<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

結果は残した、だが!【浦和レッズの2007年】

Jリーグ2位、ACL制覇(偉業)、CWC3位、代表常連の選手多数、地域のおばちゃん達までもが選手の名前を言える文化。
どれも素晴らしい結果ではある。
だが、このクラブに「素晴らしい出来」を付ける事は出来ない、もっと上を目指して欲しい気持ちも込めて、普通ですという通信簿を付ける事にする。

正直、J王者こそは鹿島に持ち去られたが、クラブの規模(主に動員数や立地、文化)と言うものでは他クラブが追いつけない位置に居る。
選手においても、スタメンは凄まじいメンバーであり中でも「ワシントン」「ポンテ」「鈴木啓太」「阿部勇樹」「闘莉王」といった選手は何処のクラブに言っても核となれるだろう。

ただ浦和が「素晴らしい出来」となるのに立ちはだかったのが「過密日程」と「ACミラン」であったと思う。
まず、過密日程だが元々分かっていたことで、優勝と言う文字と共に、これからずっと浦和が背負っていかなければいけない宿命でもある。
ここに対して、浦和が出した答えは「阿部勇樹」獲得と他の選手を得ないと言う結論であったが、様々な場所で阿部はその才能を見せ付けた。
技術に溺れることなく苦しい事情の中走り続けて、見ている人に感動を与えたポンテと共に、阿部勇樹がMVPだろう。

ただし、他の補強が無しと言う現実は徐々にスタメンの選手達の精彩を欠いていった。シーズンが進むに連れ、結果は付いてくるが内容が付いてこない。
カウンター一辺倒の戦い。加えて控え選手の出場数不足=スタメンのみの質が上がるという「固定」が徐々にスタメンの疲れと言うデメリットを引き起こす。
結果が、終盤の迷走、天皇杯の早期敗退、素晴らしい出来とは書けない。

ミラン戦も「内容を作っていかなければこれ以上の進化は無い」という課題を引き起こした。
この試合については、先にコラムを書いているが、個人技があってもプレッシャーを掛けれない、守備の出来ない前線では、キープできるアジアには通用しても、キープできない世界には通用しないことが明確になってしまった。

今後だが、ワシントンとネネの放出に伴い、エジミウソン(新潟・決定)と今野泰幸(F東京・一転残留で失敗)、近藤徹志(愛媛・レンタル復帰)。ポンテの離脱により梅崎司(大分・決定)と中々の対策を行っている。
ただ、このクラブに必要なのは、体をぶつけれる、ボールを持っていなくても相手DFが脅威を感じるアグレッシブなタイプの前線の選手ではないかと思う。補強をして欲しいと思う。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-30 10:40 | 北関東・北陸  

強い柏が戻ってくる?【柏レイソルの2007年】

新監督の下、1年でのJ1復帰を果した新生柏。
開幕前に有力選手を失うと言う問題点もあったが、蓋を開けてみれば開幕戦で強豪磐田を4-0と一蹴。開幕からの5節を4勝1敗と春のJリーグを盛り上げた。

「地球滅亡」を早々と回避し(笑)、残留と中位を確定、素晴らしい結果だろう。

その戦いの裏には、J2で揉まれて「流れを理解した」選手達と、確かな戦術があったと言えよう。その核となったのが「フランサ」「アルセウ」「山根巌」「藏川洋平」といった面々であろう。

フランサは「菅沼」「李」「谷澤」「太田」と言った裏に抜ける攻撃陣へ繋がる攻撃の要であったし、また、追い込まれた際の逃げ道としても重要な役割をこなした。
ゲームメイクと言う意味で欠かせなかったのが山根と藏川。J1と言う名に怯むことなくラインコントロールと中央に蓋をし、前半戦から次々と相手チームを機能不全に陥らせた。結果として、フランサらの攻撃力が生きることになる。
そして柏の残留を確定させたのがMVPアルセウの存在だろう。安定感のある柏好みの助っ人がチームのクオリティをグッと引き上げた感がある。(※来季が残念だが…。)

追伸:1stステージ、2ndステージが無ければ、世紀末に優勝をしていたかもしれない柏だが、ここ数期は苦しい日々を送っている。
だが、地域が地域だけに、浦和や川崎などと並んで非常に強いクラブになる可能性が高い。
強い柏が戻ってきた、そう言われるのはまだまだ先かもしれないがとても期待が持てるクラブだと思う。(現在の応援スタイルも含めて。)
サポーターとの「絆」に報いる為にも、より高みを目指してもらいたいと思う。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-30 09:22 | 東関東  

とうとう、この日が…至高のボランチが堂々と引退。

昨年、城がユニフォームを脱ぎ、今年も奈良橋が、秋田が、98W杯の選手達が引退していった。

その中で、来季の移籍先が気になる選手が居た。

横浜フリューゲルスの「顔」と言える選手であり、絶妙のポジショニングで、ゲームメイクをしながら相手のカウンターを未然に防ぐという広い視野と戦術眼を持ち、攻守に亘って貢献したDH。彼の隆盛と共に、ボランチという名称が日本に定着していく。(※1)

フリューゲルス時代のサンパイオと組んだドイスボランチは、磐田の名波&ドゥンガを抑えて、日本最高のダブルボランチと称された。(※2)

勿論、彼は日本が初めてW杯に出ることが出来た98W杯の選手でもあった。
日韓戦、いや日本サッカー史上に残る伝説のループシュートを記憶に留めている人も多いだろう。「時間(とき)の支配者」と言う二つ名に相応しいゴールであった。
また、川口、井原、そして彼が並ぶ日本の中央線は簡単に相手の突破を許さなかった。ジョホールバルでのイラン戦、幾度と無く襲い掛かるイランのカウンターを止め続けたのは彼である。98W杯を見た外国の記者達は「彼のチームだ」と口を揃えて語った。

彼はフリューゲルス消滅後、名古屋、新潟で活躍し、昨年、一昨年は彼が大好きな三ツ沢をホームとする横浜FCで活躍、中心選手としてJ1昇格に貢献した。今季は出番が少なくなったが、記憶に新しい最終節の浦和戦においても卓越したゲーム感覚を見せ、クラブの勝利に貢献した。

しかし、今季、多数の選手の入れ替え、レンタルをした横浜FCにとって彼の年棒は辛かったのだろう。彼は戦力外通告となった。(※3)

彼の来季の移籍先が気になっていた。オファーがある限り彼は頑張るのだろう、だが、三ツ沢を2度離れてまで行きたい場所があるのだろうか?と。

昨日、彼、山口素弘は来季の去就について会見を開いた。
「十分やったかなと思いました。」
「胸を張って堂々と引退したいと思います。」

日本代表で58試合、Jリーグ通算468試合(JSL時代を含めると490試合)、カップ戦を含めると585試合、Jリーガー唯一の15年連続開幕戦出場を成し遂げた偉大な選手がユニフォームを脱ぐ決断をした。

「(サッカーをしていて)体よりも頭が疲れる」「試合が終わる。ゴールを決めた人間は気持ちがいい。ゼロで抑えたディフェンダーにも充実感がある。でもボランチは勝っても負けても反省ばかり。あそこはこうしておけばよかったって」と語った彼。来季はピッチ内でその勇姿を見ることが出来ないが、彼の記憶は私の生涯消えることは無いだろう。

心残りは…やはり後継者と言われる選手が出てこなかったことだろうか。(※4)
だが、きっと出てくるに違いない。記者会見の中で「(監督は)興味は前からあったので、やってみたいと思っています」と語った彼のこと。監督として新たな沢山の後継者を輩出してくれるはずである。

彼の次のラウンドが楽しみである。

…三ツ沢の管理人になっているかもしれないとも語っていたが(笑)

オーバー。

--------------------------------------

※1:実際は森保氏の時からボランチという言葉はメジャーに。彼はアンカーだと思うけど…。
※2:ドイスボランチは二人のDHが縦に並び、お互いの立場を入れ替わりながら飛び込む(誘い込む)スペースやゲームを作っていく。日本最高の~は個人的にそう思ってる…磐田のサポは首を縦に振らないかな^^;
※3:最終節の浦和戦前に解雇は決まっていたが、彼や同じく解雇が決まっていた小村、岩倉、坂井というメンバーは試合に出場した。恐らく話し合って決めたのだろう。ここ辺りにフリューゲルス魂が垣間見える。
※4:1年という短い時間だったが、ヤット(遠藤保仁)はモトさんとサンパイオとのおかげで今の自分があると語っている。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-15 19:40 | サッカーコラム  

ACミランに追いつくには?(今回かなり暴論…。)

さぁ、内容は滅茶苦茶押されまくった試合でしたが、浦和の見せ場もしっかりあって結果の勝敗は分からない緊迫した試合を見せてくれたんではないでしょうか。

日本勢が敗れたにも拘らず結構スッキリした気分の蹴導です。

何故ならば対応できていた部分とまだ足りない(特に伸ばさなければならない)部分が見えた気がしたからです。
まぁ、ACミランに比べて浦和レッズの何処が劣っているのかと聞かれると、まぁ、殆どなのは仕方ありませんが。(一部に怒られそう…。)
アンチェロッティとオジェックの差は感じたかな^^;最初の交代は先手を取られたけど、2回目の交代は少なくとも「同時」もしくは「先」に動きたかった気がします。強い相手に更に押されちゃった感がありました。

と、冗談(?)は置いといて、一番感じたのはやはり前線の選手のレベルです。
ACミランの前線が凄すぎたと言う意味ではなく、浦和の前線が弱すぎたと言うこと。
これまた怒られそうですが、永井と長谷部の軽さを感じましたね。それは攻撃力(も頼りなかったですが)ではなく、攻撃的な守備力のことです。
ミランのDFや後方の選手のスキルに全く付いていけず、プレスをかけることも、裏を取ることも、何よりもボールを奪取することが全く出来ていなかったと思います。
(1戦目で疲れ果てていたこともあるのでしょうが、)それがミランに押し込まれたことの最大の要因だったと思いました。
まーポジション毎に浦和に点数をつけると、GK7、DF6.5、MF5.5、FW4ってとこです。

逆に、それが出来る選手をそこに配置していれば可能性が見えた気がします。
(また違うサポに怒られそうですが、)このクラブに巻(か柳沢)と羽生が居ればもっと五分五分の試合が見れたかもしれないと思ってしまいました。

ACL優勝は勿論、今の彼らの力ですが、今回のミランクラスの守備力を持った相手と内容で互角になるには、「前線から守備が出来る選手」「前線をかき回せる選手」を得て、相手を崩さないと難しいと感じました。

今回は、個人的にはそういう部分で残念だったんだけど、足りないところが分かった気もしてスッキリ。ああ、山田良かったです。ああいう動きが最初から欲しかったな…疲れてた選手に期待するほうがイケナイか^^;

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-13 22:52 | 北関東・北陸  

浦和レッズ快勝!次はミラン戦。

さて、昨日は良い試合を見せていただきました。

勿論、浦和レッズvsセパハンの試合のことです。
若干、浦和寄りの判定が多かったですが、(エリア内でのハンドとかオフサイド判定とか…)、まーそれを差し引いても、ミランが脅威を感じる強さを見せ付けることが出来たと感じています。

まず勝利の立役者となったのが「相馬」と「ネネ」でしょう。
この二人はユニットとしての相性が非常に良い。ネネのポジショニングと強さがあれば、相馬は後ろを気にすることなく上がれます。相馬が活躍することでセパハンは片翼をもがれ、その突出した攻撃力は浦和に何度もチャンスをもたらしました。逆サイドに細貝を置いたのも攻守のバランスを高めたと思っています。「ネネ」は来季移籍の可能性が高いですが、ワシントンがいなくなるとしたら相馬のラインを活かしたい所。アツからポジションを奪った相馬(奪った故に守りが無くヴェルディは降格しちゃったのですが^^;)を楽しむのなら、ネネに残って欲しいものです。三都主が戻ってくるのでポジション争いも楽しみですね。

次に「細貝」、こちらも攻守に良く絡みました。特に右サイドだけではなく守備ラインもカバーするという「埋める動き」の貢献は大きかったと思います。「居場所を見つけた」感がありますね。ライバルも多いので大変だけど頑張って欲しいものです。あ、移籍の話が上がってる水野との相性は最悪だと思いますが…お互いパス出さないし^^;

そしてワシントンの置き土産、ビューティフルな一発でした。良いポジション、良いスタート、良いトラップ、良いシュート、こういうのが重なった強さを感じるゴール、大好きです。ミラン戦でも置き土産が欲しいところです。やってくれるかな?

勿論、浦和の心臓部「啓太」と「阿部」、(あえて乗りますが)コンボイ闘莉王、都築の連携もスムーズでした。失点はセパハンを褒めるしかないですけどね。あそこに通されたらしょうがない。ただやはり浦和が上のクラブだったとは感じます。

次のミラン戦、どうでしょうかね?勿論レジェンドの多い尊重すべきクラブですが、浦和が勝っちゃうんじゃないかな。非常に楽しみになってきました。

暫くミーハーで行きます。
オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-11 18:56 | 北関東・北陸  

DDvsDD改【J1・J2入れ替え戦】

第一戦目の追記です。
広島のDDと京都の4-4-2の戦いと見ていた入れ替え戦、蓋を開けてみると全く違う形がそこにはありました。

分かりやすく書くとこんな図です。

【広島】
            下田

    森崎和  ストヤノフ  槙野

            戸田
 駒野                  服部
      柏木        森崎浩
 
      ウェズレイ     寿人

-------------------
【京都】
      田原        中山

          パウリーニョ
 中谷                   渡邊
      斉藤        石井

     手島    森岡    角田

            平井

京都の最終ラインを見てハッとした方もいるでしょう。彼らが見せたのはそう、フラットスリーです。トルシエに魅入られている加藤監督だからこれを実行したのかもしれません。京都にはこれをオプションに出来る選手達がいると。

奇しくも入れ替え戦は本家DDを使うミシャの広島とDDを改良したトルシエのフラットスリーの戦いとなりました。加藤監督は策士です。広島の戦い方は変わらないと読み(みんな読んでますが…)、森崎和幸に田原を、槙野に中山を、ストヤノフと戸田にパウリーニョをぶつけます。結果として3名で守備陣4名からの「パス」という相手の生命線を断ちました。

DDは元々不安定なサッカー(型の決まったサッカー)ですが、後方支援の無くなった時点で戦術が瓦解します。2トップとWBは高い位置をキープしようにもパスが回ってこず、中盤の柏木と森崎はボールをキープする力が不足しています。(浩司はダイレクトが好きな選手でボールキープをあまりしない、柏木はボールに向かって走るタイプ、羽生のように囮になったり緩急をつける力が大きく不足している。)

チグハグなサッカーを披露してしまう広島、背景にはやはり代表疲れによる戦術理解度の低さがあると思います。そして並行したデメリットである、選手に「銘」があり過ぎる為にサブの居る選手をベースにすることが出来なかったということ。外すと観客が離れるのではと言う不安が16位」という結果を招いてしまっていたと思います。

京都も(元々関わっていたが)新監督と即席な戦術と言う部分で戸惑うかと思われましたが、そこは4クール52節を戦い抜いた「チーム」。お互いの共感と緩急をつける経験値というものは、広島のソレを圧倒的に上回っていました。

広島は、前半だけで3点、後半でも2,3点取られていてもおかしくない内容。ここはGKの下田が良く頑張ったと思います。耐え忍ぶ広島、転機は後半の終盤にやってきます。

それは京都の選手交替にありました。後半始まって間もなく2得点を挙げた田原が警告を貰います。暫く粘って29分に田原を下げる選択をします。代わって入ったのは蹴導イチ押しの「西野」。次節、田原を出場させる為の監督のファインプレーです。

しかし、39分の交代は…パウリーニョに代わって倉貫(MF)。チームは5バック、3ボランチで守りに入ります。しかし、先に書いたように生命線は「後方からのパスの供給を止めること」です。森崎和幸が早々と交代し、ウェズレイが去ったことで油断が出来たのかもしれませんが、結果として後方からの一本のパスで寿人がぶち抜き、平繁の得点へと繋がってしまいます。加藤監督は采配ミスを今後の大きな糧として欲しいところです。

一試合目を終えて結果は2-1で京都の勝利、正直内容に比べたら広島は次に希望の持てる結果かと思います。逆に京都にとっては精神的ダメージの大きい試合となりました。「決めれる試合を落とした」のですから。京都の選手達の表情がすべてを物語っていたと思います。

さぁ、今日の試合はどうなるのか…個人的には京都には鹿児島県関連のJリーガーが4名も居るので京都を応援しちゃいますが、運命の神様はどう転がるか分かりません。
言いいたいことは、防衛するにせよ下克上を起こすにせよ、長期的な視野で自分達のサッカーを追及し続けて行って欲しいということです。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-08 00:44 | サッカーコラム  

J2のレベル【下克上、再びか?】

入れ替え戦が間もなくなんで一風変わった視点で書いてみます。

それは現在のJ2のレベルというものです。

昨年、J2から昇格したクラブは横浜FC、柏レイソル、ヴィッセル神戸の3クラブ。ヴィッセルは入れ替え戦の末、J1福岡を破っています。また、一昨年、滑り込みで入れ替え戦に入った甲府は当時J1のレイソルを大量得点で撃破。

そして昨年昇格した3クラブの成績はと言うと、

【4回チームを作り直した】横浜FCが最下位で降格。
【選手を余り変えなかった】柏レイソルが、14勝8分12敗で8位。
同じく【選手を余り変えなかった】ヴィッセル神戸が、13勝8分13敗で10位。

2クラブが中位という良い結果を出しています。

まぁ、横浜FCは過去の降格クラブの真似をして自爆してるわけですが、それでも作り直して1,2ヶ月のクラブでJ1屈指の力を持つ(疲労してた)浦和とそれなりに戦えるだけのポテンシャルを見せています。天皇杯においても、J2上位の4クラブは手を抜いたけど、山形、徳島、愛媛、鳥栖といったずっとJ2で戦っているクラブが善戦しています。
(※浦和と川崎もJ1昇格後、一気に頭角を現しましたよね。)

選手も同じことです。昨年J2で戦っていた、「菅沼実」「千代反田充」「古賀誠史」「新居辰基」「加賀健一」といった面々はJ1の舞台でしっかりと自分の居場所を掴んでいます。先日も、広島に復帰した「高萩」がG大阪相手にそのポテンシャルの高さを見せつけました。

これは「J2のシステム」がもたらした下克上ではないでしょうか?
4クールと言う「長丁場の戦い」で、「試合の流れを読む経験値」が高くなっており、「降格が無い」ことで、「戦術理解度」をじっくりと高めれる分の差が出ていると思うのです。

短期決戦(J1)の中に長期的ビジョン(長期を見据えた戦術理解度の浸透)を持つことが出来なかったJ1クラブはJ2に落ちたら簡単に上がってこれないと思われます。
何を言いたいかと言いいますと、J1勢、特に残留争いをしているクラブはもっと危機感を持つべきだろうと言うことです。
「J2のクラブはリーグ下位であっても我々よりも強い可能性がある」と。

そして、残留争いであっても「長期的ビジョンの戦術の確立を目指すべきである」と。

…ただ今回、広島は恵まれているかな、京都には悪いけど監督が変わったばかりで比較的戦いやすいと思いますから。湘南(には天皇杯で3-0で勝ってますが)、仙台、鳥栖、山形辺りだとかなり分の悪い戦いになっていたと思います。

オーバー。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-05 15:15 | サッカーコラム  

2007 SYUWDOW'S AWARDS 【J2】

そしてJ2。(こっちの選出の方が楽しかったかも…。)

【スタメン】

     フッキ(東京V)  藤田祥史(鳥栖)

  ディエゴ(東京V)       加藤望(湘南)

    服部年宏(東京V)  菅原智(東京V)

高地系治(鳥栖)              菅井直樹(仙台)
   ブルーノ・クアドロス(札幌) 曽田雄志(札幌)

           高木貴之(札幌)

【控え】
パウリーニョ(京都)
リャン・ヨンギ(仙台)
小椋祥平(水戸)
日高拓磨(鳥栖)
清水健太(山形)
【監督】
三浦俊也(札幌)
【ベストゴール】
田原(京都)のオーバーヘッド*2(特に2本目は難しい。)

【蛇足】
一部強引に押し込んで見ました。J2も前線の選手が多岐に亘っていて選び辛かったです。
特に札幌のダヴィ、中山元気、西谷正也は泣く泣く選考外。京都の徳重も惜しかった。GKも激戦、仙台はGKの出場時間がネックでした、湘南のキムヨンギと福岡の神山は来年期待かな。そうそう福岡陣が全く入らず^^;潜在能力はJ2随一だと思うんだけどなぁ。移籍しちゃった元徳島の羽地もかなり良かったです。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-02 06:43 | サッカーコラム  

2007 SYUWDOW'S AWARDS 【J1】

ちょっと早い?

まずはJ1から発表。

【スタメン】

    ジュニーニョ(川崎F)  バレー(G大阪)

   遠藤保仁(G大阪)        ポンテ(浦和)

      鈴木啓太(浦和)   小笠原満男(鹿島)

坂本将貴(新潟)               市川大祐(清水)
      高木和道(清水)   岩政大樹(鹿島)
 
             曽ヶ端準(鹿島)

【控え】
マルキーニョス(鹿島)
大久保嘉人(神戸)
阿部勇樹(浦和)
千代反田充(新潟)
北野貴之(新潟)
【監督】
オズワルド・オリベイラ(鹿島)
【ベストゴール】
レアンドロ(大宮)のドリブルシュート

【蛇足】
正直、良い選手が居すぎて迷った。特に前線は泣く泣く…。
迷った末に外したのはテセ(川崎)、エジミウソン(新潟)、チョジェジン(清水)、フランサ(柏)、大岩(鹿島)、闘莉王(浦和)、楢崎(名古屋)です。
中盤は全く迷いませんでした(驚)
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-02 06:09 | サッカーコラム  

本領発揮の大逆転!!【2007鹿島アントラーズ】

まず、おめでとうございます。青天さん、また捲くりましたよw

勿論、素晴らしい出来でした。

開幕前、開幕直後は疑心暗鬼だったんですがね。
各ポジションに同じ「型」の選手が多くて、これで形になるのかと、助っ人を中心に良い選手が被りすぎて力が発揮できないんじゃないかと…。(例:マルキと柳沢、本山とダニーロ、大岩、岩政、ファボン。)杞憂に終わりました。冷静に選手を選択した監督の選手起用方法に脱帽です。

MVPは難しいですね。3者挙げさせて貰います。
「オズワルド・オリヴェイラ監督」「帰ってきた小笠原」そして「鹿島フロント」。

まず監督の采配。試合中の采配自体はそれほどでもなかったという印象がありますが、選手起用(スタメンの選択)と取捨選択の早さが強く心に残りました。昨年苦しんだクラブに「競争意識」を取り戻させ、まず試合に全力で入れる「余裕」を与えた手腕はとても評価できます。

次に、小笠原。
海外に行った選手は大抵復帰してから悩むものです。海外と戦う為に改造した体がJのスピードについていけないからです。その点小笠原は素晴らしかったです。無理に変えるんじゃなくてこのままの自分で勝負しようと言う考えがあったからでしょうか。すぐチームに馴染みます。指揮官が与えたポジションが良かったのもあります。更に磨きが掛かった判断力とパス精度、後半の9連勝の原動力であったことは言うまでもありません。

最後にフロント。
しっかり計画を立てた感があります。特に感じていたのは「3」の数字でしょうか。
CB、SB、DH、OH、FWに亘って、いつスタメンでも期待できる選手を3名キープしていたのがこの逆転優勝に繋がったと思っています。特にSBの「3」は凄かったです、新井場、内田、石神の3名だけでよく乗り切ったと思います。ライバルクラブが後半調子を落としていく中、このクラブだけは常にいつもと変わらない戦いを見せていました。フィジコが影のMVPかもしれませんね。

今後ですが監督と小笠原というカリスマは大きいでしょう。契約更新という来年以降の気になる点はありますが、今は忘れてこの10冠目を喜びたいですね。
おめでとうございます!!
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-12-01 21:32 | 東関東