<   2007年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

五輪アジア予選 vs香港(超辛口w)

今回は、コラムから。

まず、香港にとってはアンラッキーだった。
何がアンラッキーかというと、
跳ね返った場所が悪くて2点取られたということだ。
結果は、3-0だが1-0、もしくは1-1と見るべき。
この試合を見出しにすると、「香港惜しくも金星ならず、善戦」だろう。

日本の選手と香港の選手の実力は、雲泥の差が有る。

しかし、本当に日本はレベルが上のチームなのだろうか?

前半は、格下の香港相手にほぼ5バックに押し込まれる。
CBは両サイドのWBにしかパスを出さず、
受けたWBは3トップにロングボールを放り込むのみ。
理由としては、サイドで数的優位が作れないこと、
受けたボールをプレスが掛かった状態でも戻そうとしないこと、
中央で一度受ける選手がいないこと、が上げられるだろう。
このうち2つは、システムの問題なので、
監督が考え方を変えない限り難しいだろう。
蹴導としては相手の逆サイドのSBを内側に寄らせることが出来る、
サイドが2枚あるシステムで戦って欲しいのだか…。

テクニックは勿論、
フィジカル面(パワーやスタミナ、スピード)でも大きく劣る香港は、
後半は選手交代でなんとかやりくりをしようとするも、
実らず中盤に大幅なスペースを作る。
後半入った家長や増田はやり易かっただろう。
ボールの収まりどころが出来たため、
ロングボールが減り、ショートパスが増える。
香港が弱かった為だが、前半2テンポ遅くさせられた動きが、
後半は1テンポだけ速くなった。もう1テンポ欲しかったけどね。

遅さを感じたのは、次の2つのシーンが象徴的だ。
1つ目。
本田のショートコーナー、中で一度受けて本田がへ戻る、
本田が水野へバックパス、
相手のOHを引っ張った水野が中央フリーの選手へパス。
中央で受け取った選手が、中を見て、
相手のDHが寄せた為、中へフライのパス。
…ちょっと待てw
「中央でフリーで持った選手」が何故パスを選択する。
何故、その時点でゴールの空いているところへシュートを狙わない。
狙えるときに狙わない、ここに遅さを感じる。

2つ目。
これもサイドからなんだけど、サイドを抜けてクロスを上げるシーン。
何故か切り返す両サイド…何故か切り替えして苦手な足でクロスを上げる。
別に逆足で上げるのは良い、三浦淳宏クラスならね。
切り返すことで何が起きるかというと、FWがタイミングを逃すということだ。
FWが飛び込んで点を取れるタイミングは少ない。
サイドのランに併せて、相手DFの裏を取り、
そこにクロスの「精度」が合ったときのみシュートは生まれる。
一度飛び込んだら2度目は起きにくい。切り替えしたらタイミングを失うのだ。
3トップを採用しているのに3トップすべてが囮になってしまう。
後から飛び込むCH2枚にはタイミングが合うだろうが、
中が混雑している上、失敗後のカウンターのリクスも伴う。
一番不味いのは、ランをする選手が多くてバテてしまうこと。
前半で退いた李、交代したカレンだけではなく、
水野、本田、平山、梶山といった選手は後半消えてしまっていた。
まぁ、相手も弱かったから、
強引なドリブルからのラッキーな点が生まれたけどね。

次の試合では
「タメを作ること」
「フリーでは打つこと」
「クロスはFWに合わせる為に上げること」
この3点に気をつけたらもっといいゲームが出来ると思う。

今日の試合は6-0で勝てる相手でしたね。

では、評価。
平山 5.5 巧みな先制点を挙げるも、それ以外は沈黙。
李 5.0 徐々にフィット。良いところで交代させられたのは残念。
→家長 6.5 多彩な動きで相手を混乱させ、相手を釣りまくった。
カレン 5.0 平山をアシストするも持ち味出せず途中交代。
→増田 6.0 ボールを捌き、積極的にシュートを放つ。
本田 4.5 苦戦の原因その1。不用意なファール。FKも精細欠く。
水野 4.5 苦戦の原因その2。ラッキーなアシストもそれで得るものは少ない。 
梶山 5.0 1得点も殆どの時間でゲームから消えていた。
青山敏 5.0 チグハグなポジション取り。パスを通され、ファールも多い。
水本 6.0 相手が止まった時間を見て果敢に攻めあがり、守備を混乱させた。
伊野波 5.0 たまたまオフサイドで危機を回避。今回は統率力に欠けた。
青山直 5.5 及第点。複数の相手を見失わずマークを完遂。
松井 5.5 不用意なバックパスの原因を作るも、ポジショニングは良い。

(誰と交代したか不明…ポジション的には本田だが…。)
→上田 -- 10分程プレー、何をしたか分からず。点付けれません。

反町監督 4.0 交代策が実った…とか言えない。
本人は、「選手にアグレッシブに戦って欲しい。勝利より育成が大事」といい、
このシステムを採用しているそうだが、それならば監督は要らないだろう。
誰に言われたか分からない、1選手の為だけのシステムは良いとは思えない。
新潟で見せた多彩なシステム、活かし方を持った監督である。
反町監督なりのシステムを出してほしいとこだ。それで選手も伸びると思う。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-28 22:50 | 日本代表  

第8話:修得の日々&合戦開始。

率先して党首をする蹴導だけど、勿論斉藤の為だけではない。
気の合う友達と遊ぶのはそれだけで楽しいからね。
たくさんの人と知り合った結果、徐々に仲の良い友達も出来てきた。

木材採集でよく話をした侍の小林さん、
β2時代の知人と同じ名前の高橋さん、
堕落神主退治で知り合った、
える、柊さん(柊姓は斉藤にたくさんいた^^;10名ぐらい)、
○ッキーの法蓮さん、鍛冶屋のはすみん、
稲葉の西の山で知り合った、蘆屋さん、ナタデココさん、辻村さん、
山賊退治で知り合った、超電導さん、きゃてぃ。
「/楽しむ」でいつも徒党を明るくしてくれた千石さん。
他にもたくさんいるんだけど、ホント多くの方と楽しい時間を過ごせた。

稲葉の狩りが美味しくなくなった頃、越後へ遠出するのだけど、
嬉しい再会もあったよ。
上杉に所属していたチェルシー、鼠さん達との再会だ。
(姉御だけは織田だったけどさ…)みんな元気そうで良かった。
たくさん遊ばせてもらった。
遊ぶ時間は、姉御が一番長かったかな♪ありがと。

この頃、織田家にも知り合いが出来る。
美濃~尾張の抜け道で戦った鴉さん達。
平均レベル差10以上の7vs7の対人戦、予想通り完敗したw
鴉さんとはこの後2度程大きな機会があるんだけど、また後程。

越後での狩りが進んできた頃、製品版初の合戦が始まった。
舞台は小牧山、vs織田だ。

β2で色々学べた蹴導は幾つかの心得を用いて参戦する。
「党首の方は周りの党首を知人登録して連携力を上げること」
「新人はベテランの意見を聞いてまずは学ぶこと」
「党首に付いていき、また党首は徒党員の動きに気を配ること」
「たのしく遊ぶこと、挑戦すること」
慣れた手付きで陣前の砦で案内する。

β組は戦い方を分かっているし、新人との交流も出来ていたから、
あまり心配はしてなかったけど、誤算は起こった。
足軽にしか勝てないorz NPCがめっちゃ強化されてた。
しかも経験や修得はスズメの涙…。
修得優先で、レベル上げを後回しにしていた斉藤にとって辛い現状。

一週間戦い続けても被害しか生まない。

そう感じた蹴導は初日数時間で動く。
各徒党の党首さん方に、
「徒党の方々に今回の合戦を諦めてもらって、
次回以降のためにレベル上げするように上手い案内お願いします。」
と、伝える。

元々、古参が多く修得は完璧な斉藤だから、
相手が一週間合戦して疲弊する間をレベル上げに費やせたら、
次回以降は大きなアドバンテージを得ることになる。
各党首さんが快く承諾してくれたこともあって、撤退は迅速だった。

初戦を飾れず、国力-50のハンデを負うけど、
結果としてこれは+に働く。
相応のレベルに上がり、相手より選択肢の多い斉藤は、
次戦以降、着実に相手を上回っていくことになるんだ。
(小牧山が斉藤に有利な地形であることは否めないけどね…。)
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-28 10:36 | 信オン風雲録  

相模の4チーム

ブログを革新した為、各チームに評価を移しました。
これからもよろしくお願いします。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-27 11:37 | Jリーグ2007案内  

川中島

ブログを革新した為、各チームに評価を移しました。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-26 09:30 | Jリーグ2007案内  

ゼロックス杯

仕事だったのでまだ観てません。
結果だけ知りましたが、衝撃的ですね。

ガンバが4-0で浦和を粉砕!!
先日のブルズ杯といい、どうしたレッズ??

浦和の不調は、ブルズ杯見てたので、知っていましたが、
ガンバも一週間前の練習試合で、遠藤、播戸抜きで、
横浜FCとドロー、ヴェルディに3-2でぎりぎり競り勝ちと聞いてたから、
ビミョウな試合になるかと思ってました。

でも、よーく考えると妥当なスコアに思えてしまうから不思議です。
お互いのコンディションの差もあったでしょうが、
天皇杯は、
都築のファインセーブがなければ何点取られてたか分からなかったし、
リーグ戦は、
遠藤の離脱が無ければ、ガンバが優勝してもおかしくなかったからね。

この因縁が今後どのように作用するか楽しみです。

3/3 浦和レッズvs横浜FC 埼玉スタジアム
浦和レッズは、開幕戦は昨季無敗のホームスタジアムにて、
我らが横浜FCとの試合ですが…もしかすると大番狂わせがあるかも。

開幕戦は見逃せません。
オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-25 17:01 | サッカーコラム  

スキン変えてみました。

どうしても長文が多いので、
少しでも文字大きいほうが読みやすいかなと、変更してみました。

変えると、行数が変って変なところで途切れますね^^;
全角と半角の間違いもバレバレ…。
転居までに書くもの書き終わってから、
少しずつ読めるように、手直ししていきたいと思います。

これからも「蹴導s’eye」を宜しくお願いします。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-25 14:29 | その他  

古都、東海

ブログを革新した為、各チームに評価を移しました。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-25 13:44 | Jリーグ2007案内  

第7話:製品版開始

2003年6月。
待ちに待った製品版が販売。

購入してすぐログイン試みます。
しかし困ったことが…サーバーが3つあるヨw

知人達と製品版で会いましょう、と話はしたけど、
何番目のサーバーに入るとか勿論話してないorz

仕方なく一番上の群雄サーバーへログイン。
久々の稲葉^-^ 若干ですが町の大きさ自体が広がった印象。
少数なれど、直実さんなどβ2の人たちと出会い、挨拶。
慣れた手つきで、さくさく修得とレベル上げを行い、
そして徒党デビュー…。


「パーティ」「ファイア」「ケアルタンク」「魔法剣」

β2版では聞いたことも無かった言葉が飛び交う。
そして言葉の後に必ず入るマクロの文字(人の顔みたいなヤツね)…。
何処のオンラインゲームからの移籍組(ばればれですがw)
のせいとは言いわないけど、和風の雰囲気ぶち壊しだよ。
やや失望感を味わう古風な蹴導。

そんなある日のこと。β2で遊んだことの有る巫女さんが訪ねて来る。
「監督~、β2斉藤は殆ど風雲に集まってるよ。風雲においで。」
おお!!そうだったのか、探しに来てくれてありがとう。
お礼を言い、ライフカードを使うことなく早速風雲でキャラを作り直す俺。


風雲に入ってすぐあきやさんと再会。
「また宜しく~」と漆の首飾りをくれるあきやさん。ありがたい。
雰囲気を味わおうと木材を採集し、「サモ半さん売り場」で販売。
蔵守さん、なぎさん、林原さんといったβ2組と多数再会し、
充実した信オンライフを満喫する蹴導。
そうそう、何度か買いに来てくれた鍛冶屋の斯波さんからも頂きました。
短刀と竹の腹当。初期のお金が無い時代ほんと助かりました。


話は変わるけど、
斉藤の中心には、あきやさんや馬田さん、まふゆんといった素晴らしい個、
また裏美濃衆や天誅組といったトップグループが揃っています。
何もしなくともトップグループはやってくれます。

群雄の世界を見てから、風雲に参戦した蹴導。
若干見聞が広がったことで、
斉藤を強くするために自分に出来ることを思いつきます。

β2組と新人の融合です。
とにかく党首をし、β2組2名、新人4名の割合で遊びます。
気をつけたのは、組んだすべての人と会話をすること。
β2時代のベテランに話を振ってから、新人との会話を楽しみます。
ベテランは兄の目で心得や上手い育て方を伝え、
新人は弟の目でベテランを信頼するように、
蹴導自体は、それぞれの新しい個性と絆が開花するように、
且つ、喧嘩にならないように気をつけます。
(頑固なので自分が一番喧嘩っぱやいイメージありますがw)

のちのち弊害も出ますが、斉藤はよりチームになりつつある。
手ごたえを感じつつある製品版の初期でした。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-23 13:42 | 信オン風雲録  

五輪予選壮行試合 vsアメリカ

まず選手の評価から。

【出場選手(→の後は交代出場)】

平山 5.5 良い動き出しで決定期を得るも、枠の角を狙う意識が足りない。
→森島 -- 出場時間が短く評価なし。
カレン 5.5 運動量が多く、周囲との連携もよいが、決定期は決めれず。
→増田 5.0 後半のゲームメイクを託されるも、機能せず。
李 5.0 味方を活かす動きをするも空回り。平山との距離は良い。
→苔口 5.0 平山との距離感に難。動き出しも遅い。

本田圭 4.5 システムに翻弄された。切れも悪くFKのみの活躍。 
→家長 6.0 対面の疲れもあったが、スーパーサブとして機能。
水野 5.0 本田と同じだが、流れの中からのクロスやドリブルは見せた。
梶山 5.5 消えている時間もあったが、積極的なシュートとタックルで形を作る。
本田拓 6.0 バランサーとして機能。今後が期待できる内容だった。
→谷口 -- 出場時間が短く評価なし。

青山 6.5 カードを貰うもMVP級の活躍。カウンターもしっかり防ぐ。
伊野波 6.5 ロングボールが多くなったのは致し方ないが、守備は高評価。
水本 6.5 相手のプレッシャーを難なく捌き続けた。高評価。

松井 5.5 守備陣の奮起もあり及第点。相手の動きに釣られない様にしたい。

反町監督 4.0 フリエの先輩だが、采配、システム共に不明な点が多い。

【蹴導の目】

トルシエ時代から、WB、DH、CBのポリバレンスを重要視する日本代表。
山本、ジーコ時代はさて置き、オシム、反町時代もこの考えは変わらない。
良点として、
相手の戦い方に併せた布陣を敷き直しやすく、弱点も突きやすい。
問題点は、指揮官がそこを見抜けるか、であるが…。

熊本にやってきたアメリカ代表だが、
お国柄も反映してか、早く激しいプレスで相手を圧する戦い方を好む。
まず高い位置からプレスをかけ、逃げたロングボールを、
高身長のCBとDHで弾き、第二波を浴びせる。
先のブルース監督時代からお馴染みの、
伝統的とも言えるその4-2-2-2は、今回も不変で手強い。

対する反町ジャパンが敷いたのは、
1トップ、2シャドー、中盤をフラットにした3-4-3。
正直、この布陣は間違いであろう。
数的不利な本田圭と水野は深く押し込まれ、
前半ゲームメイクを託された梶山も、激しいプレスの為に前を向けない。
結果、ワンピースの3トップに後方からロングボールを蹴るだけの形になり、
個で上回っている感はあったが、アメリカの戦術とは相性が悪い。
結果、平山は頭1つ抜けていたが、他の選手は悉く弾かれ続けた。

他にも6名テストできる環境でありながら、選手交代が遅いなど、
戦い方自体に疑問は残る。
前半途中や後半から4バックを試せるチャンスもあったはず、
より質を上げるために次は試して欲しいところだ。

収穫としては、平山が通用すること、守備陣が計算できること、
家長がスーパーサブで機能すること(スタメンで使いたいが…)、かな。

蹴導ならどうするか?まず、4-1-4-1の布陣を敷く。

        平山
   家長 梶山 李 水野

        本田拓
 本田圭 青山 水本 伊野波
         松井

この形なら、両SBが強く上手い為、
突破力の有る家長と水野は攻撃に専念できるし、
クロスを上げる位置も多彩で、攻撃の的を絞らせない。
1本のパスで4名のシャドーが抜け出せる為、
チャンスは格段に増すと思われる。
勿論、平山に当てて、
ポストを受け取った梶山か李がシュートというパターンも可能だ。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-21 22:47 | 日本代表  

第6話:β2特別編

まず、β2でよく組んだ友達について。

製品版でもおなじみになる人ばかりですが…。

稲葉の両替所と茶屋の間の角っこの所(茶屋裏へ抜けられるとこです)
よく遊んだ侍さんサモ半さんが毎日のように売り子をしていたので、
「サモ半さん売り場」と勝手に命名していました。

サモ半さんのお友達の薬師、白髭さんともたくさん遊んでいただきました。

遊んだ斉藤PCの中には、
ログアウトする場所(寝床)を決めている方も少なくはありませんでした。
稲葉から北に行った寝狸がいる大木の前の藁小屋、
僧のなぎさんは暇な時間いつもここで読書してましたね。
蹴導もログアウト場所決まってました。茶屋裏の真ん中です。

β2の長い間遊んだのが、明るくて元気な鍛冶の鼠さんです。
鼠さんのツテで、チェルシー、あかささん、橘さん、姉御とも遊びましたね。

鍛冶の蔵守さんとは、付与石のテストをしました。
付与効果不明の当時、選んだのは確か孔雀石…。
何も効果付かなくて凹んだ記憶が…付与効果1.5倍、元が0なら0*1.5…。
付与効果付くはずがありませんw


次に、β2の遊びの思い出。

まずは、稲葉での鬼ごっこ。

武田のお尋ね徒党の方々がチョクチョク稲葉にやってきてくれます。
程なくして忍び込んだ武田の方から、斉藤の知人に対話が。
そして、「賊が忍び込んだぞ~、ひっとらえろ~」の大声。
追う者と追われる者、稲葉を舞台に鬼ごっこが始まります。
相手を捕まえて対人!お互いの名前がバレているので白熱します。
見事討ち取ったり、返り討ちにあったり、逃げられたり、
みんな遊ぶのが上手かったですね。
織田から移籍してきた織田さんや、武田の餃子さんはこの頃知ったかな。

もう1つ、こちらも対人だけど舞台は抜け道。

「抜け道対人してます。参加者は尾張と美濃の抜け道まで~」
と、こんな感じで20~40名ほど集まります。
主催者次第で、若干ルールが変わりますが、
基本は塗り毒あり、体力回復した状態での1vs1。
名乗ってお辞儀して対戦が始まります。
蹴導はというと、技能は無かったのですが、
持ってる武器(β2版の生気の杖)が強くて、勝ちまくれました。
「その武器反則~」って何度か言われましたヨ。


最後に、一番嬉しかった思い出は、合戦でのことです。
β2も終盤に差し掛かったある日のこと。

「監督~、武将とN退治行こうよ。」

「いや、俺技能無いからさ。」
足手まといになることを極端に嫌がる蹴導。

「いいって、いいって。折角ここにいるんだから戦場で遊ぼうよ。」

「でも、お金や荷物持ってるし…」
卑屈な蹴導w

「大丈夫、他の人が持っててくれるから。行こう。」

「うん、戦い方分からないけど、宜しく。」
いや、ほんと真面目に嬉しかったです(つ-T)

当時、蹴導が持ってた技能は、
詠唱1、金縛り、与生気2、加護2、気合韻1、死唄1…。
詠唱1無かったかも…。
気合韻1に至っては侍さんの鼓舞の方が上位だし、ほんと役立たずですorz
β2の与生気2、戦闘中でも生気400程度回復できる技能だったので、
加護張って生命を回復しながら、
盾さんがダメージ食らうたびに、与生気2を連発。
神職というより、回復職です。

そして何とか約1丹の狩りを一人の死人も出さずに達成できました。

徒党っていいなぁ。徒党って最高だなぁ。
合戦の大半を戦場に出ることなく本営で過ごした蹴導、
当たり前のことに感動しまくりです。そして、画面の前で半泣きの俺www

林原さん、おりんさん、誘ってくれてありがとうございました。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-02-19 06:14 | 信オン風雲録