクサビになれず。
→播戸竜二:--:採点なし。1アシストも多くの時間をオフサイドエリアで過ごす。

岡田監督:6.5:相手の力量不足もある為、(好成績には出来ないが、若干)前回の問題点の修正に挑む。監督の意思をこなせる交代出場の選手の活躍は今後の采配に生きてくるだろう。


【戦評】
金田氏はやっぱり欧州監督系が嫌いなんだなぁと実感。
場数を踏んだ実況は、分かっていても事実と違うことを言わなければならなくて大変だったろうけど、なんとか盛り上げようと頑張っていたので好感。

OHにセカンドアタッカーを配置し、横パスとバックパスを増やした日本代表。
全体的に技術とスピードで上回る日本がボールをキープ、駒野と内田も高い位置に参加出来、楽勝ムードが漂う。だがやはり相手の3バックを崩しきれない。サイドチェンジを多用するも、受け手が常にSBで有り、逆サイドに寄った中盤が連携することが出来ない。そしてカウンターを受けるという内容。

まぁ、ボスニアは両WBの質が非常に低く、カウンターは拙い感があった。それでもシュートまで持っていかれたことは反省材料だろうが、ここは内田が慣れてくるに従って改善されてくるだろう。(後半は上がるのを抑え気味で良く守ってたと思う。)

2つの奇跡的なセットプレイと今野と大久保、山瀬の個性から3-0というスコアが生まれたが、ボスニアのDFのレベルが低く、参考にならないのは指摘しておきたい。3バックと2DHはほぼボールウォッチャーだった。
ただ2点目のパターンは礎だと思うので、これにFWが絡んでくるよう質を上げたいところだろう。まぁ絡まなかったから播戸のオフサイドは取られなかったんだけど。

後、合宿から模索している「FWのクサビ」は精彩を欠いた感がある。何かしら策が必要だろう。またFWが「消耗品」にっている感も改善しなければいけないと思う。交代枠3だとしたら、FWだけで2枠使ってしまう可能性が高い。普段の対処に1枠しか使えないのは痛い。

タイは合宿に力を入れているので、恐らくボスニアより組織が強い。

「勝って兜の緒を締めよ」北条氏康のこの言葉を贈りたい。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-01-30 23:49 | 日本代表  

ボスニア戦の前に【岡田サッカー深読み】

まぁ、どうしても名残惜しいのですが、岡田ジャパンの未来予想図を深読みしてみます。


①オシムサッカーのオプションにはなるのか?相反しないでやれる部分はあるか?

オシムサッカーと言いますか、戦術の基礎にまず、「相手を知る」「味方を知る」「相手の長所、短所に併せて力を配置する」ってのがあります。(※孫武の兵法ですね^^;)

オシムさんもそれです。
相手の戦い方に併せて、やりやすいフォーメーションに変化させます。
相手が1トップなら2バック、2トップなら3バック、3トップなら4バック、相手が3バックなら1トップ、4バックなら2トップ。そして局面局面で複数vs複数になりやすいように選手を配置。配置する際、お互いの力量も加減して配置する。
相手の守備力が格下なら、両SHに突破力のある選手(大久保、松井、水野など)を配置し、同等以上なら、比較的プレスの網に掛かりにくいSHに技術のある選手(遠藤、俊輔)を配置し、阿部などを使って、数的有利を作り上げる。

この(オシムさんの日本代表)の場合、特に価値が高いのが「どの場所でも活躍できる」阿部と、「時間を稼げる」遠藤。攻守両面でじわじわと「数的優位」が効いていきます。

さて、現在の日本代表のダイヤモンドサッカーですが、「相手を見て」3バックやサイド2枚のフォーメーションに移行するのが物凄く難しい。具体的にチリ戦のメンバーを動かしてみたら解ると思います。

また、選手を密集させて早く細かい縦パス、もしくは中盤を飛び越えての縦のロングパスを、下がってくるFW(クサビ&囮)に当てるので、「数的優位」や「中盤の飛び出し」を作る「時間」が作れない。作れて「トップ下の飛び出し」ぐらいでしょう。必要なトップ下は緩急を付けれる選手(遠藤)や囮となれる選手(羽生)ではなく、足が速く決定力のあるセカンドストライカーということになります。
そうしなければ、チリ戦のように、クサビのFWからもう片方のFWに渡っても「個人技による突破」しか選択肢がなくなってしまいますから。

遠藤はすでに役割の違いに戸惑ってますし、阿部は「別の局面」に参加できません。羽生や山岸も囮になったり追い抜く為の時間が無い。

オプションとして両方を活用したり、相反せずに活かすのは難しいと考えざるを得ません。


②具体的なOHは?将来的にどんな布陣になるか?

前コラムの返答にも書きましたが、OHだけではなくて、オシムのサッカーと岡田監督の「今回している」サッカーで必要になってくる中盤の構成もかなり違ってくると感じてます。

今日までの間に大久保のトップ下が試されましたが、やはりそうすることになったかと言う気分です。それは前コラムで書いた「攻撃面で2つの条件のどちらか」の前者だからです。

縦を意識して繋ぎをすると(ようするに横パスやバックパスをしないと)、SHがFWを追い越す時間は無いでしょうから、パサーのトップ下からセカンドアタッカーのトップ下へ、あるべき方向へシフトチェンジし始めたと感じています。
(※ここは岡田監督の流石のセンスだと感じてます。)

今後ですが、OHのタイプの変化と共に中盤もあるべき方向へ動いていくんじゃないでしょうか。恐らく最終予選の他国とのバランスを考えたら…、

             高原(前田)
        山岸(↑巻) 
               ←大久保(山瀬)
     ■ 啓太(今野)     阿部 ■
         ■   憲剛   ■
    駒野(三都主)           加地(内田)
         水本(岩政) 中澤(闘莉王)
              GK

CWCで優勝したあのクラブのクリスマスツリーが理想的なベースになりそうな気がします。

ダイヤモンドのSH(というかCH)は、どうしても■の部分での数的不利をカバーしないといけない部分がありますので前に進める選手よりも、長短のパスを繰り出せる選手よりも、ある程度の対人の強さと広い範囲でのカバーを兼ね備えた選手。阿部や啓太といったタイプになっていくのではないでしょうか。その分、DHは長短を使いこなせるパサーで釣り合いを取る。
攻撃の中心は相手に攻めさせた後のカウンター…前線の3枚でなんとか3vs3の状況を作って得点へでしょうか。

このシフトチェンジで、3バックにされただけで攻め手が極端に無くなるサッカーより「ある程度まし」にはなるかと思いますが、やっぱ力量が上の相手や、引いてきた相手には苦戦するんじゃないかと思います。負けないけど勝てないと言う^^;

篭城から始まるサッカーと言いますかね…難攻不落の可能性は秘めてるけど、領地は得れないと。個人的にはオシムやトルシエのように野戦で戦える日本代表を期待しているので(出来そうだったので)、篭るのを選んでしまったのはやっぱ納得いきません。

後、要らなくなる選手…なんとなく解りますよね、足が早くないOH系とサイドでの「攻撃」を主武器にする選手です。松井、遠藤、俊輔、小野、水野とかね。よくよく考えたら山岸はちと特殊なんで生き残りそう…。


深読みしてみました、コメントお待ちしてます。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-01-30 10:51 | 日本代表  

vsチリ戦【評価点2がいます。】

こんばんは、2008年の代表戦初戦が終了しました。

対戦相手は、昨年からアルゼンチンの知将、ビエルサが率いるU-24!チリ。
年齢こそは若いが、世代交代を進めながら、規律のあるしっかりとした試合を展開してくると予想できる。対する日本代表だが正直、期待よりも不安が先立つ。先に書いた指宿(いぶすき)合宿のコラムを読んでもらえば解ると思うが、本当に期待が出来ないのだ。


まぁ、とりあえず【採点】からしよう。
相手の強さ:5/10。日本のスタメンのコンディションは一部を除いてかなり良い。


川口能活:5.5:クロス、飛び出しに安定感を欠くも最後の砦は守りきる。

内田篤人:4.5:前線にも顔を出すが攻守に質の低さを露呈、苦しい初陣を糧に。
→加地亮:6.0:攻撃面での関与は少なかったが、右サイドからの攻撃を防ぎきる。
中澤佑二:5.5:良く絡んだが重要な場面で競負け、カウンjターでは取り残される。
阿部勇樹:5.5:持ち味の「数的優位」と「高さ」を守備でしか使えない布陣で苦しむ。
駒野友一:5.5:中盤の守備に絡めず、置き去りに。良いクロスとシュートを放つ。

鈴木啓太:6.0:広い守備範囲と早めの潰しで中央を突破させず。普通の出来。
中村憲剛:6.0:プレスに参加し、前線にパスを供給、無難な出来。
→山瀬功治:--:時間が短く採点なし。
遠藤保仁:5.0:パスは光るも前監督との役割の違いに戸惑い、攻撃のブレーキに。
山岸智:5.0:左右に顔を出すが自身のスペースを見つけられず埋没。
→羽生直剛:5.5:大久保と共にチャンスを作るが、徐々に山岸と同じ運命に。

巻誠一郎:6.0:前線で身体を張り、守りに走り、チャンスも作るが得点には至らず。
→矢野貴章:--:時間が短く採点なし。
高原直泰:5.5:個性は発揮するも得点には至らず。トラップの精度を欠く。
→大久保嘉人:6.0:システム上で最も可能性を見せる。得点は決めたかった。


岡田監督:2.0:2.0はいらないということ。点が取れないサッカーーに終始し、試合を無駄に浪費した。すべての元凶は「この人の方針」にある。1試合見ただけで十分である、役者不足だろう、解任すべき。


【戦評】
「憤怒」という気持ちだ。この監督がいる以上、オシムがやってきたことがすべてリセットされてしまうことが解ってしまったからだ。

4-1-3-2(4-1-2-1-2)、通称、ダイヤモンドサッカー。
サイドアタック全盛期のこの時代に、1ボランチ、中央突破によるパス回しとなにより「圧倒的な個人技を持つFWが2名」いなければ機能しないこのフォーメーションを選んで果たして何が出来ると思っていたのだろうか?

まずはダイヤモンドサッカーの問題点を書いておこう。

4-1-3-2を機能させる為には攻撃面で2つの条件のどちらかが必要である。
それは「強力な2CF」を備えたパサーのOH(+パサーのSH*2)か、得点力に秀でたOH*1(+パサーのSH*2)である。

また、DH1枚、SH2枚な為、彼らは常に背後に気を配らなければならず、必然的に攻めの枚数に参加しづらい。パサーとして前線にボールを供給するか、上がってきたSBに預けることになる。(広範囲を守備できる守備力をもった両SBとOHに英のような存在がいれば、SHは攻めあがることも可能だろうが…。)

また、余程優れた個が揃わない限り、コンパクトサッカーが主流の現在において、2CF、中央OHというのは前線中央に過密状態をもたらすので「追い越す動き」や「逆サイドへ斜めに走る動き」は作りづらい。(※元々ダイレを意識しすぎるとSHが上がっていく時間は無いけど…。)

攻撃パターンとして、CFの片方が下がり、クサビとなることで、
1、CFが元々居た所にスペースを生み出しそこにOHが走り込む。
2、もう片方のCFに受け渡し、もう片方のCFが1,2枚抜いてゴールに迫る。
3、SBが上がり、ボールを外で受け取り、クロス。(対応できるのはもう片方のCF1枚)
4、クサビとなったCFが個人技でそのまま持ち込む。
5、クサビとなったCFがファールを受けて、FKのチャンスを得る。

ただし、SBが上がると、上がったSBのスペースを埋めれるのは「同面のCBだけ」になるので、カウンター前に「同面のCB(同面のSBへ)」「逆側のCB(同面のCBもしくはそのまま)」「1DH(CBもしくはそのまま)」「逆側のSB(逆面のCBもしくはそのまま)」「逆側のSH(逆面のSBもしくはDH)」と其々がポジションをカバーしなければならないのでタイミングが非常に難しい。

よって「3」は多くは使えないし、使ってもCF1枚だと限界がある。CKも得づらい。
また「1」も今回は遠藤なので、効力を発揮しづらい。
攻め手は「2」「4」「5」ということになるが、相手は3バックの1SW。相手の質が下だとしても非常に分の悪い戦いになる。

そして前代表にて、その才能を開花させている「阿部勇樹」、彼は今回1DH、2CBのCBに割り当てられた。3バックの一角や2DHの片割れなら彼の参加により数的優位を確立できるが、今回だと持ち場を離れることは出来ない。彼の才能は活きない。
勿論、羽生や山岸といった才能も攻撃面での才能を発揮しづらい。オシム時代に発揮した彼らの才能は、この窮屈なスタイルでは10か20%ぐらいしかでないのじゃなかろうか?

何故今までのサッカーを煮詰めていかず、180度違う戦い方を選ぶのか?
ライバルはチリ戦を研究してくるだろう。3バックを敷けば日本の攻撃は封じ込められると確信するはずだ。また、簡単に両サイドからCKを得れると理解するはずだ。
力量が下の相手は3バックを敷いてくるはずだ。また互角や上の相手は徹底的にサイドを突いてくるだろう。指揮官の戦術眼は取り返しがつかない方向を向いていると思われる。

選手交代についても、消耗した部分を入れ替えただけ、なんの策も無かった。

1戦見ただけで十分である、指揮官は解任されるべきであろう。

追伸:ビエルサが選手交代をしなかったことについて。ようするに交代しなくても良いサッカーを展開できていたと言うことである。日本は脅威ではないと言うことを敵の指揮官の采配で確認できる。この試合を見て「もうやる価値が無い」とまたマッチメイクがし辛くなる気がする。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-01-27 19:02 | 日本代表  

岡田監督で本当に良いのか?【指宿合宿を顧みて】

こんにちは、先日、蹴導が居る鹿児島、指宿合宿が終了しました。

31名居たメンバーは今回の合宿で「まず」25名に絞られることになりましたが、選手の名前は皆さんご存知のメンバーばかりなので今回は割愛させていただきます。

外れた6名も、これから外れるであろう7名も、他の多くの日本人選手達も可能性が0になったわけではないし、たまたま事情で今回はって事もあるんで、不屈の闘志で其々のクラブで再チャレンジして欲しいと思います。

さて、選手たちのことも気になるけど、それよりも気になるのが監督の手腕とこの合宿の成果です。うち(鹿児島)の副知事が「スターとして頑張って欲しい」という見当違いなエールを送ってしまったのはおいといて…、まぁこれもこの後のことも鹿児島人として非常に申し訳ないことなんですけど、果たして決して全国上位ではない「鹿屋体育大」や寄せ集めの「九州学生選抜」で日本代表の練習試合の相手が務まったのだろうかということ。

2つの練習試合を通して、岡田監督が(特に1本目メンバーの)戦術理解度に不満を漏らしているということだったが、果たしてかのチーム相手で何が理解できたのだろうか?

日本代表のレベルを見ればわかるが、1~3本の特に2本目、3本目のメンバーは大学生相手なら「個人技だけで抜いていける力」や「身体を当てられてもボールをキープできるだけの強さ」を持ったレベルの選手揃いである。

これで点を取ったから抑えたからといって「攻守に必要な選手が分かった」と判断するのは難しいだろう。そもそも「攻守に必要な」の「攻守」は「攻・守、それぞれに」なのか「攻守両面で」なのかもよくわからない。
日本サッカーを進化させるにあたってやはり組織の力を高めることが肝要だと思う。であれば、後者として捉えてくれればと思うが、次の?によりそれが取り上げづらくなってしまう。

1回目の4-1-2-3は前線の3名のイマジネーション、とりわけ両WGの個の力を基本とした個の力が大事になるサイドアタック重視(&中盤の運動量、守備陣の個)のフォーメーション、そして2回目は4-1-3-2という流動性を作りづらい、やはり其々のポジションで個の力が大事になってくる中央を意識したフォーメーション。

オシム前監督の流れで上乗せをするなら、4-2-3-1(4-2-1-3)、もしくは3-4-1-2(3-2-3-2)をベースに動きの質をチェックするものだと思われるがそうではなかった。

ようするに、オシムのやってきた数的優位を作り上げる組織を考えたサッカーに適した人材のチェック、指導ではなく、岡田監督の考える、個人技を際立たせる相手による、各ポジションのスペシャリストを確認できる布陣というコトになる。

元々岡田監督は組織力より個人のスペシャリストを重宝する監督である。私個人スペシャリストとポリバレント、数的優位を作るサッカーが相反するものだとは思っていないが、相手と選んだフォーメーションを見る限り「攻・守それぞれで使える」選手を「見極めた」感が強い。

杞憂で終わって欲しいが「オシム監督が残したサッカー」はもうリセットされ始めているんではないかと思ってしまう合宿であった気がしてならない。本当に岡田監督でよいのだろうか?

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2008-01-25 12:01 | 日本代表  

岡ちゃんが代表監督に就任か?

U-22の戦評、未だにアップしておりません。
楽しみにしている方ごめんね、12月まで余裕が無いかもしれない…^^;

さて、オシムさんの意識が戻ったということでホッとしてます。
順調に回復して、早くサッカーが見れるようになることを祈ってます。

代表監督の後任ですが、協会側は岡ちゃん一本で行きそうですね。
ただ、岡ちゃんは「辞退」するんじゃないかなぁ…。
優秀な監督ではあるけど、自身の力量と日本人の監督としての重さは誰よりも分かっていると思います。
オシムの路線を継続できないことは本人が一番分かっているはずだし(※1)、マネジメントスタイルも大きく違うし(※2)、今回のことをチャンスと思う「野心」ももう残って無いんじゃないかなぁと思ってます(※3)。

※1:特にSBの選び方。オシムは運動量と機動性、岡ちゃんは体の強さと守備力。攻撃に関しては得点感覚や守備での貢献より、攻撃に特化した身体能力の高いFWを好む。(ウィルとか久保ね、守備はしない。)
※2:オシムやトルシエは多くの選手を呼んで競争させるタイプ。総じて層が厚くなり、世代交代もしやすい。問題点として監督の仕事が増える。岡ちゃんはジーコと同じで固定して戦うタイプ。15人なら15人のみで戦術を練る。残りは控えとして線を引く。
※3:野心。ここが一番重要かも。新しいことを試したいとか、更に発展させたいという気概と自身の保身を考えた時に、岡ちゃんはもう後者を選ぶんではなかろうか、98予選や本大会で代表監督とその家族の辛さは感じていると思う。

受けて成功する可能性も無いわけではないから、やってくれるならそれでもいいけどね。

ただね、オシムさんがもし倒れた時のことを自分は書いているんだけど、
日本サッカー界が大好きな人、一人いるでしょw
常に野心持ってて、進化させてやるって言う気概を持っている人が。
もう就任した瞬間からマスコミにとっても話題に事欠かなく楽しくてたまらない人がw

「ムッシュ、トルシエ(笑)」

最近はオシムさんのサッカーにかなり傾倒してて、さらに日本人選手について常に調べ続けてる。ライバルである「中東にも詳しい」。
本人もすごくやる気だし、(ジーコクラスの年某を吹っ掛けるかもだけど)今を乗り切るのに適任でないのかな?
もう一度、トルシエのサッカーを見てみたいのだけど…え、KYですか?

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-11-28 20:09 | 日本代表