<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

サガン鳥栖

またまた辛口な長編コラムです。
蹴導の愛情=辛口ってことでご理解を♪

今夜はサガン鳥栖についてです。

佐賀のチームという意味と、
砂岩((小粒な砂でも集まればきっとやれる)という意味で決まったこの名前。
ユベントスをモジったわけではないですよ、たぶん。

立地条件でいいますと、ほぼ100点。
プロビンチャの中では最高の条件です。
九州の西南北が集う鳥栖駅から100mぐらい?に、
ドーーンとそびえるサッカー専用の屋根つきスタジアム。
ハード面において言うことはありません。

ただこのチームは設立当初(鳥栖フューチャーズ)から、
昨年のサガン鳥栖まで、チーム存続の危機に幾度も遭遇するという、
辛い歴史も背負っています。

今年は、新社長と超ベテランの監督を擁し、
なんとJ2、4位という好成績を収めました。
マスコミ各社は、やれ社長のおかげだと、
やれ監督のおかげだと浮かれております。

ここであえて私は辛くすっぱく言いたい。


もう何年か前のことです。
ある昼下がり私は鳥栖の地に降り立ちました。
ただ単に鳥栖のグッズを買いたかったのですね。
近くのデパートやスポーツ用品店を回ります。
3時間ほどぐるぐると…
…「ありません」「ないよ」「知らない」そんな答えばかり返ってきます。
スタジアムはすぐ傍なのに…何処にも置いてないんです。

途方に暮れて、近くのセブンで聞いてみました。
すると店員が…「ちょっと待ってて」と慌しく店長を連れてきました。
何事?と思いながらも、「(グッズが)あるとこに連れていこうか」とのこと。
頷く私を、仕事中にも拘らず店長は車に乗せてくれました。

道中話を聞くと、
店長はサガン鳥栖を撮り続けているフリーカメラマンとのこと。
いい趣味をお持ちで…。
また何度もの経営不振で多くの企業に被害があり、
サガン鳥栖の評判が良くないことを聞かされました。
お店の露骨な態度の理由が分かり、悲しさがこみ上げてきました。

車が止まり、付いた先は、

…閉店してからかなりの月日を感じる閑散としたスーパーでした。
まるで廃墟…いや廃墟です。
奥の一室で数名の従業員があくせくとし仕事をしていました。
店長が従業員に話しかけます。
「グッズまだある?欲しい人がいるんだけど。」
従業員みんなが驚いて立ち上がりこっちを見ました。
ちょっと気圧される私…。
「はい。あります、あります、ちょっと待ってて」と女性の方が案内してくれます。

移動しながら店長が私に教えてくれました。
「ここ鳥栖の事務所なんだ。いまこういう場所しかなくて。」
「!!!!!」
華やかなJの色に染まっていた私は驚愕の事実を知らされました。

「今これくらいしかないけど…」
と、従業員の方(今思うと社長だったのかもしれません。)が、
在庫僅かのグッズを見せてくれました。
購入してちょこっとおしゃべり
(…よく覚えてないけど頑張ってくださいって言いまくってた気がする。)
をした後、店長の車で帰路に着きました。

「正直、この町の人は(サガン)鳥栖を愛していない。
でも、いつかこのチームに誇りを持てる日が来ると思うんだ。
それまで俺たちは応援しながらみんなで頑張って盛り上げていきたい。」
帰り際の店長の言葉に、涙ウルウルの私でした。


現在に戻ります。
今までにない観客動員数、今までにない順位、
J1に後一歩と迫り手応えを掴んだ人々、盛り上がるのは分かります。
喜ぶのは当たり前です。それはいい。
でも言いたい。おかげっていうのは止めてくれ。
どんなに辛いときでもチームを愛して、
残し続けるために頑張ってきた人々がいるんです。
頭の片隅でいいから残しておいて欲しい。
希望の火を絶やさずに燃やし続けてくれた人々のことを…。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-31 00:54 | サッカーコラム  

頑張ります(土下座)

知人らから早くここを書けとご指摘を頂きました。
…来年には書き始めると思います。
今年はサッカー書かせてw
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-30 01:00 | 信オン風雲録  

超長文…2006W杯を振り返って。

2007年を迎えるにあたって、どうしても年内に書いておきたい事がある。
2006W杯ジーコジャパン…である。敗因は何だったのだろうか。


JFAではコンディション不足とフィジカルが弱いという見解を提出したが、
敗因はもっと別のところにあると感じている。
Jリーグが始まり受け継がれてきた代表の特徴。
(その先の時代もあるが急速に伸びたのはここからなので…。)
以下の点が日本の特徴だと、日本的なサッカーだと感じている。

前線から守備を怠らないFW:カズ、中山、城、森島、鈴木、柳沢など。
中心となるカリスマ:ラモス、名波、中山(2箇所ノミネートw)など。
視野の広いアンカー:田坂、伊東、山口、戸田など。
豊富な運動量のバランサー:北澤、本田、明神など。
果たしてこれらの日本代表の特徴が受け継がれていたのだろうか?

踏まえたうえで問題を検証しよう。
WBからコンバートされた三都主の裏が一般的に穴と賑わせていたが、
そこが一番の問題点ではないと思う。
サッカーは良いときほど弱点、物足りない部分を見つけやすい。


【問題点1:スペース】
話は2005年のコンフェデ、ブラジル戦に遡る。
2-2のドローで惜しいと呼ばれたあの試合だ。
数分戦っただけで日本の問題点に気づいたのだろうか。
ブラジルの攻撃パターンはある地点からの3つの派生が見られた。

まずDHとCBの間でカカーがボールを持つ。
中沢が出てきたらサイドに散らし、クロス。
宮本が出てきたら裏にFWが走り、パスを受ける。
両方出てこなかったら、そのままミドルシュートである。
この試合、カカーはフリーのミドルを外しに外しまくる。
もし外さなかったら2-6ぐらいの試合になっていただろう。

2006年のW杯もケーヒル(豪)にジュニーニョ(伯)に、
このスペースを使われまくることになる。

ジーコジャパンの最初の問題点は、
DHとCBのスペースが空くこと(ここを抑える意識の欠如)であり、
それは最後の試合まで改善されなかった。
対処法としては、全体的に下がる、もしくは高いラインをキープして、
中盤をコンパクト(各選手の距離を近くすること。)にする。
CH2枚ではなくバランサー2枚、もしくはアンカーを置くなど。


【問題点2:疲れ】
日本の特徴に戻ってみる。
最後までボールを追いかける、最後までプレスを怠らないFW。
日本人の美徳に近いこういう選手はファンの心を掴むし、
そういう選手が歴代の代表に名を連ねた。
ただFWのスタミナは無限大ではない。
コレを効果的に活かすにはFWの行動エリアを狭める必要がある。
そう、ラインを上げればFWの行動範囲は狭まる。
だがラインを下げて戦うことを選択すると、
その分FWはゴールに向かって長い距離を走ることになり、
想像以上に早く消耗してしまいその力を活かせない。
日本のFWを活かすにはラインを上げなければならない。
何故ジーコジャパンの選手があんなにも早く疲れたのか?
単純にラインが下がった分、
今までの代表より選手の走らなければならない距離が増えたからである。


【問題点3:アンカー】
1,2の派生だが例外もある。
1997年のジョホールバルを覚えているだろうか。
あの試合もジーコジャパンのようにコンパクトなラインを捨てて戦っていた。
案の定、FWは最後まで持たず二人とも(正確には3名)交代をする。
しかしあの試合は勝てた。何故か?MVPを考えれば分かるだろう。
1点目の中山?2点目の城?決勝点の岡野?いや違う。
MVPは多くの味方が前線へ駆け上がる中、
イランの怒涛のカウンターをアンカーとして、
的確なポジションで何十回と止めた山口素弘だろう。
山口の系譜を感じさせる選手は今回の代表には存在しなかった。
2002年は…これは後々書こう。面白いデータがある。


【問題点4:チーム】
ある中盤の選手達は、
お互いが前に行くタイプであるがために併せない相方を嘆き、
ある主力CBは体調不良の主力選手を出さないでくれと直訴する。
サブの選手は出番がないだろうと諦め、また俺が出ていたら勝ったと嘲った。

果たしてこのような光景が4年前、8年前、12年前にあっただろうか?
ラモスがいたら化学変化を起こしてくれただろう。
ゴンや名波、秋田や小島がいたらみな落ち着けただろう。
しかし指揮官は前者型を嫌った。
監督のすることに口を挟んでくるのが目に見えているからである。
戸田、松田、そして闘莉王これらの選手は外され、また呼ばれなかった。
松田に関しては、監督の言葉で逆切れし、監督が呼ばなくなったとも聞く。
後者の選手達が選ばれなかった理由は分からない。
だが、アジア予選で率先して魂を訴え続けたのは三浦淳宏であり、
選手の兄貴分だったのは藤田俊哉である。

チームをまとめれる選手は重要である。
前監督トルシエが23名を選んだ時の言葉を覚えているだろうか。
「最高のチームとしてこの23名を選んだ。~
…試合に出るチャンスが少なくても貢献できる選手が数名。」
テストの末、最終的に市川と明神との競争に敗れた波戸の番号と、
セットプレーを確認するテストマッチで、自分でシュートを狙い、
指揮官の怒りを買った中村の番号は、経験豊富な秋田と中山が背負った。
経験豊富な彼らは、
意見を出し合い昇華しなければチームにならないことを理解しており、
実によく喋っていた。
かくしてチームとなったチームは予選を突破した。
また素晴らしい雰囲気はDVDにもなった。

今回の代表はDVDになれるだろうか?
GKの3名だけは、2名が98年の小島選手の背中を見ていたこともあり、
意識は高いように見えたが、
前回のW杯で自信をつけた、
私と同世代の79年組は思うように出番をもらえず腐っていたように見えた。
チームの精神的支柱となれる存在や、
チームになにかしら活気を与える存在を、
カリスマ中のカリスマである指揮官が選ばなかったのには疑問が残る。


この4点が大きな問題点だったと、
ようするに日本らしいサッカーから最も離れていた代表であったことが、
敗因だったのではないかと思う。
偉大なるジーコは偉大すぎて、
自分の後ろで自分を自由にさせるためにせっせと敵を引き止めていた、
トニーニョセレーゾに気付いていなかったのかもしれない。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-30 00:50 | 日本代表  

第85回 全国高校サッカー選手権

チャチャーチャララ 
  チャーチャチャーチャラララ~♪←テーマソング

冬といえばやっぱコレ!
全国高校サッカー選手権(&天皇杯)、
今年もこの濃密な2週間がやって参りました。
12/29日天皇杯準決勝、
30日高校選手権(以下選手権)開幕戦、
31日選手権1回戦。
元旦天皇杯決勝、
2日選手権2回戦、
3日選手権3回戦、
5日選手権4回戦、
6日選手権準決勝、
8日選手権決勝。

極楽^-^

今年は生で見れます。
関東来て良かった~と思いつつも、年末も年始も休み少ないのですが。
ま、三ツ沢の2回戦、3回戦、計4試合見てきます。


さて肝心のトーナメント表ですが…
優勝候補が左のブロックに偏ってます(--
特にAブロックはw
昨年の覇者滋賀の野洲(ヤスですよ~ノスって読まないように)、
栃木真岡、宮崎鵬翔、千葉八千代、長崎国見、なんですかコレw
しかも野洲包囲網に見せかけて、野洲以外が潰し合う…。

なんだかんだでベスト8予想
A野洲 B福井の丸岡 C愛知の中京大中京 D兵庫の滝川第二 
E予測不可能… F静岡の静岡学園 G石川の星陵
H(本命は大阪朝鮮だけど)期待をこめて鹿児島の神村学園

タレントの揃っている野洲、滝川第二が優勝候補かな。
個人的な大穴(失礼な言い方だけど)、
丸岡と星陵もいい選手が揃ってると思います。
中京大中京は選手権の顔、伊藤選手を要しているので奮起を期待。

とまぁ予想したけど予想通りに行かないのがサッカーの面白さ。
強豪高には強豪高の新鋭には新鋭の辛さが色々あるだろうけど、
選手の皆さんががんがん挑戦して楽しんでくれることを祈ります。

個人的に気になる選手は、
丸岡の棗選手と静学の杉浦選手、
あと初戦が野洲で活躍が難しいだろうけど真岡の中山選手。
全員三ツ沢で見れないのが残念、
あ、富山第一の高橋選手は見れるかもしれないナ。
オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-28 10:31 | 高校サッカー選手権  

海1行って参りました

先日、武田の方々数名と野良徒党で海1行ってきました。

リーダーシップのある鉄砲鍛冶の党首さんがいたおかげでのんびりまったり。

いままでのボス戦は、踊り→気合呪霧、なんてパターン多かったので、
気合3を使っていましたが、
今回はあんまりないみたいだったので話し合った上で、気合4実装。
こう足りないトコをカバーしあって細かく修正していく雰囲気、最高ですね。

選んだ実装は、気合4、天恵、神祐、子守唄、天罰鏡面1、
禊、気合吸収、詠唱3、全体解呪2、援護射撃。
最低限の技能を選択しながらなるべくヘイトとらない方法を選択。
ただ旗のヘイトだけは常に超えようと意識してました。

結果を書くと、ジャブはなんとか倒せたもの、海王に大苦戦。
「貴様の通ったところは我々が2000年前に通過したところだっ!」
と言ったかどうかは不明ですが、
旗に抜けたりで5回ほど敗北、意識したのに手が回らない、駄目だ~
…一部以外のバー忘れてるし、ヘイト調節まったくできてませんでした。

でも度々修正しあってなんとか倒すことに成功。
徒党のみんなありがとう。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-27 19:57 | 信オン天翔記  

好敵手! 横浜F・マリノス編

関東地方、ここはやはり横浜ダービー以外選べない、そう相手は横浜F・マリノス。

トリコロール色に包まれたオシャレで洗練された港街のイメージ。
中華街や浜風、坂の町を連想させる同じ地域のベイスターズ、横浜FC、そしてフリューゲルスとは違った上品なイメージのあるチームだ。
メインスポンサーのロゴ(NISSAN)のオーラがまたそれを引き立たせる。

左サイドのブラジルトリオ(…確かブラジル)。
引退した選手まで含めると歴代の日本代表のCBがずらりと並ぶ強固なDF陣。
中盤にも代表で見たことのある選手たちが並び、前線には日本トップクラスの身体能力を誇る久保が構えている。
そして吸収合併されたフリューゲルスの選手たち。
隙のない強力なチームだ。


試合は、夜の日産スタジアム。SWシステム、ドイスボランチの3-4-1-2で挑む。
試合時間15分、プロフェッショナル。


                結果は…

 得点 1-0 : 得点者、36分大島 : 決定機 2-2
GK 楢崎 5.5
SW 手島 5.5
左CB 辻本 6.5
右CB 波戸(C) 7.0
DH サンパイオ 7.0
DH 瀬戸 6.0
左WB 三浦 5.5
右WB 田中 5.0
OH 遠藤 6.0
左CF 坂田 5.5
右CF 大島 6.5

井上 6.5  (←波戸:73分)
吉田 6.5  (←大島:73分)
松井 -.-  (←三浦:82分)

お互い2トップを3名で見れるので、手堅い勝負になることは予想していました。
案の定チャンスが生まれない(単に下手なだけだが…)。
前半36分、左サイドでキープした三浦から決定期は生まれる…ドリブルで一人かわすと同時にS1(セミオートでしてます)予め設定しておいたフォーメーションA(同じシステムでFWの位置だけが入れ替わる)に切り替わる。
ポジションチェンジでフリーになった大島が受け、DFを反転でかわし決勝ゴール。

何とか1点はもぎ取ったがそこからが長い。共に決定期を作れず、後半73分に2名投入。
4-2-3-1にフォーメーションをチェンジし辛くも逃げ切りに成功した。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-26 22:35 | ワールドツアーモード  

杜の都、ベガルタ仙台編

記念すべき第一試合目。試合時間15分、プロフェッショナル。

北海道、東北地域から、伊達政宗と牛タンで有名なベガルタ仙台。
チーム名は琴座のベガと黄金鳥ガルーダ(鷲なのかな?)をもじった天の川の街らしい名前だ。

サポーターもキラキラしててちょっと光ゲンジ(こらw)…ノスタルジックな空間に浸れます。

しかしメンバーはというと、ロペス、ボルジェス、チアゴネーヴィス、リャンヨンギと高い個人技を持つ攻撃的なチームだ。決して侮ることはできない。


試合は、晴天。お馴染みのSWシステム、ドイスボランチの3-4-1-2。

                結果は…

 得点 2-0 : 得点者、18分大島、78分吉田 : 決定機 4-2
GK 楢崎 6.0
SW 手島 6.0
左CB 瀬戸 6.0
右CB 波戸 6.0
DH サンパイオ 6.5
DH 山口(C) 7.0
左WB 三浦 6.0
右WB 吉田 6.5
OH 松井 6.0
左CF 大島 6.0
右CF 田原 6.0

岩下 6.5  (←波戸:80分)
前園 6.5  (←山口:80分)
久保山 5.5  (←田原:80分)

会心の勝利!! 見事な完封白星発進。

前半18分にアーリークロスのこぼれ球を拾った大島が豪快にミドルレンジから、先制!
後半78分には田原がポストとなり落としたボールを右サイドから上がってきた吉田がシュート、流れの中からの2点目で試合を決定付けた。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-25 02:38 | ワールドツアーモード  

Jリーグビッグ7

後々2006年のJリーグについて、
蹴導なりの見解を書く予定ですが、今回は別視点で。
Jリーグはまだ若いリーグですが、現在の31チームについて、
私なりの格付けというものがあるので発表したいと思ってます。


チームが強くなるには、
サポーター、選手、監督、地理、フ
ロント、経験、運、など様々な要素がありますが、
その中でも私がもっとも重要視しているのが、地理とサポーターです。
何年もその地にあるチームですから、
これらの先天的条件はチームが伸びる目安になります。

というわけで期待の格付けです。


1:大都市近郊地域:
限りなく大都市に近いがベッドタウンなので自信が持てなかった地域です。
多くの熱いサポーターとスポンサーに恵まれる。
私はこの7チームをビッグ7、今後のJリーグの核になる、
数年後に優勝争いに絡むべきチームだと思ってます。以下の7チームです。

大宮アルディージャ、浦和レッズ、柏レイソル、
川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、横浜FC、ヴィッセル神戸。
横浜は半大都市だけどね。


2:大都市:
人口やスポンサーが圧倒的に優れているが、
何かと誘惑が多くサッカーに情熱を注ぎづらい地域。
降格はないが(一部ありますが…格付けとは別の要素が…ね。)
優勝するほどサポーターに恵まれていない。以下の5チームです。

FC東京、東京V1969、名古屋グランパスエイト、ガンバ大阪、セレッソ大阪。

3:都:
各地方の古都、もしくは中心と言われる地域。
スポンサーはそれほど恵まれていないがサポーターを集める力はある。
また同地方のチームには負けられない宿命。以下の5チームです。

コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、アルビレックス新潟、
京都サンガ、アビスパ福岡。


4:プロビンチャ(地方都市):
地方の地方にあるおらが町地域。
大勢のサポーターや大手のスポンサーに恵まれづらいが、
熱いサポーターには恵まれるだろう。
その他の要素によって昇格や降格を繰り返す。以下の14チーム。

モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、鹿島アントラーズ、
ジェフ千葉、ザスパ草津、湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、
清水エスパルス、ジュビロ磐田、サンフレッチェ広島、徳島ヴォルティス、
愛媛FC、大分トリニータ、サガン鳥栖。


と、まあこんな感じでそれ以上の結果出してたらよいチームと感じています。
いまのとこ例外もありますよ、
すでにリーグ優勝経験のあるチーム、古参からあるチームです。
この経験という遺産はしばらくは薄れないと思います。
ただ、過去にあぐらをかいて経営失敗だけは、もう…して欲しくないですね。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-24 02:46 | サッカーコラム  

移籍しました~。

たくさんの方、推挙すぐにくださってありがとうございます。

1stを武田に、2ndと6thを織田に移籍させました。

1年近くお世話になった足利からなぜ移籍したか?とのことは、追々【信オンタクティクス】にて書いていくとして、なぜこの国々を選んだか、ということに関して記載します。

長年遊んできて、気楽に喋れる知己が本国、同盟国共に多いからというのが一番かもしれません。他の国々にもいないわけではないんですがね。

しかしまぁ、俺ほど武田の紋が似合わない人もいないなー…と思いながらも、この紋を背負って頑張っていこうと思ってます。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-24 01:39 | 信オン天翔記  

藍の神主 麺導

まず前置き1…。
いきなりリアル話ですが、
生活上、外食やレトルトに頼ることが多いです。
仕事>ログイン>寝る>仕事>…なので。
ぶっちゃけ、つくるのメンドイのです。
ただ元々料理屋の倅であったせいもあって、
それなりの味は作れるし、また庶民的グルメでもあります。

前置き2へ…。
福岡時代も、愛知時代も、横浜の今も、
蹴導は美味いラーメンを求めて日々彷徨い続けています。
ベースの好みははとんこつ>>しょうゆ>しお>みそってとこ。
とんこつにはキクラゲか高菜、しょうゆにはシナチク、
しおには野菜、みそには野菜とコーンが入ってないと燃えません。
正直、ラーメンは福岡が無敵です。
一蘭、長浜屋、一風堂、この3種に勝る味はない。(言い切るなw)
…次点で鹿児島にくろいわってトコがありますが。もやしが美味しい♪
関東、横浜も1年で50件は回ったのですがね~。
山頭火(関東じゃないし)は美味しかったかな。

やっとで本題…。
最近食べた【ご当地カップ麺】(カップ麺かなりお世話になってます♪)
でイケルのがあったので、紹介&ご報告です。
値段は300円前後でコンビニで発見しました。
【久留米ラーメン、龍の家】これホント美味いです。
今まで蹴導ランキングでは、
サンポー(地方メーカー:九州)の高菜ラーメンが、
不動の1位だったのですが牙城を崩しそうな勢いです。
来春に鹿児島に戻るので、道中、本家に行ってみようと思ってます。
みなさん、買ってみてください。蹴導の味覚だと思って!(嫌な表現だ。)


ついでだから好きな食べ物と嫌いな食べ物書いておきます。
好きな食べ物:
お茶漬け、チーズカレー、ラーメン、天むす、虹鱒、鮭、カンパチ。
嫌いな食べ物:
おかゆ、らっきょう。

よろしく。
[PR]

by awi-syuwdow | 2006-12-24 01:28 | 趣味を語る(オススメ編)