横浜F・マリノスの2006年

評価は、頑張りましょう

優勝を争うべきピッククラブですが、
一度も優勝争いに絡むことなくノンタイトルに終わったのでこの評価。
らしいといえばらしい。
その「実より花」エリート志向の強さが否めない部分は、
元代表監督、新人OB監督の目を曇らせてしまったとも言える。
まぁ、あれだけの身代等力を持っているのだから、
彼を軸にしたくもなるが、その分読みやすい。
簡単に言えば、他のチームから見たら、
久保と上野さえ押さえていれば楽に守れて、
さらに浮き足立ったところを叩くだけのカモでもあった。

MVP該当者はいません

今後ですが、
2007年は脱久保といったところでしょう、調子が上がってるようですが…。
このチームに必要なのは、カリスマよりも我慢と多彩な攻めのパターン。
昨年のように一本調子ではどんな補強をしても見通しは明るくない。
前線と最終ラインの駒は揃っている、
後は中盤の起点がもう一枚欲しいところです。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-03 19:49 | 西関東  

<< ジュビロ磐田の2006年 川崎フロンターレの2006年 >>