守備的MF論。【ベストな組合せは…。】

スポーツナビに連動してます。
今日のソースは、ボランチさんのブログ’育成選手の反抗記’の
ボランチタイプからみるサッカー(1)です。

日本の守備的MFは色んなバリエーションがあって(纏まってないだけ?)、。
日本サッカー界で一番楽しい部分(悩みの種でもある)かもしれませんね。
因みに自分は、以下の6名が日本のトップだと思ってます。
(番号は順位ではありません。また同タイプと言えど+αの武器を持った選手もいます。)

①名波浩:高い展開力と精度の高いキックで攻めをサポートするコンダクター。
・同タイプ(小野、憲剛、長谷部、梶山)
・弱点:ボールを持たないと始まらない。守備時は重荷となることが多い。憲剛はやや異質。

②山口素弘:広い視野と質の高いポジション取りで攻めの起点と守備の要になるボランチ。
・同タイプ(田坂、望月、戸田和幸、中田浩二)
・弱点:センスと経験値の問題で生まれるタイプなので層が薄い。枯渇気味。

③明神智和:プレスやインターセプトで力を発揮するバランサー。彼はトラップ精度も高い。
・同タイプ(遠藤保仁、伊東、山根、橋本、本田拓也)
・弱点:確かな戦術が存在しないと力を発揮できない。

④稲本潤一:1vs1の競り合いに強いマンマーカー。彼自身は展開力と運動量も備える。
・同タイプ(本田泰人、谷口、小椋)
弱点:役割柄、接触プレーが多く、カードを貰う可能性が高い。

⑤阿部勇樹:守備陣や前線に混ざり数的優位を作れる。全体的に空中戦が強い。
・同タイプ(福西、今野)
弱点:相方との連携力や、判断力が低いとバイタルエリアをがら空きにしてしまう。

⑥鈴木啓太:豊富な運動量を武器に、守備面で安定感を与えるアンカー。
・同タイプ(森保、林健太郎、河合、青山敏弘)
・弱点:攻撃面での足し算掛け算が期待できない選手も多い。

因みに、小野、中田浩二、遠藤は守備的MFとしての彼らを基準にしています。

どのタイプにも言えることですが、十分な練習をして連携を深めることが必要ですね。
また、戦術の幅を持たせる為にも、
オフザボールで活躍するタイプとオンザボールで活躍するタイプを組み合わせたいとこです。
理想は③④⑤⑥を兼ねれるサンパイオと①か②のどちらかですが…(笑)

因みに五輪代表の守備的MFはマムシの小椋(水戸ホーリーホック)を押しますよ。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-16 12:34 | 日本代表  

vsスイス戦評【世界へPR】


【戦評】


欧州の中でもかなりのレベル(8番目ぐらい)にあるスイスとの試合。
ランキングこそ上だが、スイスは能力の高い個も洗練された組織力も持っており、
日本が格下であることは否定できなかった。
ただお互いタイトルをかけた本気の試合でもあった為、
フレイはいなかったがベストメンバー。手を抜いた布陣ではなかった。
(※オーストリア戦で警戒したのか、セットプレーの対応などよく日本を研究していた。)

試合だが、
日本選手の多くは「勝ちたい」という気持ちより、
「肌で強さを感じたい(経験値を積みたい)」という気持ちが強かったのだろう、
立ち上がり日本が主導権を得るも慎重に進めようとする気配が感じられた。
遠藤、松井、俊輔のスペースを作り飛び込みパスを回す動きのみで、
崩そうとしたが、スイスは甘くなかった。
質の良い守備に捕まり、攻撃陣と守備陣の隙間を突かれてカウンター。
スイスの左サイドに強力な選手がいたこともあり、あっという間に2失点してしまう。
今までなら落ち込んで更に失点を重ねそうな場面。
だが、日本は十分なこれまでの戦い方に手応えが有り、自信を持ってプレーしていた。
日本はスイスクラスと戦う為の十分な努力とメンタリティを有していた。

連続失点後、数分もしないうちに日本はまた主導権を握り始める。
持たされて止めのカウンターを狙われていたという見方も出来るが、
ポジションチェンジ(動きによる崩し)を遠藤と松井に託して、
改めて右サイドに入った俊輔の身体の使い方が上手く、
加地もラインを高く裏に抜け出す体勢を取った為、
カウンターの主力になるマニャンの上がりを制限できるようになってきていた。

勿論パス回しは日本の方が優れているわけで、ピッチの6割程で日本の動きが活発になった。
右は五分五分になってきたので後は、左サイドなのだが…、
やはり駒野と遠藤の連携が上手く行ってないように感じた。
それは遠藤が俊輔ほど身体を上手く使えてなく溜めれないのもあったし、
駒野が攻守に迫力不足な面を見せていたからでもあるだろう。
(※トラップに時間が掛かって加速しきれない面が一番気になった。)

結局、前半は0-2というスコアで折り返すのだが、
個人的に(相手は格上なのだが)追いつけると思って楽観的になっていた。
時間が経つにつれスイスの守備は日本のボール回しについていけず、
稲本がフリーで前を向き、高く上がったラインの裏や両サイドに効果的なパスを出していたし、
受ける側の巻や松井の動きが非常にキレていた為だ。
日本の戦い方は確実にスイスを追い詰めていた。

後半スイスは、効いていたマニャンを下げ、バルネッタを投入する。
スイスの監督がどう考えたは不明だが、恐らくマニャンが故障しがちなことがあることと、
機能していない日本の左サイドを攻略して止めを刺したいという考えがあったのだろう。
また同時に、若手で有望な(ドイツW杯はスーパーサブの一人)マルガイラツを下げ、
蹴導がドイツW杯で気に入った(ここは関係ないかw)ヤキンを投入してきた。
ドリブルで一人で仕掛け、ファールを貰ってそのまま自分でFKを決める選手だ。
この場面ではマーゲラよりヤキンの方が怖い。
スイスのやる気を感じたが、すでに日本の術中にはまっていた気がする。
パスと運動量で勝る日本に付いて行こうとすればするほど、
スイスの選手は負荷と疲労で動けなくなっていった。

左サイドでフリーで受けた松井が半身を当てた後、軽く旋回、
堪らず手で止めてPKを獲得。俊輔がしっかりと決め反撃の狼煙をあげる。
徐々に徐々に日本がスイスを蝕む。
そして、俊輔のFK。闘莉王と中澤は事前に調べていたのだろうが、
効き足が頭の巻はチェックされていなかったのかもしれない。
俊輔の質の高いクロスに、DFを振り切った巻が飛び込み同点。
スイス側もヤキンが質の高さを見せていたが得点に結びつかず、
気付けば2-2の同点になっていた。
運動量の低下を補う為スイスはセレスティーニを投入。
だが一人の運動量だけでは他の選手をカバーできなかった。

日本はここで動く。個は高いが疲労のピークを迎えた松井を下げて山岸を投入。
コレを見てスイスも動く。
動けなくなったフォンランテンを下げ、右SBリヒトシュタイナーを入れる。
バルネッタのサポートと守備の安定を図ったのだろうがこの采配が勝敗を分けた。
リヒトシュタイナーもセレスティーニも左サイドから左右に切れ込む山岸を捕まえられず、
守備に安定をもたらす事が出来ず、駒野の上がりを促すことになった。
そして日本の逆転弾が生まれることになる。

スイスは堪らずスーパーサブのジュルーを投入。
そして日本は…何を思ったか、オシムの采配は、巻を下げて矢野…。
巻に比べると矢野は見劣りする。攻撃力は同等かもしれない。
だがハートや守備、駆け引きといった部分は「まだ」圧倒的に差がある。
この場面でテストであるw勝つことより、矢野の成長を選んだオシムはすごい。
数十秒後、ジュルーをマークできず、同点に追いつかれる矢野の姿があった…。

一時的にスイスが息を吹き返すが、やっぱ疲労はどうすることも出来ない。
空いているスペースを使い日本のパス回しが冴え続ける。
闘莉王、憲剛、山岸と自由に繋ぎ、憲剛のシュート、弾いて矢野の決勝点が生まれた。

4-3での勝利。次戦ったら同じようにいかないだろうが、
世界のサッカー界に十分すぎるインパクトを与えることが出来ただろう。
マッチメイクがかなり楽になるはずだ。
敗戦もあるだろうけど、日本が強化する為の準備が1つ整ったのではないかと思う。

そして矢野。この舞台で若い彼が伸びる為のモノが手に入ったのは大きい。
同じポジションでは、今回未招集の前田、
U-22の平山や森島といった面々が虎視眈々と座を狙ってくるだろうが、
死守して欲しい。それが日本の将来に繋がると思う。


【寸評】スイス8:日本6。

川口:5.0:存在感を見せられず3失点。1vs1は共に逆を突かれる。

中澤:5.5:競り負ける部分もあったが、スイス攻撃陣に完璧な仕事はさせず。
闘莉王:6.0:確信的な飛び出しで流れを呼び込む。失点の元になった分減点。
加地:5.5:右サイドを制圧できなかったが戦えることを示した。後半は楽になった。
駒野:5.0:ボールが快速から鈍行に乗り換えた。運動量による支援と3点目のクロスが救い。

啓太:5.5:カウンターを未然に防げず。徐々に質が上がる。もっとパスコースを消したかった。
稲本:6.5:個の力を見せつける。ロングパスの精度が高く、有利な展開を作った。
松井:5.5:(1A。)マニャンとの主導権争いで敗れるも、後半は左サイドで持ち味を見せる。
→山岸:6.5:中に外に切れ込み、疲れた相手に止めを指す動きを続けた。球離れも○。
俊輔:7.0:2得点1A。キック精度の高さを確かな得点に結びつける。高い集中力を維持。
→憲剛:--:採点無し。アピールしたい気持ちが決勝点を引き寄せた。
遠藤:5.0:鍛えた身体が世界に通じず。パス回しは流石だったが…。
→佐藤:--:採点無し。短い時間で良い判断は見せるが得点チャンスは巡ってこず。

巻:7.0:1得点(1A。)エリア内での判断力と積極性が光る。ライン攻防は負ける。
→矢野:6.0:1得点。「まだ」荒削りだがハートは見せる。失点と決勝点に絡む。

オシム:7.0:実も種もある采配。選手のテストと難敵相手の勝利を手繰り寄せた。
相手の動きに合わせて選手を送り出す「後の先」に圧倒的な深みを感じさせた。

オーバー。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-13 15:45 | 日本代表  

オシムのサッカーは変化したのか?【初志貫徹】

こんにちは、今朝の試合はハードでしたね。
(スイスから4点取れるとは思わなかった…。)
試合についての記述は後程で、今日は予定が多いので書けるのは明日かもしれません。

今回の話は、オシムのサッカーは変化したのか?
初志を諦めて違った方向に進んでいるのではないか?というコトに付いてです。

コメントにありました(勝手に要約してますが)、
当初考えていた(Jの中堅選手を使った)堅守速攻型から、
(ゴールデンエイジを軸とした、前代表時代の)ポゼッション型に変更したんではないか?
結局ベテランに頼ることに落ち着いた、考えが変わったのではないか?


ずばり(丸尾君みたいw)、オシムのサッカーは変化していると思います。
初志貫徹してないから駄目じゃないかと思われるかもしれませんが、
そもそもオシムの目指すサッカーに最終形は無いのではないかと思ってます。
キーワードは「ポリバレント(多様性)」ですからね。

世界的に見ても、
ポゼッション、プレッシング、カウンターの3つが其々高いほうが負けにくいですしね。
バランスとったりリスクを侵したりしながら色々試しているのでしょう。

現段階は、選手の能力と相手チームのを推し量った上で、
今はこの形のサッカーを伸ばす、次の段階はこの形のサッカーを伸ばす、
ということをしているんだと思われます。
彼の会見でのコメントからも推測できます。
「もう少し個の力が伸びれば、よりスピードのある選手を試すことも出来た。
(でも今はそうではないから、しなかった。まだその段階じゃなかった。)」

なんか変化とか段階とか書くと、某宇宙人を思い出しますね。
「私は後、2回変身を残している…」って言う人。(話し逸れたw)

個人的に今の段階から上を目指すには、
よりJや他国のサポートが必要になってくると思っていますが、
今回の大会でのタイトルやスイス戦での勝利が、
自然と他国からのサポートを推し進めてくれそうな気がします。


ああ、最終形は無いのではないかと書きましたが、
オシムが目指すサッカーに必要なものはなんとなくわかってきました。
それは、伏線を張り準備しておく、ということです。
・必要な場面で活躍する為に、コンディションと心構えを重視しておくこと。
・どの場面でも数的優位を作れるようにする為に、
判断力と運動量(総じて賢く走る)を磨いておくこと。
・そして最近の試合でできるようになってきた、相手を疲れさせること。
オシムは今朝の会見で「偶然」と言いましたが、嘘だと思います。狙ってますw
「まー狙ってるよ」とか言うと、次から相手が警戒しちゃいますからね。
発言した記者はなかなか鋭いなぁと感じました。
後、トルシエと同じで、
・天地人なるべくすべてを知って、準備して戦いに望む、
ここは初志貫徹なんじゃないかと思います。


過去の日本代表監督の代表で選択したイメージを端的に表すと、

トルシエは、相手のミスからの距離を重視したショートカウンター。
ジーコは、選手の閃きを軸としたポゼッション。
オシムは、準備を軸とした伏線で根本から崩すサッカーだと思います。

変化はしているけどそれは進化しているということだと思われます。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-12 10:00 | 日本代表  

まだ、ゴールデンエイジでもいいんじゃないか?

前回のありがたいコメントに連動してのコラムです。
ちょっとトルシエの言葉を引用している部分が多いです、自分の素の1つなので。

若手は育てるのではなく出てくるもの。

能力には大きく分けて4つあって、
それらは個性、センス、戦術理解度、精神力という言葉で表せると思います。
個性:身体能力(体格、走力、持久力、瞬発力)と付随する技術(タックル、ドリブル、パスなど)。
センス:予知能力。複数の事象から良い選択を判断する能力。
戦術理解度:戦い方の長所短所の理解度や相手の戦い方に対処する方法の理解度。
精神力:怯まない心や諦めない心、率先する心。そして、努力し続ける心。
これらが総合的に高い人がプロの中でより輝けるのだと思います。

このうちの2つ(個性、センス)は先天性や遊び、普段の環境の中で伸びてくるもので、
この2つのいづれかか両方かが高い人がスカウトの目に止まりやすくなると考えています。
(試合で観客の目に止まり易いのもこのタイプですね。)

ですが、後の2つ(戦術理解度と精神力)に関しては違うと思います。
サッカーの試合や大勢の集団の中でプレッシャーを受け、考えることで伸びるものです。
試合や集団生活の出来るプレッシャーのある環境を得なければいけません。
(精神力が高い選手ほど、ほんとの意味でスターになりやすいタイプだと思います。)

更に戦術理解度は、カテゴリーと言うものがあります。
それぞれのカテゴリーは、理解できる場で体験、経験することによって下地が作られます。
要するに、世界のサッカーを知っている人の下で、世界のサッカーと試合をしなければ、
世界の戦術理解度のカテゴリーを伸ばす下地は作れないというコトです。

ですので選手は出てくるともいえますし、育てなければならないともいえます。

実力がある選手がスタメンを得るべきであること。

ここについては、仰るとおりだと思います。
トルシエは3つのグループがあって、1つ目のグループ(スタメン)の11名は、
単純にその力がある選手を並べたって言ってましたね。

総じて、ゴールデンエイジから勝ち取らなければ選ばれるべきではない。

ここについては、トルシエも語った落とし穴があります。
確かにゴールデンエイジのボール扱いとボール奪取に関する能力は高い。
日本人の多くはそれがサッカーのできる選手と思ってきたし、そういう選手がスターでした。
そういう外の選手が1998も2002もゲームの核だったのですが、そうは語られませんでした。
(山口素と明神のコトです。)

ですが、90分サッカーを通したときの多くの時間に、
ボール扱いとボール奪取が反映されるかと言うと、そうではないですよね。
特にボールを扱える時間は単純に22で割っても90分間中の4分あるかないかでしょう。

90分間通した場合の能力が高い選手が代表に選らばれるべきだと考えた場合、
彼らの多くは代表に居場所がないと思われます。

ここ数年、ゴールデンエイジの選手の多くは90分ピッチに立っていることが少ないです。
要するに、いつまでも若いと思っていた彼らも歳を取っている。
そして長く戦ってきた分、怪我に付き纏われ必要なときに動けなくなってくる。
ここ数年見せてしまっている不足分が、3年後それはより顕著に出てくるでしょう。

「経験と技術は高いものの90分戦えない選手」の後、
「経験が無く能力が普通の選手」が「核となる」時代が来ます。
経験値を上げる為に、
そして90分戦える選手を見つけるために早急な世代交代が必要だと感じます。


また自分が79年組なのでゴールデンエイジにはかなりの肩を持ってますが、
トルシエ抜擢~ジーコ時代までの代表の核であった選手と、
それより上の世代で、90分の練習試合(選手交代無制限)を組んだ場合、
…↓みたいな感じね。

   高原  柳沢                 鈴木  西澤 
   
 俊輔     小笠原                  森島
                            名波   中田英
   稲本  小野                    山口素
三都主       加地           服部         市川
   宮本  中澤                  森岡  松田

リザーブ:
(久保、本山、遠藤保、福西、中田浩、    カズ、ゴン、藤田、奥、三浦淳、
 坪井。ただし、交代出場は不可。      明神、林、伊東、戸田、波戸、秋田
 スタメンの交代要員のみとして可)     +最近引退組:城、本田、中西。

ゴールデンエイジ側もボールを持ったときはポテンシャルの高さを見せるでしょうが、
ハーフタイムに入る前にカタが付いてしまうでしょう。
恐らく殆どボールを持てずに、主導権を奪われ失点を重ねると思います。

ですので、今から必要な選手は、ゴールデンエイジほどの技術が無くとも、
そこそこのスキルと90分間の戦術眼を持って90分間戦える選手というコトになります。

ですので、
ゴールデンエイジは決してポジションを得ていたわけではなく、
超えなければいけない競争相手でもないというコトになります。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-11 14:54 | 日本代表  

オシムは適任か?

スポーツナビとリンクしてます。

トルシエの活躍により早い時期に代表に招集され、
アジアカップ連覇、日韓ベスト16など、
8年間ほぼ不動だった能力の高いゴールデンエイジ。

特にジーコ時代は、
ゴールデンエイジ以上の世代の選手ばかりがキャップ数を増やし、
下の世代は代表キャンプに呼ばれることも殆ど無かったわけで、
世界と戦う為のノウハウを知る選手は非常に少なかったわけですよ。
下の世代の最高の世界経験はアテネ五輪グループ敗退でした。

ゴールデンエイジの老齢化と共に、
A代表の質が、
日韓ベスト16からアテネ五輪グループリーグ敗退時の質まで、
下がってしまうことは誰の目にも明らかだったわけです。

ところが、オシム就任後丁度1年ってとこですが、
下の世代の選手達がしっかり経験を積むことができて、
アジアの雄やヨーロッパの中堅といい試合が出来ている。
客観的に考えて、別の監督を選ぶ理由が出てこないです。
(もしもの訃報の為に、代役を考えておくことは必要ですが…。)

たった1年で代表のバランスが正常なところに近づいたわけで、
今後若手と言われる選手達が次々と代表のキャンプに参加し、
雰囲気や経験を積み、時には台頭し、
3年後7年後を見据えたスムーズな世代交代が出来ると感じています。

オシム以上の監督は存在しても、オシム以上の適任は存在しないと私は考えています。

もし違う監督が就任していたとしても、、
就任からの1年間、恐らくゴールデンエイジをそのまま使ったでしょう。
日本の下の世代の力量を知らないし、
協会側も経験不足を知っているのでリストを提出しないでしょうから。
(※提出されるリストって、大抵過去に大きな結果を残したか、核となった選手達ですよね。)
世界で最も不安定な職業と呼ばれる監督が、
知らない選手を使って冒険をすることはしません。

結果として3年後W杯に出場したしたとしても、
その後、誰もレベルを維持することが出来ず、
「核のない」暗黒の時代が到来することは容易に予想できます。

勿論、代表監督で一旗挙げたい世界の監督達も、日本の劣化は理解しているはずで、
なってくれと言われて簡単には引き受けないでしょう。

良い監督達の中で、オシムは「下の世代」を知っていた。
戦術面で私とオシムはかなり違うと感じているんですが、
戦略面は納得できるものだと考えています。

まだ日本人監督が世界に出て、日本に還元出来る時代では無いので、
日本を知りながら世界も知っているオシムはベストの監督だと思っています。

2015年、オシムも自分も読んでくれてる方もこの世にいないかもしれません。
でも、この任期があったおかげで、
日本のみんなは世界とのサッカーを楽しみにし続けられる気がします。

今日のソースは、犬好き ジェフファンによる偏ったサッカーブログさんの、
監督批判 選手批判中のコメントを読んででした。
(※そちらにも同様のコメントを残しました。)
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-10 01:37 | 日本代表  

U-22五輪予選vsサウジアラビア【ドローでいいのか?】

こんにちは、直前まで働いていたので、観戦後一眠りしての記述です。

【寸評】

山本:6.5:強引なシュートを落ち着いて対処。守備範囲とパンチングの精度を伸ばしたい。

伊野波:6.0:完封とは行かなかったが相手エースに仕事をさせず。
青山:4.5:パスミスでピンチを招き、守備では寄せきれずシュートを許し続けた。
水本:7.5:クレバーかつスキルフルな圧巻の守備。A代表でも遜色はない。

本田拓:7.0:プレスを掛けながらカウンターも処理。難しい役回りを90分こなした。
梶山:4.0:前半途中でバテる。代役不在で已むなしも、守備を放棄し味方の足を引っ張った。
→青山:5.5:崩れたバランスを立て直す為に投入。+面は無かったが役割は全うした。
内田:6.0:中盤のプレスに参加し非凡さを見せる。押された場面での対処は課題。
本田圭:6.0:左サイドでタメを作る。高さを生かした飛び出しや中央での守備も○。
水野:5.0:苦手な役割で守備に忙殺され交代。数少ない攻めでは存在感も見せたが…。
→柏木:5.5:よく動きバランスを取るが、パス精度に欠きピンチを招いた。
家長:6.0:相手にとって危険な動きを見せたが、ツメの精度を欠き続けた。

森島:5.5:積極性と創造性、芯の強さは見せたがマークを振り切れず。
→平山:--: 採点無し。投入の時期が遅すぎたこともあり、仕事は出来ず。

反町監督:4.0:本番であり、勝たなくてはならない試合の為、評価は厳しい。
良い点を挙げると、チームにまとまりが出てきた事だろう。
積極的な下の世代の登用により、ライバル間の相乗効果が現れていたように思う。
また、試合観戦などでチームの和を計った結果がプレーに現れていた。
ただ戦術面を考えた場合、スタメンのミステイクがあり、
また、その戦術ミスを処理する為にカードを2枚使い、采配の不味さを見せた。


【戦評】
         森島
      (家長  水野)

本田圭  梶山  本田拓  内田
         伊野波
      水本    青山
         山本

上図のように、日本は3-6-1(2-7-1)で中盤を厚くしてカウンターを狙うも、
それを実行しうる為の選手は少なかった。
水野、家長、梶山は守備が得意な選手ではなく、
サウジのスペースに落とし、素早い出だしで拾うショートチェンジ(※造語)に翻弄されてしまう。
特に梶山はコンディションが悪く、前半中盤にはバテており、戦術を壊してしまっていた。
本田圭が上がった裏も、水野の後方もフォローすることが出来ず、
相手に易々とチャンスを与えていた。
修正する為に、守備に忙殺されスタミナを消費した水野を前半で下がらせることになる。

ただ水本、本田拓、内田という斜めのラインが非常に効いており、
サウジは完全に主導権を握ることは出来ず、また得点を許すこともなかった。
特に水本は1vs1で勝利し続け、
打たれたシュートも枠を限定させて仕方なく打たせた感じだった。高く評価したい。

本田圭もいいプレーをしていた。
あの身体と強さなのでSBで育って欲しいと個人的には思っているが、
あのポジションが彼本来の良さを発揮できるのだろう。
走り、フリーで貰いボールを供給し、また攻守に顔を出していた。
淡々としたプレーは彼らしいが、もう少し積極的に鼓舞する面を見せて欲しかった気がする。

話をスタメン選びのミスと、選手交代に戻そう。
水野に代わって入った柏木は運動量と散らしのパスが武器の選手である。
(代表クラスの試合では、)決定的なパスを出せる選手ではない。
本当ならゲームメイクのできる選手と梶山を交代すべきなのだが、
このチームでゲームメイクが出来る選手は、梶山と家長と本田圭ぐらいであろう。
【代役不在の為】、前半水野が行った役割を、
その役割に向いている柏木にさせようという交代であった。


交代後どうなったかと言うと、

            森島
        (フリーマン家長)

    柏木          内田
            本田拓
 本田圭   梶山
      水本   青山  伊野波
         山本


本田圭がやや下がり目に、内田は中盤に入りプレスに参加。
伊野波は中央でのマンマークからから右へと戦場を移したようだった。
中盤は本田拓と柏木と内田が激しいプレスをかけ、またスペースを埋める。
梶山は後方でフリーに。
森島を1トップ、家長はフリーマンとして両サイドの裏を狙う。

これはフリーの梶山+サウジにパス回しをさせないと言う効果はもたらすのだが、
形で言うと柏木+梶山で1名の選手にしかなっておらず、前線の駒が不足することになる。
家長がスペースを有効利用したり、本田圭がサイドを突破しクロスを上げるも、
中央の森島は2重にマークされなかなかチャンスに結びつかなかった。
当の梶山もフリーの割りに1回しかチャンスを演出することができなかった。

引き分けでいいのならこの采配だろうが、
勝つ為には、ココで投入するのは柏木ではなく、平山か岡崎にすべきだったと感じる。
ゲームメイクを家長に託し、3-5-2で前線の枚数をキープできるからだ。
(※柏木の効果は10分で出たので、続けざまにFW投入でも良かった。)

結果として、点を取るには手詰まりであった為、梶山を諦め青山でバランスを取り、
10人の相手にドローで良いという采配に落ち着いた。

ああ、終了間際の平山の投入も不可解だった。
森島はとっくの昔に疲れていたので交代するならもっと早く代えるべきだったし、
戦っている選手達は攻めるべきか守るべきか悩んでいたように見えた。
(※平山が多重のマークを受けながらも競り勝っていたのは次に繋がりそうだが…。)

0-0のスコアレスドロー。
良い雰囲気を、戦術面に持ち込むことが出来なかったのだから、
当然の結果と言う気もする。

正直、この試合のドローは後々尾を引くことになると思う。
ライバル国の強さは拮抗しており、後1、2回は引き分ける可能性がある。
数字で書くと恐らく残り4試合で5~10点(トータルで9~14点)だろう。
通過するには最低で12点だと思うので、勝てるところで勝っておきたかった。
それがアウェーのサウジアラビアであったとしても…である。

オーバー。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-09 14:57 | 日本代表  

vsオーストリア戦評【長いよ…】

おはようございます、先程試合が終わりました。
芝はイマイチでしたが、なかなか良さそうなスタジアムでしたね。

結果から言うと0-0のスコアレス。
PK戦で3-4で敗れてしまいました。
優勝するには、オーストリアがPK負けで、日本がスイスに勝つでいいのかな?
同点の時の優先順位が当該チーム間の成績なのか、得失点差なのか確認してません…。

まぁ、これは納得しない方がいるかもしれませんが、
テストマッチなので勝敗はどうでもよいのかもしれません。
勝てる気もしましたが、今は新メンバーがどれくらい使えるのか、
今までのメンバーが組織をより深められるか、個をもっと出せるかですよね。


では、まず【寸評】から。オーストリア6:日本6。

川口:5.0:不可解なキープでピンチを招く。良いフィードと守備は其々1度しか見られず。

中澤:5.0:やや元気が無く、攻守に判断力を欠く。序盤のロングボールは理解力不足か?
闘莉王:5.5:正確なフィードと丁寧な守備を見せたが、川口と動きでもめる部分も…。
加地:4.5:味方へのパスとクロスは合わず、攻撃を遅らせパックパスでCBとGKを困らせる。
駒野:5.0:スピードのない相手にも拘らずクロスを楽に上げさせる。攻撃の見せ場も少ない。
→今野:--:時間が短く採点無し。短い時間の中で積極的に攻めに参加した。

啓太:6.0:スペースを埋め、ピンチも未然に防ぐ。パスは課題だが良く当り動き続けた。
稲本:6.0:中央をガッチリ守り、攻撃ではアシストを続ける。が、危ないパスミスもチラホラ。
→憲剛:6.0:羽生程ではないが止まった相手を自分の武器で翻弄した。
俊輔:6.0:キック全般に良い精度を保つも早さに欠けた。決定力不足も攻守によく走る。
遠藤:6.0:よく動き絡みスペースも作る。FKからのチャンスの演出も良だが決定力不足。

田中:5.0:FK時のチャンスは残念。プレーは縦に急ぎすぎて、もう1つの武器を出せず。
→松井:5.0:個の力で戦うも突破できず。味方を使うにはまだまだ時間が掛かりそうだ。
矢野:5.0:動きが無く停滞を呼び込む。得意のドリブルも止められ、ポストも味方に遠い。
→巻:5.5:スペースを作り相手の裏とペナルティエリアに顔を出すが自身はノーチャンス。

オシム:5.5:点を取る為の交代策は良。戦術の浸透も見られた。
4-2-2-2で他の選手のテストの場となった為、稲本の真価は見れなかったが、
4-2-3-1での松井のテストはしっかりと出来た。ただ得点という結果は付いてこず。
阿部の故障がすべてかもしれないが、中田浩二を呼ぶべきだったと感じる。
(※4-2-3-1で稲本ではなく今野を阿部の代役にするべきだったということです。)


【戦評】
両チーム、スタメンからテストの色合いが濃かった。

試合自体は日本の中盤とオーストリアの守備陣の強さが色濃く出たと思ってる。
ただ相手はこちらの戦術(未完成)に嵌ってバテてくれたので、
オシムが勝利よりテストを色濃くしたとしても勝たなければいけなかった気がする。
(※相手は、エース*2とスペースを埋める選手を投入して勝ちに来たしね。)
でも目先の勝ちを優先しないのがオシムらしいのかもしれない。


前半開始早々オーストリアは得点を取りにくるが、日本は譲らず。
守備陣はヘディングを除けばトータルで高い能力を持つ稲本が、
阿部に代わって入っただけなので恐れるものは無かったと言えよう。

オーストリアはパスを回して落ち着かせる日本に徐々に押し返されていく。
ただ要所要所で日本も精彩を欠く。
其々の場所と武器で考察してみよう。


まず、MF。
ここは良い出来だった。ムリに当らず、パスを散らし主導権を握った。
遠藤はパスを散らすだけではなく、攻めるためのスペースも作り上げていたし、
俊輔はソコに走り込み良質のクロスを上げ、時にはピンポイントのサイドチェンジもしていた。
二人とも横パスが遅すぎた気はしたけどね…。遅すぎた為、対応されてしまった感がある。
啓太は相変わらず多く走り、スペースを埋め、当りピンチの芽を消していた。
稲本は、気迫溢れる力強い守備と何度か決定的なアシストを見せていた。
彼らのプレーには、確かな香りが存在していたと思います。

ただ全員にだけど、残念なのが、
ゴール前に入り込むこと(ゴール前での数的優位)が少なかったことと、
数少ないチャンスもフイにしてしまったこと。
まぁ、前はゴール前に顔を出すこともできなかったわけだから、進化してるんだと思う。


次に、DF。
非常に精彩を欠いていた。よく分からないプレーが多かった。

オシムのサッカーは遅攻がメインだと感じている。
DFとDHとGKの賢いポジショニングと数人飛ばしのパスで、
ボールを動かしながら守備ラインを上げる。同時にプレスをかける。
ここでのプレスとは囲むことではなく、体力を削るという意味のプレス。
相手は応対するために体力を疲労し、時間が経つほどを不利な形になっていく。
更に相手ゴ-ルからラインまでの狭い範囲で攻撃を仕掛けれる為、
こちらの疲労を減らすことが出来る。
後は前線の俊敏な動き出しとスペースを作る動き、高い精度のパスを組み合わせて、
相手とぶつかる場面を減らし、マークを混乱させ、完全にフリーな選手を作りシュートを打つ。

ボールは蝶のようにひらひらと舞い、何の抵抗も無くゴール内に止まる。
これがオシムの目指す「エレガント」なサッカーということだろう。
(※現在はまだエレガントではなく、ゴール内に止まれないのだが…。)
南米の欧州の東欧の今までのではなく、(勿論トレンドへの対応は考えているが、)
齢60を超えて、新しいものを見たことも無いものを作り出そうと挑戦する名将を賞賛したい。


…話をDFに戻して。守備陣の出来はあまり良くなかった。
この試合で守備のビルドアップが完成したのは2度だけだった。
中澤は長身の相手守備陣相手に無意味にロングボールを繰り返し、詰まると判断が遅れた。
加地は中盤まで上がれたのに後ろに返し過ぎ、整いかけたビルドアップを白紙に戻し続けた。
駒野はやっぱ押し込まれた。左で存在感を放つのは難しい気がする。
対面の選手は守備を優先するSB*2だったのだが、簡単にクロスを上げさせすぎた。
攻撃面は、中盤が流動的だったから仕方ないかもだけど、
もう少し遠藤とは意思を重ねたいところだ。松井と結構合っていたのは収穫かもしれない。
闘莉王と川口はビルドアップ時のお互いの感覚のズレを何度も見せてしまった。
結局、闘莉王が左に開くという形で落ち着いたようなのでコレは後々+になるかもしれないが、
オシムが、最初から意思を統一しきれなかった守備陣を怒るのもわかる。


FWは、達也と矢野の2トップだった。テストと言うことだろう。
個人的にFWは「1」だと思っていたし、
前日までで佐藤がかなりの好成績を上げていると聞いていたので、
4-2-3-1の熟成をせず、2トップだとしても片方は佐藤だと思っていたのでビックリした。
矢野と達也の2トップ、蓋を開けてみると「残念」の文字が書いてあった。
相手の守備陣が予想以上に良いプレーをしていた為だけど、
矢野は新星CBに、達也は老獪なベテランCBに、完全に抑えられてしまった。

カメルーン戦でオシムが予想以上だったといった選手は達也のコトだろう。
何が予想以上だったかと言うと、
大きく強い相手を背負ってプレーすることが出来たからだと思っている。
(※ネネや闘莉王とマッチアップしてるからかな)
効果的にファールを貰い、ファールを恐れた相手の心理を付いて得意の突破が活きた。
オーストリア戦の彼は前に急ぎすぎていた。
スピードとラインの突破が武器なんだろうけど、その前に怯ませたいところだった。

矢野はより難しい。
ペナルテイエリア内で効果的な動きは全くなかったし、
得意のドリブルも簡単に止められてしまった。
幾つかポストプレイも見せたが、対応する選手に届かずイレギュラーも誘えなかった。
(※少しだけ達也に届いてた。)
もっと頑張らないと…次は無いかもしれない。

松井についてもココで。
右でドリブルを仕掛けるも周りと「まだ」合わず、中と左では消えていた。
中は役割が不明なところがあったし、左は相手が相手だったこともあるかもしれない。
対面のガリクスもスタンドフェストもSBの選手で守備が非常に堅かった。
新たなオプションと期待していただけに、
殆ど効果的なプレーを見せることが出来なかったのは残念だった。

ここだけ賞賛すると贔屓だといわれるかもだけど、巻は良かった。
相変わらず相手守備陣の攻撃の芽を摘んでいたし、
ペナルテイエリア内にしっかりと入り込み、相手が嫌がる動きを続けた。
ボールがサイドに動いたときは、
相手の守備陣が対応しづらい場所(逆サイドのCBとSBの間)へ、
わざと相手が気付く場所を経由して動いた。
FKの場面も同様に、相手の集中をボールや他の選手から自身へとそらしていた。
もう1つの武器(動くポスト)は余り見られなかったけど、
あの時間帯での効果的なプレーをみせた。

オシムのCFへのメッセージは、90分に何度かしかない決定機を決めるコトより、
決定機を作るための90分休まない「相手を釣り出す動き」と「ポジショニング」、
あと「守備」が大事だよってことだと思う。

残念だったのは、他選手のクロスの精度と、
空けたスペースを有効活用する選手がいなかったこと。
数的優位を作り出すためには羽生投入もあったんだろうけど、
分かっている選手での目先の勝利より、憲剛の再テストを優先したんだろね。
スタメンで数的優位を濃く作り出せる阿部がいないのも関係したのかもしれない。


まぁ、辛口でブーブー言っちゃってるけど、次に期待が持てる試合はしてたと思う。
阿部がいないと質が下がるコトが再認識できちゃったわけだけど…。

さー次の試合へ切り替え切り替え!
…U-22vsサウジ、重いなw

追伸:最後まで読んでくれてありがとうございます。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-08 11:27 | 日本代表  

オーストリア代表

7日に対戦するオーストリア代表についてちょこっと調べてみました。

まず、FIFAランクは84位…低いね…(’’;

過去を紐解くと、
名古屋に在籍した「ヴァスティッチ」や
千葉に在籍したレーザービーム?「マリオハース」となかなかの大物FWを擁してたんだけど、
どうも守備陣中心に高齢化が進んでいて、負け続けたみたいだ。

ただ今回の代表はと言うと、世代交代に成功しつつある感があって、正直手強い。
最近の試合も、スイスに勝利(2-1)、ガーナに引き分け(1-1)、
「あのフランスのホーム」に乗り込んで0-1の敗戦、パラグアイに引き分け(0-0)と、
中々の奮闘振りを見せてくれてる。
忘れちゃいけないのが、
最近のU-20W杯でベスト4という高い成績をあげたメンバーも参戦している。

今回の代表メンバーは、少なめの召集ですね。そして、
ゲームメーカーのイファインシュィック、左SBのカッツァー、左CBのシュトランツルが不在。
だけど、そこはすでにA代表デビューを果しているU-20組が埋めちゃいそうなので、
勢いでは前者達を上回る可能性がある。

で、蹴導の予想スタメンはこう。
結構ショック受けるかもしれないw
ポジション選手名(年齢層/身長)

                CFリンツ(中堅/185)

SHゲリカリウ(新星/181) OHレイトゲブ(若手/171) SHガリクス(若手/183)

     CHアウフハウザー(ベテラン/185) DHサウメル(若手/180)

SBフクス(新星/185)                    SBスタンドフェスト(中堅/180)
        CBブロードル(新星/190) CBパトツカ(ベテラン/192)

               GKマニンガー(188/ベテラン)


リザーブ:
リンツ→ハルニック(新星/185)
レイトゲブ→クルジッチ(ベテラン/179)※クルジッチが出ているときは2トップ。
サウメル→ブラガー(若手/174)
ブロードル→ヒデン(ベテラン/183)

ポジション不明&GK
メルツ(中堅/175)※ポジション不明、恐らく中盤の前の選手
サルムッター(若手/177)※ポジション不明、恐らく中盤の前の選手
マホ(ベテラン/193)※マニンガー不在時はベイヤーと五分五分で起用。
ベイヤー(中堅/184)※マニンガー不在時はマホと五分五分で起用。

まーここまで読んで気付いているとは思いますが、デカイw
ま、大きさで劣る日本代表ですが、
大きさ対策(プレスされる前にパスを繋ぐ→フリーでのシュート)をしながら、
作り上げているチームなので、セットプレイを与えすぎなければ勝てそうな気はします。
この身長で相手が走るチームだったらヤバイですけどね、若い選手いるからちょっと不安。
キープレイヤーはザルツブルグで活躍中のベテラン、アウフハイザー。
得点能力の高い選手で、昨季リーグ戦で9点!
代表でもトリニダード・トバコ戦でも前半のうちにハットトリックを決めてます。
後気になったのが、新星のハルニック。
ブレーメンユースで今季からトップチームに昇格しているドイツ仕込の選手です。
他には、SHのガリクス。
ナポリのセリエA復帰の立役者の一人なので注意です。
GKのマニンガーもシエナのセリエA残留の立役者なので注意ですね。

オーバー。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-05 15:18 | 日本代表  

オシムの苦悩(阿部が離脱です。)

おはようございます。

皆さんもうお知りでしょうが、阿部がA代表から離脱してます。
腰痛と聞いています。
Jリーグでも代表でも大事な選手だと思われるので、
焦らずじっくりと治ってからピッチに復帰してもらいたいところです。

選手の怪我ばかりはどうすることも出来ないのですが、
代表的には結構ダメージが大きいですね。
前回も述べましたが、今回の欧州遠征は「4-2-3-1の熟成」をするまたとない機会です。
守備面が安定してきたからよりビルドアップ、より前の選手の底上げをしたかったのですが、
現代表で代えの効かない阿部が離脱となると、
守備面をいじり直さなければいけなく、
中盤のテストに注ぐ時間が減ってしまうと思うので残念です。

攻撃にも守備にも参加して力を発揮できる阿部の代わりはそうそういません。
オシム監督は、どう対処するんでしょうね。

①啓太(進化)&憲剛(再テスト)
・局地戦での難があるが実績があり、
他のテストをそのまま続行しやすいので可能性が一番高い対処法。憲剛生き残れ!

②啓太(進化)&遠藤(テスト)
・①の派生。①と同じく中盤での空中戦や守備でのカバーリング、
ゴール前での数的有利を作り出す際の存在感として阿部に劣る。
ただ左サイドの先発が山岸(進化)か松井(テスト)の2択なるので見極めはしやすい。

③啓太(進化)&今野(テスト)
・最も効果がありそうなコンビ。ただし今野を使ってしまうとCB、SBの替えが居なくなる。
SB橋本(テスト)やSB山岸(テスト)も無いわけではないけど…。

④啓太(進化)&稲本(テスト)
・これも効果的なコンビ。OHは山瀬(慣らし)か羽生(再テスト)…。
山瀬を入れてもコロンビア戦の稲本と同じことだろう。(※単純な連携不足)
羽生も使ってしまうと、後半で流れを引き戻す為の強いカードが1枚減ってしまう。
個人的にはOHでの稲本が見たいので…(個人的希望w)。

⑤稲本(テスト)
・最近は浦和に在籍していたペドロビッチのようなプレーを好んでいる稲本。
要所を潰しながら、両サイドに早く正確なボールを送り、ゲームを組み立てる。
見てみたい価値はありますが…他のテストが重要だと思うので、
ぶっつけ本番で1ボランチはしないと思われます。⑥のはあり得るでしょうけど…。

⑥啓太(テスト)
・思い切って4-1-4-1へ進んでみる。
ただこのフォーメーションを考えると、
中盤の選手が両サイドの裏をカバーするのが難しくなるので、
両サイドは駒野&加地ではなく、
守備力に特化して今野(進化)&坪井(テスト)でなくてはならないだろう。
(※更に突き詰めると、蹴導の理想の浩二&松田です。プラスはフィード面です。)

⑦しょーしゅー(サカダイ調w)
・③~⑥を可能にする為に他ポジションの選手を招集してみる。

⑧4-2-2-2で違う面のテストにする。
・前コラムまでで述べている、
欧州トレンドのサイドからの攻撃vs対処した上でこちらの長所も出す日本代表の戦い方、
のテストを今回は諦めて、4-2-2-2ベースで選手間の熟成に重点を置く。

ざっと思いつくだけでこの程度ですが、
どれをとっても今回のテスト面が増えてしまう(時間を削ってしまう)ので残念でならない。
でも阿部がこれからの代表に居ないことの方が怖いので、是非も無し。
でも阿部無しの代表も勿論テストしておきたいわけで…、
でもそれが今回でないほうが嬉しかったなぁ。
でも、ばっかりw

あ、選手の横につけている()は選手の今回の課題です。
ポジションの変化によっては課題が変わる場合があります。
因みに阿部健在の場合ですが、蹴導はそれぞれの選手の課題をこう考えています。

川口(再テスト):フィードや判断に陰りが見える。最後方での起点になれるか?
楢崎(進化):川口からスタメン奪取の為に更なる進化を。
川島(進化):川口からスタメン奪取の為に更なる進化を。

中澤(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
闘莉王(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。 
駒野(再テスト):力はある。左で結果を出して欲しい。でなければ…。
加地(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
坪井(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
今野(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。

啓太(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
阿部(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
遠藤(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
俊輔(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
稲本(再テスト):今回の目玉その1。合格できるかな?
橋本(慣らし):クローザーとしては合格。スタメンやSBとしてはまずは慣らしてから。
憲剛(再テスト):力はある。ただどうも噛み合わない。役割を再認識して昇華できるか?
山岸(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
松井(テスト):今回の目玉その2。合格できるかな?
羽生(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
山瀬(慣らし):再テストは合格。まずは練習で慣らして他の選手に追いつこう。

巻(進化):組織面でも個の力でも更なる進化を。
矢野(再テスト):力はある。そろそろ組織内での結果が欲しいよ。でなければ…。
佐藤(再テスト):力はある。そろそろ組織内での結果が欲しいよ。でなければ…。
達也(進化):慣らしや再テストの必要なし。組織面でも個の力でも更なる進化を。

順列(信頼度?)という言葉を使うと、進化>再テスト>慣らし>テストです。

監督って大変ですね…。
特にオシムはトルシエの組織で機能するかだけではなく、
個の力「スペシャリストとしての力」の進化も意識してるので細かそう…。
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-04 06:40 | 日本代表  

vsオーストリア、vsスイスに向けて

代表選考も終わり、ヨーロッパでの戦いの日が近づいてきてます。

今回の相手は欧州チームと言うこともあり、
「4-2-3-1の熟成」ココに焦点が置かれるでしょう。

フィジカル勝負を避けることが出来(弱点の消去)、
相手のサイド攻撃を封じ込め(相手の長所の消去)、
パス精度と運動量と俊敏性を駆使して(日本の長所を引き出す)、
それとポリバレントという知性(戦術)で、
相手のいない位置までボールを運び、フリーでシュートを打つ。

そんな試合が出来ることを期待します。

練習でもテストするでしょうが、
試合でテストする形は、今までの熟成と重ねて恐らくコウだと思います。

                巻 
                (後半→矢野)
  遠藤or山岸or松井  稲本or遠藤       俊輔or遠藤
   (後半→松井)     (後半→羽生)
           啓太      阿部
             (後半→橋本) 
  
駒野or今野                        加地or駒野
 (後半→今野)                      
        闘莉王or阿部    中澤or闘莉王or坪井

               川口or楢崎     

※OH、SHの選手(後半→達也or佐藤)練習でより意図する方向に近いほうを優先。

山瀬と憲剛は恐らく試合に出さず練習中心に様子見な気がします。
(他に優先して試したい選手がいるのと、前回の試合でライバル2名に安定感があった為。)

因みに()内は、場面場面においてゲームの流れ変える選手達です。
ホントは啓太or橋本って書きたかったんですが、
今のトコ「明神2世」橋本を越える守備力を持ったクローザーはいないと思うので、
こういう書き方に落ち着きました。

日本代表の更なる進化を楽しみにしてます。


ついでに:
選手選考で前田選手が外れましたけど、調子が悪かったんですかね?
4-2-3-1の「1」として、巻の代わりになれるスタメン候補だと思ったのですが…。
大久保や高松、播戸、坂田、大島は、
惜しくも(※大島は一度も呼ばれてません)メンバー漏れしましたが、
ここで終わりではないので、
オシムのヒントを吟味しながら、其々の場所で頑張って欲しいです。

オーストリア戦もスイス戦も見れそうです。
最近マイルドになってきた感がありますが、辛口に行きますよ!
[PR]

# by awi-syuwdow | 2007-09-03 03:55 | 日本代表