川崎フロンターレの2006年

結果として、素晴らしい出来以外ありえません。

昇格2年目で、2位は素晴らしいの一言。
フロンターレガンプラなど、
多彩なメディア戦略を駆使したフロントも素晴らしい。
すでに神奈川の覇権は、マリノスから移りつつあるか?

MVPは中村 憲剛選手。
着実にそして急激に育ってきた司令塔、一見の価値があります。

今後ですが、
まず両CHが攻撃的なので、失点が増えた課題を克服する必要があります。
片方を削ってアンカーを入れるか、ラインを上げるか。
アンカーを入れるのが基本だが、ラインを上げたほうが魅力的かもしれない。
ライン統率ができるCB…清水を解雇された森岡辺りがお勧めか。
また運がいいのか悪いのかACL出場である。
このチームには浦和ほどの層がないので、
ACLかリーグ戦か、どちらかに絞らなければ痛い目を見る可能性があります。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:47 | 西関東  

<< 横浜F・マリノスの2006年 ジェフ千葉の2006年 >>