2007年のヴァンフォーレ甲府の紹介

メインスタジアム:小瀬スポーツ公園陸上競技場。

環境面:やや観づらく、駅からも遠いですが、
年々サポーターが増えていて、良質の空間を感じることが出来ます。
甲府といえば、ほうとう^-^後、ワインがお薦めです。

ライバル:勿論、新潟。

イメージ:ヴァンフォーレはヴェント(風)とフォレスト(林)から。
そうです。「風林火山」からきてます。
ユニフォームこそ青ですが、ちゃんと格子模様の武田菱は入ってます。
※昨年のユニはかなりカッコイイ。今年は菱が減ってる…。
最先端の戦術を取り入れた非常に質の高いサッカーをします。
あんまりお金が無いですが、そこは県民一体となって支援しています。
プロビンチャの鏡なので、是非、応援に駆けつけてください。

蹴導のお薦め選手
FW/18/長谷川 太郎
:裏79年組。代表クラスのドリブルが武器。昨年の挫折を今年に活かす。
CH/10/藤田 健
:甲府のデコ。ハードなプレスと飛出しに加えテクニックも併せ持つ。
CH/7/石原 克哉
:甲府の7番。山梨出身者しか付けられない番号で、人気も高い。
CH/31/林 健太郎
:マエストロ。5/3の小瀬では最高の読み合いが観れるだろう。
CH/17/鶴見 智美
:裏79年組。恵まれた屈強な身体が飛び跳ねる姿は圧巻だ。
SB/4/山本 英臣
:安定感がある。アツや本田圭(名古屋)と同じく無回転FKの使い手。
[PR]

by awi-syuwdow | 2007-03-05 21:52 | 北関東・北陸  

<< 2007年のアルビレックス新潟の紹介 2007年の清水エスパルスの紹介 >>