アビスパ福岡の2006年

降格したので、頑張りましょう

長い間福岡に住んでいたこともあり、チームのことは熟知してます。
いや、この社長のすることは、というべきか。

結果として最低評価ですが、
J2から続けてきた堅守速攻の前半戦の戦い方は間違っていない。
エースが即怪我をし、点を取る力がなかったのは事実であるが、
上位チームも攻め手に困るほどの堅守振りを見せつけた。
速攻ができるFWがいたら、
エースが怪我から復帰したら…敵もそう思ったはずである。

W杯中断中の焦点は、速攻を可能にするFWの獲得。
この1点であったはずだが、社長の決断は…。
監督を更迭し、攻撃好きな監督を就任させるというもの。
更に復帰したら思う存分暴れてくれるであろうエースや、
怪我人を不要のものと解雇。
独自のルートで高さが武器の新外国人を獲得します。
新外国人はイレブンに値せず、
良質の守備力は崩壊し、速攻は目処が立たず、
運動量任せのスペースの空きまくるサッカーに変わり果ててしまいます。

過去に戻るが、俺がいたころの福岡は熱かった。
菊川氏を先頭に、服部、上野、山下、藤本主税、久永、中払、
ノ・ジュンユン、ビスコンティ、野田知、三浦泰年、
前田浩二、小島伸幸といった闘う集団を形成していた。
ものを言う集団であった彼らは、ある1年を境にすべて解雇される。
同じように社長は打診した前監督を捨てたのだろうか?

2006年の顛末は周知のとおり、
解任した前監督(即お呼びがかかる)に率いられた神戸に、
入れ替え戦で敗退しJ2降格の憂き目にあっている。

MVPは久藤 清一選手
高精度のアーリークロスを入れられる選手、
中央で使われたりもしたが攻撃の起点となっていました。

今後ですが、
横浜FCやシドニーFCで経験を積んだリティが就任します。
攻撃好きな監督なので、
まだ未知数な面は否めないですが個人的には期待してます。
若手の期待度◎の選手を中心に、帰ってきた久永など、
J2で上位に食い込めるだけのタレントはいますが、
守備面の不安と、計算できるGKがいない為昇格は難しいでしょう。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:28 | 九州  

<< 水戸ホーリーホックの2006年 準備中です。 >>